2019年06月13日

林鐘雲便りNo.11:鬼手仏心

今日はいいお天気でした。もしや空梅雨?と心配になりますが、午後は予定が変更になりバタバタしていたので、雨降りでなくてよかった!



さてさて……「鬼手仏心」という言葉があるそうですな。読み方は「きしゅぶっしん」。


仏教語からの造語で、鬼手菩薩心・仏心鬼手ともいうらしい。鬼手は化物の手、また相手を驚かすような奇抜な手法をいい、相手を救うために、内心は慈悲にあふれているのだが、外見は手荒な手段をとることにいう。転じて今は外科医のメスさばきをいうとか? やたら切りたがる医者はイヤですけど。医療ドラマや漫画は安定した需要?があるのか、廃れることはないですね。ただあまりお笑いに走る構成はやめて欲しいですわ。どんな作品でもそうでしょうが、医療関係は特にいろんな誤解を招きそうで……。




今日も新聞紙面には虐待や交通事故の記事が……(´;ω;`)


富山でわざわざよその飼い猫を何十匹もつかまえて、ストレス発散と残虐な行為をした男が逮捕されましたが、こういう輩を鬼の手で懲らしめて欲しいですわ。



最近はこちらのワイルドな猫ちゃんたちのイラストが好きです。皆さまもお気に入りが見つかるといいのですが(=゚ω゚=)

https://www.kakimono.biz/illustration





【追記】

鬼つながりで……週刊少年ジャンプで連載中、アニメも放送中の『鬼滅の刃』にダンナさんがハマり中。ジャンプの中では私も好きな漫画です。禰豆子(ねずこ)ちゃんの太ももがセクシー(///∇///) いや、お話も他のキャラもいいのですよ!

https://www.shonenjump.com/j/rensai/kimetsu.html


rohengram799 at 18:44|この記事のURLComments(2)

2019年05月30日

景明雲便りNo.22:赤と白

この前『ねこのずかん』を立ち読みしてきました。絵本ですね。


ねこのずかん (コドモエのえほん) >> https://i.bookmeter.com/books/13577253


私はネコを飼ったこともないし、キジトラやサビネコとか小説の中に出てきても(´・ω・`)?な人間、三毛猫くらいわかりやすいといいのに、と思いました(笑)


読書メーターの感想の中に「赤トラ」という言葉があって、赤帽さんの配達トラックを連想し、検索する時に「赤ネコ」と入力したら「放火」とか出てきて焦ったおバカさんなワタシです(-_-;)




ふはふはの白犬が来る春が来る



なんとなく、うふふ(*´ω`*)となる俳句を見つけました。 もう夏の陽気ですけど、春を待ち望んでいたあの感覚を思い出しました。


山崎照三句集『あはうどり』から。


あはうどりだけが見てきし夕焼こそ


夕焼けこそ………のあとにどんな気持ちがあるのでしょうね。アホウドリだから何を見てきたか忘れてる?(笑) いろんな想像ができますね。




では、皆さま、よい1日を♪(o・ω・)ノ))



rohengram799 at 09:06|この記事のURLComments(4)

2019年02月22日

令月雲便りNo.25:ふきのとう

一夜明けて、北海道の地震について被害の様子など少しずつわかってきました。昨年9月の余震と言われていますが、この時の復旧もまだまだなのに……もうこれ以上は……。何もなく元気にしている自分は自分なりに出来ることを、と思います。





♪雨降りの道玄坂 バスを待つあなたの
淋しさに声掛けたのは気まぐれじゃなかったわ


これはフォークデュオの「ふきのとう」が歌った【雨降りの道玄坂 】 ですが、

「ゆめ二つ全く違う蕗のたう」(赤尾兜子)

という句を見つけたので思い出してしまいました。


ふきのとうは雌雄異株で、雄花と雌花があるそうです。だからこの句がうまれたのですね。「同床異夢」という言葉を思い出してしまった。違う夢でもお互いを尊重しあえたらいいのに……。



昨日は七十二候の「土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)」でした。雪が雨に変わり、土が潤い始める、という意味で、「脉」は「脈」の俗字らしいです。地中でモゾモゾしているモノのことはあまり考えたくないですが。


そういえば今日は2が3つ並んでにゃんにゃんにゃんの「ねこの日」ですね。「猫の舌」というフランス語の言い回しについての話が私的には、ほー!でした(ФωФ)

https://lecoledefrancais.net/langue-de-chat/


rohengram799 at 08:51|この記事のURLComments(2)

2019年01月23日

萌月雲便りNo.23: 猫のお告げ

受胎告知の絵画というと、真っ先にエル・グレコが浮かぶ俗物なワタクシですが、この受胎告知の絵に猫が描かれたものがいくつかあるという記事を読みました。


戌の日に帯祝いとか猫より犬じゃないの?と思ったのですが、ふ~む、いろいろあるものなのですね。


http://www.art-library.com/sp/bible/cat.html



こちらはもう産まれたよ✨な赤ちゃんについての詩です。作者は富山の6才・竹中文音(あやね)ちゃん。のんちゃんは妹だそうです。21日付読売新聞の「こどもの詩」から。



『あかちゃんのごはん』

のんちゃんはおっぱいだけ?
じゃあ
こっち(左)はごはんおっぱい
こっち(右)はおつゆおっぱい
いっぱい飲んだら大きくなるね



ほほえましいですわ😃💕



rohengram799 at 07:03|この記事のURLComments(4)

2018年10月24日

稲熟雲便りNo.25:たくらだ

『わが里の春めく言葉たあくらだあ』(矢島渚男)


今は秋だけれど、この「たあくらだあ」ってなんだ(-ω- ?) と疑問がわいたこの一句。タークラダーというカタカナにすると仏教関係かと思ってしまう。わが里は信州だそうです。甲州とお隣さんなのに、この言葉は聞いたことがありません。



「たくらだ」という言葉がありました。田蔵田。
麝香鹿(じゃこうじか)に似た獣で、麝香鹿を人が狩るときに飛び出してきて、殺されるという ヾ(--;) 自分に関係のないことで愚かにも死ぬ者、ばかもの、うつけもの、をいうようです。


時代小説とかで「田蔵田○○」とつけられた人物が出てくるパターンもあるらしく・・・田蔵田は名字ではないのですね。忠臣蔵の「大石殿は昼行灯」に近いのかしらん?


http://kosoegawa.blogspot.com/2013/02/blog-post_18.html?m=1



「たくらだ猫の隣歩き」は愚かな猫が隣近所を遊び回りながら鼠を捕まえるのに、自分の家の鼠はさっぱり捕らないということ。よその家の事ばかりして自分の家の用をしないことのたとえとして使われるそうです。似た言葉は「不精者の隣働き」。




「たあくらだあ」 きっと春先に口にしたら「春が来た.゚+.(・∀・)゚+.゚」な気分がまわりにいっぱいになる、魔法の言葉なのかも。聞いてみたい!


rohengram799 at 08:15|この記事のURLComments(0)
記事検索