流星

2019年06月28日

林鐘雲便りNo.25:星屑珈琲店

自分だけがアツいのか、本当に気温が上がって蒸し暑いのか、なんだかよくわからないまま、うつらうつららしていたら、目覚まし時計がジリリと………朝になっておりました(-_-)




『星屑珈琲店』という句集がありました。


https://search.yahoo.co.jp/amp/s/fragie.exblog.jp/amp/30080426/%3Fusqp%3Dmq331AQOKAGYAeOq1ODboPCb_QE%253D



↑ ブログでも取り上げられていましたが、この句が夏らしくて好きです。


オクラ切るこちら流星製作所


私はオクラは好きじゃないのですが(ぬるぬる、ネババネバしたものは好きじゃない。納豆は食べられます)この俳句は好きです。自分で流れ星を作り出せるなんて素晴らしい(笑)




宵待屋珈琲店
03-3392-2129
東京都杉並区荻窪5-29-10
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131906/13127337/




宵待ち、と聞いたらやはりコレなのは、昭和かしら〜長渕剛の「酔待草」(*´∀`)♪


http://j-lyric.net/artist/a000675/l0162b2.html



rohengram799 at 09:34|PermalinkComments(2)

2012年10月21日

あかね雲便りNo.187:きら~ん☆星の瞳

『追はるること天にもありや星流る』(大野林火)


今夜はオリオン座流星群がピークとか……昔はナントカ流星群なんてニュースは聞いたことがなかったような気がするのですが、コレもある種のブームなんでしょうか?(~_~;)


さて、冒頭の句でありますが…天空神が他の神様とおいかけっこをしていて、その汗が流れ星だったらちょっとロマンにかけるよなぁ~などと思いました(笑)


どうせなら星のひとつひとつには逢いたい人がいて、その人を見つけたら嬉しくて嬉しくて…我先に駆け出すようなイメージがいいなぁ、なんて思いました。私たちが夜空の流れ星に願いを託すのではなく、星の願いが叶った証が流れ星だったらなぁ~と思います。そして、ずっと見つめ続けていた、だれかのココロに届いて「きら~ん☆」と輝き続けるのですよ(*^^*)


何か辛いことや悲しいことがあった時には、小さな星のかけらになり、あのコンペイトウの素朴な甘さに似たやさしさで、少しずつ少しずつ癒してくれる…そんな物語を勝手に作り上げてしまう、ヨタヨタおばちゃんの秋の晩でございます(((^_^;)




rohengram799 at 20:50|PermalinkComments(13)
記事検索
月別アーカイブ