異名

2019年03月01日

雛月雲便りNo.1:ピヨピヨ 🐣

おはようございますヘ(`・ω・)ノ

今日から3月、この1ヶ月もあっという間に過ぎていきそうな気がします。


今朝の新聞に千葉県公立高校入試問題と解答が別刷りであったので、いつものように国語問題になんの作品が採用されているかチェック!


洛中洛外画狂伝 狩野永徳 (徳間時代小説文庫) >> https://i.bookmeter.com/books/12666144



作者の谷津さんはこんな方でした。奧さまは青森の方だそうです。写真を見て棋士かと思った(笑)

https://my-michi.com/column/68217594/23788



今月はあまりひねりもない、3月の異名「雛(ひいな)月」から「雛月雲便り」としてお届けしたいと思います。タイトルのピヨピヨではない、お雛様からですね、きっと。


先月ほど更新は出来ないかもしれませんが(下書きの書き散らかしたものはたくさんあるけれど)また自分がΣ(゚∀゚)と思ったアレコレを書いていきたいと思いますので、またお付き合いいただけると嬉しいです。


皆さま、お身体に気をつけて楽しい週末をお過ごし下さいませ♪(o・ω・)ノ))


rohengram799 at 08:32|この記事のURLComments(0)

2019年01月01日

萌月雲便りNo.1:献壽歳旦🎍

🌸 明けましておめでとうございます 🌸


今月は「萌月雲便り」にしました。1月の異名で検索して見つけた「萌月」。新しい命が芽吹くイメージでしょうか? タイトルの「献壽歳旦(けんじゅさいたん)」は「元日の朝を迎えお祝い申し上げ幸運をお祈り奉ります」という意味。今まで知らなかった四字熟語をさがしてみました(´ε`;)ゞ




『只の年またくるそれでよかりけり』(星野麥丘人)


元旦からそれかよ~!みたいな句でスミマセン!
でも私にはこんな感じの年明けです。それよりもこの方の名前の読みがわからなくて……「麥」は「麦」の旧字体でした。「ほしのばくきゅうざん」と読むそうです。

http://tsuru-haiku.sakura.ne.jp/hoshino/index.html




新年そうそう記事をupして「燃え尽きたぜ…」にならないように気をつけます!


今年もどうぞよろしくお願いいたしますヽ(〃´∀`〃)ノ



becadcf8.jpg

rohengram799 at 00:02|この記事のURLComments(2)

2018年11月07日

竜潜雲便りNo.1:立冬~10月の本棚

今日は立冬、スーパーではもうクリスマスのお菓子が売られていたりして、えっ(*゜д゜*)となってしまいました。


さてさて、今月のタイトルは旧暦霜月の異名である「竜潜月」から。由来は全くわかりませんでした(´・ω・`; ) 「竜潜」自体の意味は、「竜=英雄・賢人」が水中にひそんでいる意味だそうです。銀英伝の同人誌でキルヒアイスがロイエンタールに「提督は心の中に荒ぶる竜を飼っておいでなのですね」的なことを言った場面があったような・・・もう昔だからよく覚えていないけど、彼の野心を荒ぶる竜に例えたのだと思います。霜月は来るべき新しい年を前に、アツい想いを抑えているって感じなんですかね?




「亀鳴くや陀羅尼助とは秘薬めき」


平沼佐代子さんのこの句も滾る欲望が!? ┌(`Д´)ノ)゚∀゚) ってことはありませんね、失礼しました!「亀鳴く」は春の季語です。


http://sogyusha.org/saijiki/01_spring/kamenaku.html


「陀羅尼助」は媚薬ではありません(笑)

http://www.jinbendo.jp/sp/about/





先月に読んだ本一覧はこちらです♪

https://bookmeter.com/users/718307/summary/monthly




スタートが遅れてしまいましたが、今月はのんびり更新していこうかと思います。またよろしくお願いいたしますヾ(´ー`)ノ


rohengram799 at 17:56|この記事のURLComments(4)

2018年09月01日

菊咲雲便りNo.1:梨

9月になりました。今月のタイトルは9月の異名のひとつ「菊咲月」から・・・思い浮かんだのは花札の絵柄でしたが(^_^;)小菊のように可愛らしく日常・非日常を書いていけたらいいなと思います。またよろしくお願いいたします。




『友の子に友の匂ひや梨しやりり』(野口る理)


秋の味覚、たくさんありますが、このあたりはやはり梨でしょうか? 山梨だとブドウやモモの匂いの赤ちゃんかな?なんて思ったりして(笑) 友だちとの関係やその子を慈しむ気持ちが伝わってくるようです。「食べちゃいたいくらいカワイイ(ノ≧▽≦)ノ」という言葉を俳句にするとこんな感じなのかな?


http://yanesen7.blog105.fc2.com/blog-entry-731.html



rohengram799 at 15:46|この記事のURLComments(2)

2018年04月02日

清和雲便りNo.1:適怨清和

4月になりました。ダンナさんが「今日から新年度かぁ~」とつぶやいておりました。



今月のお便りのタイトルは、旧暦4月の異名のひとつ「清和月」から。小学校の時、この名前の男性教諭がいましたが、名前負けというか、依怙贔屓するイヤな担任でしたわ。



「適怨清和」は「てきえんせいわ」と読みます。
意味は「恨めしいほどに素晴らしく、清らかで整っていること」。「適怨」はこの上なく素晴らしいために、恨めしい気持ちが生まれること。「清和」は清らかで整っていること。



妄想エロおやぢなワタクシには似つかわしくないですが(-ω-;)・・・最初、この四字熟語を見た時に「怨み事もほどほどにして、心を清らかにして平和に過ごしなさいよ」という教訓めいたものだと思っていました~おバカさん過ぎる・・・でも、日々こういう素晴らしい、キラキラしたナニかをたくさん見つけていきたいと思います。



あと「鳥待ち月」という異名もありました。この言葉にピッタリではないかというブログ記事を見つけましたので、お読み下さいませ。


http://sanpobito.blog.jp/archives/59726703.html



今月もどうぞよろしくお願いいたしますヾ(´ー`)ノ




rohengram799 at 08:34|この記事のURLComments(2)
記事検索