消防車

2019年05月14日

景明雲便りNo.12:ヒイヒイタモレ (・ω・`人)

日曜日でしたか、何回も消防車🚒乃先輩サイレンを聞きました。連休明けで、へんな天気で、気持ちにゆるみが出て、注意力が低下して火事が多くなっているのでしょうか? 『狐花火』と言ったので江戸火消しの小説を読み終わって、火事の恐ろしさを再認識しました。気をつけないと!



さてさて……皆さまは「ひいひい‐たもれ」という言葉を聞いたことがありますか?


これは「火をください」という意味で、火種を絶やして近隣にもらい歩く子どもの唱えたものだそうです。「火い火いたもれ、火は無い火は無い」という子どものあそびがあったとか。「花いちもんめ」的な遊びでしょうか?


そして、これを唱える年齢から発想が飛んで、子どもっぽい女性や、まだ一人前に成熟していない女性を意味するようになったそうです。まぁ褒め言葉ではなくないですよね〜小バカにしている(`へ´*)ノ



でもどこかで、こんな言葉を使っているオッサンに会ってみたいなぁ、と思う私もいるのでした(((^^;)





*こちらの「国語と子ども」に出てきました。

https://www.aozora.gr.jp/cards/001566/files/53809_49722.html

rohengram799 at 08:24コメント(2) 

2018年08月03日

炎昼雲便りNo.15:臥遊~7月の本棚

明け方から消防車のサイレンが何回か聞こえてきました。一昨日も昼間サイレンが鳴り響いていて、夏場でも火事は多いのですね。一年中「火の用心」気をつけないと!



さてタイトルの「臥遊(ガユウ)」ですが、部屋で横になりながら絵画を観賞し、絵画の中の鳥を愛で、その声を想像したり、山水画の滝の流れる音を思い浮かべて、作品の新たな魅力を模索すること、をいうようです。 絵画だけでなく、地図や旅行雑誌を広げて空想旅行するのも広い意味では「臥遊」になるでしょうか?



二男は先月はじめ、石垣島に旅行しましたが、私は本の中で気ままに脳内妄想旅行をしたいと思います(笑)



【2018年7月の読書メーター 】
https://bookmeter.com/users/718307/summary/monthly



rohengram799 at 09:58コメント(0) 
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード