狛犬

2019年02月08日

令月雲便りNo.12:マリとイノシシ

七尾与史さんの『すずらん通り ベルサイユ書房 リターンズ!』を読みはじめました。

【意識高い系というより意識「気高い」系。】

店長を表すこのような言葉に笑ってしまいましたわ。神保町の古本屋巡りもしたいですが、インフルエンザ蔓延のこの時期は不要不急の外出は避けるに限りますね。積ん読本がまだまだたくさんあるのに気になるタイトルをみつけると、なんだろうと気持ちがあちこち動いてしまいます。


『軍艦茉莉』という詩集がありました。安西さん、かなりのイケメン。『SLAM DUNK』の安西先生と違う(笑)

【軍艦茉莉:安西冬衛の第1詩集。昭和4年(1929)発表】

https://blogs.yahoo.co.jp/fifthjulyroad/8198411.html?__ysp=6LuN6Imm6IyJ6I6J



「茉莉」もしくは「摩利」という軍艦はなかったはず。戦艦の大きさやら機能やら装備やら全くわかりませんが。海上保安庁の巡視船とかも命名の基準があると聞いたことがあって『歴史群像』(2016/12月号)の「負けじ魂、これぞ船乗り」というコラムに日本海軍は

……昭和に入ってから戦艦は旧国名、巡洋戦艦と重巡は山の名前、軽巡は河の名前となっていた。空母は演技の良い瑞祥動物の名前だったが、戦争末期になると山の名前が付けられるようになった。(略) 駆逐艦は天象、気象、植物の名前が付けられた。……


とありました。「梨」とか「栗」とかへんな名前の艦があるのは前に書いた気もしますが、これは


……二等駆逐艦になると樹木の名前が付けられ、『樅(もみ)』『榧(かや)』『楡(にれ)』『栗』『梨』と続いたため、「雑木林艦隊」と揶揄された。……


とあって、不謹慎だと言われそうですが笑ってしまいましたわ。 外国の戦艦名に比べて、日本の艦の名前は美しいです。その美しい名前を持ったものが多くの人たちの鉄の棺になってしまったこと、これは忘れてはいけないと思っています。



ところで……摩利支天と今年の干支のイノシシは深い関係があるようです。

【摩利支天とイノシシ】

http://shinshizo.com/2018/07/%E7%A5%9E%E4%BD%BF%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%81%A3%E3%81%9F-%E3%81%84%E3%81%AE%E3%81%97%E3%81%97%E3%83%BB%E7%8C%AA/


↑ 真面目に読んでいませんが(スミマセン)狛犬ではなくいろんなタイプのイノシシを見ることが出来て面白かったです。



rohengram799 at 06:41コメント(2) 

2017年09月19日

竹酔雲便りNo.16:カッパ狛犬

17日の読売新聞・日曜版の皇室ダイアリーNo.420は「眞子さま」でした。例の食費2万円生活の本といっしょに秋篠宮家のムック本らしきものが本屋さんのレジ前に置かれていました・・・なんだかなぁ、な気分になってしまいました。



記事の中に・・・小室さんは「お言葉をたまわり」といった謙譲語や尊敬語を適格に使っていた。・・・と書いてあったのだけれど、皇族の方と結婚しようと思うならそれくらいは当たり前じゃないのか?なんて思ってしまいました。なんかあの記者会見って、う~ん・・・だったので、提灯記事的な印象を持ってしまった! 余計なお世話だけれど、経済的に本当に大丈夫なんでしょうか?




コンビニで『驚き発見! 日本のミステリー・ゾーン』という雑誌を買ってしまいました。熊本県の「トンカラリン」ってナニかしら?と思って(笑)
オールカラーなので見やすいです。あんまり難しい説明もなく、ふーん、そうなんだ~知らなかった!というノリで楽しめます。



岩手のカッパ淵の記事にカッパ狛犬があって、こんな変わった狛犬は「遠野物語」に関連したこの場所にしかないだろ~と思っていたら、結構あるんですね。



http://shinshizo.com/2016/07/%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%91%E7%8B%9B%E7%8A%AC/




伝承の研究・究明の面白さについて、國學院大學文学部・准教授の飯倉義之さんがインタビューで話していた「本来は何もないところから、当時の文化や考え方を材料に物語が膨らんでいき、それが多くの人を納得させる。そのプロセスと仕組みに関心を持っています。なぜ、そのエピソードが盛り込まれることになったのか。なぜ、その時代にこの物語が流行ったのか。背景を探りながら真相を手繰り寄せる、とても興味深いことだと感じています。」に納得した一冊でした。





rohengram799 at 15:46コメント(4) 

2017年08月02日

竹春雲便りNo.2:スフィンクス・・・?

