牧野恭仁雄

2012年02月29日

第707号:雪ものがたり

♪雪の中をォ~黒い汽車が 今遠ざぁかぁるぅ~


昨日「明日は雪らしいよ」と聞いて、突然浮かんだこのフレーズ!!「なんだっけ~?」とずっと考えていたのですが、小柳ルミ子さんの『恋の雪別れ』という歌でした!疑問がとけて、ああ、もうスッキリ!!(笑)


そして「汽車」とか「手渡すはずのお守り 握りしめたまま」の歌詞に《2・26事件》を連想する私って……ショーケンとモックンが出ていた(はず)映画を見た記憶があります。教科書には載らない同じようなクーデター計画が何件かあったみたいですね。


さて~今連載中(笑)の物語でキーになるモノのひとつに「名前」があります。小柳ルミ子さんの名前もカタカナが入っていて「ハイカラな名前だ」などと小さい頃は思っていました。しかし、今は「暴走族ですか?」みたいな漢字で子どもに読めない名前をつける親が多いようで~いかがなものかと思っています。本当に『子供の名前が危ない』状況…親だからなんでも好きな名前をつけていいとかは違うと思うのですが(--;)


「自分の名前を呼んでもらう」ことへのこだわりには、私が祖父から与えてもらった愛情が根底にあります。祖父は私の名前を呼んでは「大事、大事」といつも言ってくれました。そのやさしさを残しておきたいなぁ…と。


私ごときの小説もどきの展開にネタバレもないのでかきますが(笑)杉本「彩」さん、『ウリナリ』でタンゴを踊っていましたよね。特に意識はしなかったのですが、頭のすみに残っていたのかも(((・・;)愛称で「アーヤ」も考えましたが、秋篠宮さまを連想してしまうので、ただ「アヤ」にしました(((^_^;)


『タンゴ・ノアール』の明菜ちゃんも好きですが、セクシーさで、今より多少お若い(笑)杉本お姉さまをイメージして続きを読んでいただければ…ありがたいですm(__)m


蛇足ですが『雪ものがたり』木原としえ(敏江)さんの短編漫画にあります。好きなお話です(*^^*)




rohengram799 at 15:04|この記事のURLComments(4)TrackBack(0)
記事検索
月別アーカイブ