甲府

2018年10月03日

稲熟雲便りNo.4:春の昼に

前の記事に「春」の俳句を紹介したので、Kindleでダウンロードしてそのままにしておいた、太宰治の『春昼(しゅんちゅう)』を読んでみました。思った以上に短かかった(笑) 随筆というより日記みたい。


下記ブログでこの作品の舞台になった甲府の武田神社と『春昼』が読めます。


http://blogokmy.neoya.net/?eid=818593



武田神社は高校時代、強歩大会のスタート地点でした。朝、電車に乗って甲府まで行きましたよ~花の乙女、JKがなぜこんな山を越えるのだ!って感じでゴールの高校を目指しました。今は共学になったけれど、25㎞くらい走っているようです。中学の時も峠を越えたな(´~`;)


rohengram799 at 00:04|この記事のURLComments(2)

2018年08月01日

炎昼雲便りNo.14:聴音壕

「炎昼雲便り」と7月の記事タイトルを決めた時には災害レベルの暑い毎日が続くと8月全く考えていませんでした。今日から8月ですが、引き続きこのタイトルでぼちぼち更新していくつもりです。またよろしくお願いいたします m(_ _)m




『歴史群像』8月号(通巻150号)の「迷宮歴史倶楽部」で“聴音壕”というのを知りました。これはネットで画像検索するとかなりの数が出てきます。皆さまの近くにもあるかもしれませんね。


雑誌にも載っていた山梨・大月の聴音壕です。


http://www17.plala.or.jp/tokoma_higashi/syuron/sensoiseki.htm


大月駅までは私の実家の最寄り駅から30分くらいでしょうか? 戦争遺跡について学校で教えてもらった記憶もないし、自分からそういう場所があるかな?と考えたこともなかったです。


小学生の頃、社会科クラブというのに入っていて、町内にある文学碑を調べたり(文学散歩という言葉をこの時知りました)足利学校みたいな、そこそこ古い建物を見に行ったりしたことはありますが、自宅から歩いて行ける場所に戦争遺跡があったことを今回調べて知って驚きました。あの崩落防止にコンクリートで固めた崖みたいな場所に壕があったとは。専門的な地質云々とかは全く理解出来なかったですが。広島・長崎・沖縄等の悲惨な出来事を知るのと同じように、小さい時に地元の戦史について知ることからはじめるのが大切なのかも、と思いました。



【遺髪塚】

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/daijinkanbou/sensai/virtual/memorialsite/yamanashi_ootsuki_004/index.html


千葉市の空襲は「七夕空襲」と漢字ですが、甲府空襲はひらがなでした。当時、甲府に住んでいた太宰治や井伏鱒二も被災。


【たなばた空襲】

http://www.asahi-net.or.jp/~un3k-mn/kusyu-koufu.htm


rohengram799 at 09:33|この記事のURLComments(2)

2012年09月24日

あかね雲便りNo.159:三連休

21日~23日まで山梨に帰っていました~相変わらず噛み合っているようないないような会話を母と兄と交わしながらの3日間でありました。ダンナはゴロゴロと(笑)


昨日は甲府から電車に乗ったのですが、ホームにスーツ姿のヤロー集団が…披露宴帰りにしては荷物がないし綺麗なおね~さまも見当たらない…ん!?と見ると、顔に人としてのイヤらしさ全部が表れているような(個人的意見)「のぶてる」(石原伸晃)の姿が…そしてちょっと目を移したら「石破タン」(石破茂)に「安倍ちゃん」(安倍晋三)の姿も…。イシバたんはテレビの方がドッシリ落ち着いた感じで、アベちゃんは思ったより背が低かったです。みんな顔がどす黒いというか変な顔色…テレビ出演した時のドーラン塗りたくったまま?もう一人「見たことある方」は名前がワカラナイ…林さん?新聞を見ると甲府駅前で演説をしていたらしい。


のぶてる(彼だけ呼び捨て)に肩を組まれて嬉しげに写メをとっているおばちゃんもいましたが、政治家ってあんなに「オーラがない」のかと思いました…宝塚の下級生の方がずっと華があるし人目をひきますね←外見も違うって!!( ̄▽ ̄;)


しかし、なんでみんなあんな同じ色のスーツにしたのか…就活の学生みたいで「ちっとも目立たないじゃん!!」とダンナとブツブツ言っていました~またSPがドラマみたいに機敏じゃなかった気がする~「お前らのせいで、ホームの移動が大変でいい迷惑だ!!」指定席は全部売り切れのアナウスが流れましたが、半分は空席だったのでグリーン車に乗った政治家の皆さまに配慮したのでしょう。


同じ電車になったので、何かいいことがあるかね~?なんて、年寄りっぽいことを話していたのですが、ガムを噛んだダンナにはツメモノがとれるという悲しい出来事が待っていました…('~`;)


帰宅してからも映画の『岳』のテレビ放送を見ながら「アレはおかしい」などとチェックをいれていましたわ~!マンガって実写にすると嘘臭さが倍増するのでやめて欲しい(--;)毎日山に登っている人があんな顔色、顔つきのハズがないし、服装もキレイすぎ!!


そんな三連休も終わり(((^_^;)今日から三連勤です。また頑張りますp(^^)q



rohengram799 at 11:26|この記事のURLComments(12)

2011年04月19日

第462号:あずさ3号

本日子ども2人と山梨に日帰りできています。あずさ2号ではなく3号に乗車しました。夕方になるにつれて寒いです~(>_<)


『仕事よりいのちおもへと春の山』(飯田龍太) 


父が10日に脳出血で倒れ、甲府の病院に入院中でそのお見舞いが目的です。


私がちょうど具合の悪い時期…本当は11、12日に帰ろうと思っていたのですが寝込みまして…体調がそこそこよくなり、家に電話したのが15日。その時はじめて聞きました……うーん、兄には連絡したらしいのですが、いつも私のところにはこない(ToT)退院したあと報告があったり、前は電話したら2人とも入院中だったし…。


父の容態ですが、右半身は麻痺で左の機能も…な状態。言葉も理解しているかは正直わからないです。だから私や孫だとわかったかどうかも…。


脳外部長は、中条静夫みたいなかんじの人でした。あんまり説明に熱心でないというのか、話のしようがないのかな、みたいな印象を受けました。


今後できるだけ父の様子や、一人で店をあけている母の様子を見に帰ろうと考えています。仕事日数も今月から減ったので、時間は前よりつくりやすいかも。


甲府もさびれたなぁと思いましたね。もう何年も甲府で下車することはありませんでしたが、なんか昔のイメージしかないから、なんだかなぁ…ではありますが、それでも!!桜が咲き、桃の花も咲き、菜の花も咲き、四方の山々を見て「ああ、田舎の自然はいいな、故郷はいいな~」とあらためて思いました。


被災者の方々も早く、自分の故郷に帰りたいだろうなぁ…と痛感しました。


現在、こんな状況ですので皆さまへのお返事が遅れています。申し訳ありません。皆さまも体調にお気をつけ下さいませ。


rohengram799 at 17:39|この記事のURLComments(20)
記事検索