父の日

2011年06月20日

ひつじ雲便り449:親父

昨日は「父の日」でしたね…と日付がかわってから書いております(笑)


カチカチしていたら坂本九ちゃんの『親父』という歌に出逢いました。九ちゃん、こんな歌を作って歌っていたんだ…と思いました。生きていたら、絶対優しいステキなおじいちゃんになっていたはず…またあの夏が来るのですね。


♪15の時に酔っぱらい
親父にゲンコでなぐられた
かせぎもねえのに 飲むんじゃねぇ
飲みたきゃかせいで 自分の金で飲め


全くだ~って感じで17の時、19の時、20才の時…思い出が綴られます。そして…。


♪今夜の酒は親父の酒だ
あなたも もうゲンコでなぐれまい
あなたの写真に黒いリボン
初めて あなたの笑顔の前で飲む

今夜は酒に飲まれてしまいたい
もう一度 あなたになぐって欲しいから
男は酒に飲まれるんじゃない
明日に生きる為に飲む


私が酒呑みおやぢなら、こんなカッコいい言葉を子どもに言ってみたいです!!


頑張っているお父さんたちに(^_^)/□☆□\(^_^)



rohengram799 at 00:02コメント(15)トラックバック(0) 

2010年06月17日

第135号:もうすぐ『父の日』

『父の日』が近いからか、コレにしたら、アレがいいよ…的な記事が毎日紙面をにぎわせていますね。私の持っている本には「カバンと黄色いばらを贈る日」とか書いてあります。薔薇はいいとして、黄色は…花言葉など、いろいろ意味深だから避けた方が良いのでは?なんて思っていたら、新聞に『ひまわりを贈ろう!!』の記事が…(((・・;)


ミニひまわりなど、今は種類も多いし、梅雨時の氣分転換には<黄色>が効果的かも♪それに、ひまわりは「香りが強いからちょっと…」とかきかないし、どんな世代のお父さんにも喜んでもらえそうですね(*^^*)



そう言えば…ウチの子どもが幼稚園の時、近所の人に「今日、パパはお休みなの?」と聞かれ、「パパじゃないでしょ、お父さんでしょ!」キッパリ厳しい口調で返事をしたことがありました…(゜□゜)まるで、私が厳しくしつけているようですが、私は「パパ・ママ」とか言いたくなかったので、赤ちゃんの頃から「お父さん、お母さん」と言っていただけなのに~(ToT)絶対、誤解されたはず!



《父の日》

父の日は、アメリカのワシントン州に住むミセス・ジョン・B・ドットによって提唱された記念日です。ドット夫人の父、ウィリアム・J・スマート氏は、北軍の軍人として、南北戦争(1861~65)に従軍しました。復員した後、すぐに妻に先立たれたため、残された6人の子ども!たちを育てるため、懸命に働いて立派に育て上げました\(^o^)/


そんな男手ひとつでがんばってきた父親の姿を見て育った末娘のドット夫人が1909年、父親の誕生月にあたる6月の第3日曜を『父の日』に定めるよう訴えました。その甲斐あって、1910年代にはアメリカ全土で父の日が祝われるようになり、日本でも戦後の1950年代以降、一般的な行事になったそうです(^3^)/




rohengram799 at 00:01コメント(4) 

2010年06月07日

第115号:ピンポ~ン♪ 「父の日」に 届け 言葉の贈り物 ~ 今回は電報のお話です(^-^)

115号までとっておいたネタを書く日がやってきました!電報と言えば、115 (*´∀`) そして、NTTしか取り扱っていないと思っていましたが、今は10数社がサービスを行っているときいて、オドロキです(゜□゜)。 それに、電報に品物を添えて贈るメッセージギフトも、お祝い事に人気があるそうです。


お祝いと言えば、やはり、結婚式の「祝電」ですよね〜私達の頃は郵便局のレタックスとか押し花電報でしたが、今はもっとステキなものが、あるんですね😍


ヒューモニーが運営するネット電報「VeryCard」では《リカちゃん電報2010》が大ヒット!流行のウェディングドレスを着たステキなリカちゃんと心あたたまるメッセージに、花嫁が感動すること間違いなしです!

母の日や父の日、入学祝など、ギフト付き電報は大活躍しますね。NTT東日本と西日本の「D-MAIL」は、19時までに申し込みすると、当日配達されます。(電話番号はもちろん115、ネットも利用できます) だから、「赤ちゃんが産まれた」と聞いてすぐに、出産祝いを届けることも。

遠くにいる親御さんや、やむを得ない事情で、すぐに赤ちゃんとママに対面できないパパも、感謝や感動を、文字だと素直に伝えられるかもしれないですね。ヘソの緒と一緒に大事にしまって置きましょうか(´▽`)


あと、愛犬が亡くなったお悔やみに、犬のぬいぐるみを贈り合う「ペット弔電」が愛犬家の間でひろまっているそうです。電報は手渡しなので、贈り主の想いだけでなく、と配達員さんの心もあわせて、受け取ることになりますね。

他に、KDDIエボルバの「でんぽっぽ」(手書きが送れる!)やPSコミュニケーションズの「ほっと電報」があります。

ネット申し込みができるものがあるので、代金や字数、その他いろいろ…詳しく知りたい方は検索して下さいませm(__)m








rohengram799 at 00:02コメント(0) 

2010年05月28日

第99号:母の日・父の日募金キャンペーン(^o^)/

母の日や父の日に「プレゼントをあげる親がもういない」という読者の声をキッカケに、毎日新聞が始めたキャンペーンで今年で6回目だそうです。


病気や自殺などで親を亡くした子たちを支援する「あしなが育英会」でも、希望者が増えているのに、寄付は伸び悩んでいるそうです。


高校授業料無償について、授業料以外のものもすべて無償と誤解している人も多く、寄付しなくても…と思うようになった可能性も考えられます。


修学旅行の積み立てや、教材費など、細々した出費がいろいろありますからね…(>_<)


奨学金利用者の6割は、すでに授業料減免をうけているので、無償化による恩恵は少なく、かえって一般家庭との格差が広がるかも…と心配する声もありました。



《母の日・父の日募金の送り先》

現金書留は
〒100-8051
東京都千代田区一ツ橋1-1-1
毎日新聞東京社会事業団


郵便振替
00120・0・76498

どちらも「母の日・父の日キャンペーン」と明記して、よけれは゛寄付への思いやメッセージをお願いします。

各地域欄に名前、金額が掲載されますが、匿名希望はその旨明記して下さいませ。


問い合わせは
毎日新聞東京社会事業団
03-3213-2475 へ


昨年は約410万円の寄付が集まり、全国の遺児支援団体や児童福祉施設に届けられたそうです。



父の誕生日に、電話しただけなのに、なぜか、コメを送ってもらったカネゴンなワタシとしては、考えさせられました……ひとり、夜中に反省\(__)





rohengram799 at 01:25コメント(0) 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