週刊誌で「寄席発祥之地」の碑がある下谷神社の狛犬の記事を読んで、久々に狛犬画像検索をして楽しんでいたワタクシですが、新宿の赤城神社の狛犬は・・・ちょっとショーゲキなオカッパ頭でした・・・スフィンクスに見えなくもない(◎-◎;)



よく見る、いかにも!!な獅子のような狛犬は江戸型というらしいです。また玉を転がしているような狛犬は広島型・尾道型というそうな~で、スフィンクス狛犬さんですが、コレは加賀白山型というそうです。このタイプはあまり残っていないみたいですね。一度実物を拝見したい!



今月はこうした短いチマチマした記事も、忘れないように(笑)たくさん書いていけたらいいなとと思っています~ただ、関連記事の貼り付け方がわからないので(スミマセン!!)ぜひ検索してご覧下さいませ(*´∀`)





rohengram799 at 16:26コメント(6) 

2016年06月23日

閑雲便りNo.28:よもやま話

『思はざる病となりぬ沖縄をたづねて果さむつとめありしを』


今日は「沖縄慰霊の日」だったので、昭和62年の昭和天皇の御歌を最初に……。ただいま『64-ロクヨン-』上巻を読んでいます。映画では、ん( -_・)?とわかりにくかった場面に肉付けをしていくような感覚で「あれはそういうことか!」と思いながらですが。昭和64年、私は出産前の里帰り中でした。オタ息子は平成元年生まれですが、まさか…とテレビを見たのを思い出します。



この前、「虎列刺」という文字をみました。これで「これら」と読んでいたのですね。流行した時には、虎退治には狼!と言って、狼を祀る神社に人が殺到したそうです。狼を祀る?と思いましたが、結構あるのですね。

http://ookamihonpo.com/temple.html

またオオカミの狛犬も…!

http://komainu.net/chichibu1.htm



流行り病の時には特にあやしげな「コレ効く!」というのが巷に溢れますが、コレラにはラムネが効く!という流言があったようです。《100年前の「コレラ防止」マニュアル》(下記サイト)の<おまけ>にはこのような記述が。

……明治15年には、消毒の知識があったことがわかります。
ですが、その数年前には「コレラだといって強制入院させるのは、本当は人の生き肝を取るため」というデマが信じられている地域もありました。さらに日本では炭酸水がコレラに効くというデマが広がり、ラムネが爆発的に売れたのです。……
 
http://www.tanken.com/cholerae.html




ラムネというとお菓子のラムネを先に知ったので、ラムネを飲む?ラムネのビンの中のビー玉?なんだ、そりゃ(・_・?)なマヌケなお子さまでした。ラムネのビンのヒミツ(?)や歴史など、トンボ飲料さんのサイトでご覧下さいませ。

http://www.tombow-b.jp/ramune/




皆さま、お身体に気をつけてよい週末を! おやすみなさい(+.+)(-.-)(__)..zzZZ





rohengram799 at 23:30コメント(9) 

2014年12月08日

笑雲便りNo.12:それは私のおいなりさんだ!

タイトルにエロい意味はありませんので、あしからず(≧∇≦)


お昼にずるずる~っと「きつねそば」を食べながら、各地にある稲荷神社のことなど考えておりました。稲荷神社には狛犬ではなくて、当たり前ですがおきつね様がいらっしゃいます。狛犬もいろんな形があって、失礼して後から拝見するとアララ…( 〃▽〃)なのもあったり←かなり前に見たのでサイト名がわからず…期待していた方、申し訳ないm(__)m こちらの「日本一○○な狛犬」とかもオモシロイのでご覧下さい。これはナニか違う生き物のように見えます……ウーパールーパーのような、オオサンショウウオのような、イグアナのようなが(O.O;)(oo;)


http://komainu.net/ashihoso.htm


「稲荷の狐のバリエーション」はコチラです(*´∀`)♪


http://homepage2.nifty.com/liondog/genba/komacho/kitsunecho.htm


カギ家紋で見たのと同じようなカギをくわえている! 錠前破りはネズミ小僧の仕事ではないのか?と思ったり……でも盗賊でキツネのお面を被っていたりというのもあるし……。シッポの形もいろいろで……当時の人たちのリクエストだったのか、おまいりに来た人たちはどんな風に思っていたのか、ちょっと知りたくなってきました。


そして昔話というか民話に「夫婦きつね」も多いのですね。きつねって母子か単独行動のイメージがあったので、こちらもそうなんだ~と意外でした。


東松山市の箭弓稲荷神社の拝殿には大絵馬「めおと狐」があります。この「やきゅう」稲荷神社にはバット絵馬とベース絵馬があります! 「何事にも打ち勝つ願いをお込めください。」ってありました(^◇^)残念ながらお守りなど郵送はしていただけないみたいです。春には牡丹や藤が美しいそうですよ~埼玉は近いわりには行ったことがないのですが、出掛けてみたいですね。


http://www.yakyu-inari.jp/topics/0903_01.html





rohengram799 at 13:47コメント(14) 
記事検索