2012年12月26日

サバ雲便りNo.58:ゆく本・くる本

皆さま、昨日のクリスマスはいかがでしたか?私は子どもたちと夕飯前から突然片付けを始めてしまい……ダンナが帰宅した時には玄関は束ねた本やら新聞紙やら段ボールやら…でありました(--;)


ダンナがコンビニで「半額だった」と言って買ってきたチーズケーキは気の毒に子どもたちにはスルーされ(下の子はチーズは苦手)私がチマチマと食べました。今朝も朝から…半日くらい消費期限すぎても大丈夫!!(笑)今までで一番クリスマスっぽくない1日でしたわ~しかし、コンビニにはすでに恵方巻のチラシが!!まだお正月も迎えていないのに…(((・・;)


さてさて、片付けをしていたらいらない本もたくさん出てきたのですが、ずいぶん前に買ってどこにいった?な本も出てきました。今読んでいる『首挽村の殺人』(大村友貴美)がそうです。多分暑い時期に涼しくなろうと思って買ったのでしょう、舞台は岩手県のとある村、季節は真冬、豪雪の描写が読んでいて寒い~そして内容も殺人事件だからトリハダが~(~_~)でも、マタギや熊などの習性にちいては以前読んだ『邂逅の森』(記事はコチラ第583号:邂逅の森)で多少学習したので、フムフムできました。


この話には赤熊が登場しますが、全身真っ黒なツキノワグマのミナグロ、アルビノのシロクマなど…熊の世界も奥深い!!φ(°°)…と思っていたら「北極ウサギ」もいるそうですね!雪ウサギそのままなんでしょうか?シロクマさんとウサギさんで可愛らしい物語が出来そうな…セイウチに恋路を邪魔されるとか…(笑)誰か書いて、描いて~!!




rohengram799 at 20:45|PermalinkComments(12)
記事検索
月別アーカイブ