無痛分娩

2016年07月16日

布雲便りNo.16:気になる……!

「黒門町の伝七(でんしち)親分」~遠山さまから預かった紫房(むらさきぶさ)の十手を持った中村梅之助さんの姿が忘れられない……一家団欒の楽しい時間を思い出す……今月からは息子の梅雀さんが「伝七」になりドラマが始まったのですね。遠山さまは松平健さんとか……将軍さまからお奉行さまに(^o^;)



時代劇がパチンコになった作品はいくつかありますが、今は『CR遠山の金さん 二人の遠山桜』が新しいです~! 「遠山の金さん」四代目の杉良太郎さまと五代目の高橋英樹さんの二人が一台に(他の金さんは橋幸夫・松方弘樹・中村梅之助でいいのかしら?)……演出も「杉良太郎モード」と「高橋英樹モード」の二つのモードが常時、選択可能となっているそうです(^o^;) 広告に「ふたりの金さん ご出座」とあるのですが、いつも「ふたりの金さんがご出産(;・∀・)」に見えて焦ってしまいます!



出産と言いますと、週刊モーニングで連載中の『コウノドリ』に「VBAC」なるものが出てきました。VBAC(ブイバック)とは、 帝王切開後の経膣分娩(自然分娩・普通分娩)のことだそうです。私は知らなかったのですが、あるタレントさんの話がきっかけでかなり前からママさんたちの間では話題になっていたとか? ただVBACはかなり危険なリスクを伴うそうです。今はネット社会ですから、調べたらスゴくたくさん出てきてビックリしました。お産って何があるかわからないのに、なぜあえて危険を選ぶのかと私なんかは思うのですが……協力してくれる人がいないから、また帝王切開で長く入院するわけにはいかない、と思うのもわからなくはないけれど。



『ナショナルジオグラフィック(日本版)』の4月号に「帝王切開が多い国は?」という記事があったのですが、2014年世界の妊婦の5人に1人が帝王切開で出産したそうです。ブラジルでは帝王切開率が55.5%で2015年に政府は自然分娩を促進する取り組みを始めたそうです。日本は19.2%でした。本来は産道を通した分娩では母や子に生命の危険がある場合に行われます。WHO(世界保健機関)が望ましいとしているのは10%ですが、一部の国では大幅に上回っています。WHOの医務官のアナ・ベトランは帝王切開が好まれるのは家族と医師が安全な出産を望み、痛みを伴う長時間の分娩を敬遠するからではないかと考えているようです。ブラジルなどでは予定日に出産したいという要望もあるらしい。そして割合が低いのは(アフリカ諸国は低い)医療施設の不足や医療を受けにくいという理由も。



予定日に産みたい……私は予定日に産みたいというより痛いのはイヤだからと子どもふたりとも無痛分娩を選びましたわ。出産日を決めて、前日に入院します。慌てて病院に!ということもなく、ダンナに休みをとってもらいやすい(立ち会いは望まなかった)という利点はありましたね。友人が1年くらい前に産んでいて、実家近くの病院だったので(車で10分もかからない)すぐ決めました。無痛分娩もいろんな方法があるみたいですが。



『コウノドリ』は毎回いろんなテーマがあって、もちろん喜ばしい出来事ばかりではありません。だからこそ読んだ人が、妊婦さんの不安やダンナさんや家族の心配事などについて考えてほしい、話を聞いてほしい、不安をわかってほしい、お願い!という気持ちをくみ取って欲しいとスゴく思います。そして「産まれてくる」ってそれだけでも本当にスゴいことなんですよね。



産まれたら名前ですが、今日は夕飯をほっともっとにしよう!でダンナと買いにいきました。店名や住所の記入されたシールに調理者の名前(だと思う)が「○○ 不折」とあり……何回見ても「不」「折」……これは○○さんという方と不折さんという方、ふたりが調理担当なのか、不折さんという名前なのか……名字としても珍しいし、名前だとしたら……なんて読むの('_'?) また買いにいって分かりやすい「山田 花子」みたいに記入されていたら名前ってことですよね……謎を解くべく行くべきかしら……クダラナイことだけど気になるしなぁ…う~ん( ̄~ ̄;)






rohengram799 at 23:36|PermalinkComments(10)

2013年06月21日

うろこ雲便りNo.13:バラードのように眠れ

今日は休み~ノンキにテレビを見ていたら「イギリスのキャサリン妃が催眠出産」とか言っている…「ナニ?催眠出産って!?」と驚きました!!


http://www.j-cast.com/tv/m/2013/06/19177512.html


日本では馴染みがないと思っていたのですが、検索してみると案外たくさんの記事が……。出産に関してはやはり痛い、怖い、不安!といろんな気持ちがありますから、そういったものを取り除いてスッキリお産をしましょう♪みたいなモノなんですかね~?痛いのがイヤで無痛分娩にしたワタクシはアレコレ言える立場ではありませんが…本来ならダンナさんやまわりの人たちとの関わりの中で「なんとかなるさ!!」みたいな肝っ玉母さんみたいな意識というか覚悟を固めていくのが一番いいんでしょうね。


しかし、コレってダンナさんも理解してくれないと難しいんじゃないかな~一緒にカウンセリングとか受けてくれないと「母親とお腹の赤ちゃんの絆」だけが深くなってダンナさんは置いてきぼりな感じがします。ウチのダンナだったら「お前、騙されているぞ!!」とか言いそう…(~_~;)


生まれてきた子どもに胎内記憶があるのなら、いろいろきいてみたい気がします。いずれそういう本も出たりするのかな?


今、週刊モーニングで『コウノトリ』という産婦人科医の話が連載されているのですが、タバコをやめられない妊娠5ヶ月の妊婦さんが登場します。「タバコをやめなきゃやめなきゃと思うんだけれど、逆にイライラして赤ちゃんによくないかな~って」ってまぁよく聞く言い訳をするのですが、「禁煙のストレスはあなたのストレスであって赤ちゃんへのストレスにはなりません」って言われているシーンを読んで「あ、そうなんだ…」と思ってしまった!!よく母親がイライラするのはお腹の赤ちゃんによくないというけれど、コレは赤ちゃんがストレスを感じるというより、イライラを解消するために母親がロクでもないことをしてお腹の赤ちゃんに影響がでるというという意味なんでしょうね。


正直、自分はお酒もタバコもNO!!だったので「そんなに影響があるの?」と思っていましたが、いろんなリスクが倍以上になるんですね。パチ屋にもたまに妊婦さんが来るんですけど「早く帰りなよ」「タバコはやめなよ」って思います。何かあった後で後悔しても遅いですし……お店で妊婦さんがらみのトラブルはないのでホッとしております。(トイレで具合が悪くなり救急車!の人はいましたが)


あ!タイトルを『バラードのように眠れ』(by少年隊)にしてみましたが、私、最初の出産の時に前の晩よく眠れなくて、麻酔をされたら眠くなり…午前中には産まれますよ、と言われたのが午後になりました。お昼ご飯を用意してくれたクリニックの方、スミマセンでしたぁ!!


明日は土曜日、皆さま、良い週末をf(^_^;




rohengram799 at 18:40|PermalinkComments(16)
記事検索
月別アーカイブ