備忘の果実 〜オスカー戯言日記〜

ようこそ゚+(人・∀・*)+。♪ 自分の好きなこと、興味のあることをチマチマと書いています。

タグ:浪曲

新聞に浪曲の話が載っていたせいか、今日はアタマの中に『旗本退屈男』の早乙女主水介がうろうろ~何故か月形半平太と同一人物だと思ってしまう(--;)


「退屈」の語源は仏教用語なんだそうですね。仏道の修行に疲れて心が後退して困難に屈する事。こうしてやる気がなくなるとつい暇を持て余すので、そんな状態を「退屈」と言うようになったそうです。「困難に屈する」どころか理屈がうまいこといかなくて「もうどうでもいいや~」な気分で思考力低下な気分からきているのかと思っていましたわ(-_-;)


「屈」というと「前屈」を思い出すワタクシ…立位体前屈(りついたいぜんくつ)ってありましたよね!床もしくは台の上に立って、膝を伸ばした状態で上体を前に倒し指先を下げていく、あのイターイやつです!!私の頃は体力テストはコレだった気がしますが、今は長座体前屈で測定なんだそうですね。コチラになった理由としては「立位体前屈は使用する筋・関節が多過ぎるため柔軟性アップには効率的でない」「正しく行わないと腰痛・坐骨神経痛の原因となることがある」からだそうで……そう言えば、運動部につきものの「うさぎとび」もなくなりましたもんね。


しかし体力テストもしくは体力測定って、本当にイヤでしたわ~反復横跳びとか踏み台昇降とか、私なんて「心臓が悪いの?」と言われるくらいヘロヘロな中・高生でしたもん……もちろん今も体脂肪は人並み以上あっても体力はナシ!!のおばさんです(;_;)


月刊「秘伝」に丹田に力を入れれば、キャスター付きの椅子に座って押されても動かない!とか書いてあった気がして(立ち読みなのでうろ覚え)休憩時間にコッソリやってみましたが、力の入れる場所が違ったらしく椅子から転がりそうになりました('~`;)


体力作り、身体を鍛えるって長期計画でないとダメですね(笑)鉄下駄に憧れた小学生の頃からバッチリ鍛えていたら雪道もラク×2だったかも……(~_~;)


『働ける父母の姿しか覚えなく 勤労感謝の墓参り』(涼雲)


昨晩、新聞の契約更新に箱根駅伝の控えランナーみたいな格好と顔立ちのおに~さんがやってきました。私はしょっちゅう新聞屋が来るのがイヤなので、かなり長い年数契約してしまうのですがのですが、昨日はダンナがいたのでとりあえず聞いてみました。「1年でいいよ」←こう言いながらナベツネ新聞以外を購読しない巨人ファン('~`;)


そのまま、おに~さんに伝えたところ「3年はダメですか?」と言ってきた~そして「自分は大学生で奨学金をもらいながら通っている」「契約ノルマもある」「オマケもたくさんつける」みたいなことを言ってきました!!イヤ、私はそういうのは別にいらないんだけど…。


「3年半にしてくれると助かります」というので「じゃ5年で」ということに(^.^)来年の4月まで前の契約があったので(前は10年とか言った気がする)「平成30年」までの契約更新に……いやぁ~年号で「平成30年」と目にするとなんかスゴい未来に感じました!!ちょっとショーゲキ!!おに~さんがたくさん勉強して立派な社会人になってくれたらいいなぁ、と思います。


ちなみにオマケですが、ダブルのトイパ4個入りが6つとサラダ油2本セットが6つ(容量は少ない)液体洗剤の詰め替えを山ほどくれました…当分洗剤は買わなくてすみますが、置き場がない!!


玄関先でのやりとりを聞いていたオタ息子から「ったく…勤労学生とかに弱いなんだから~」と言われましたが「お父さんだったらごちゃごちゃ言わないでこのくらい契約しただろうなぁ」と思ったのです。最近の私が何かする時の判断基準は亡き父になっております。なんだかんだ言っても人の役に立つことが好きだった父なので、私がちゃりん♪とコンビニの募金箱にお金をいれるのも「カネゴンなのになにやってるだ~」と呆れながらも笑ってくれるような気がしています(((^^;)


『孝行は親の寿命を越えただけ』(市川市・島村重兵衛)


全く親孝行とは無縁のワタクシですが、せめてこの川柳のように頑張りたい!働くぜ!!と思うのでしたp(^^)q


↑このページのトップヘ