百味飲物

2022年01月09日

麗春雲便りNo.8:落雁のかほり

女の子は砂糖菓子みたいに甘い匂いがする……なんて表現をよく目にします。シャンプーやボディクリームの香りなのかなぁ、西洋菓子のイメージだよね、とおやぢは思うのですが、最近こんなに名前の香水の記事を読みました。落雁…ってあの干菓子 (-ω- ?)

【落雁】
http://blog.livedoor.jp/monsato_8/archives/12638308.html?ref=category71929_article_footer1_slider&id=8169616


お盆に落雁をお供えしますが(アレも落雁とは思わなかった)目連僧侶の行った「百味飲物(ひゃくみおんじき)」(*)からという話、いずれ無くなる消耗品であることから「不幸がずっと続かないように」と願う願掛けの意味という説、砂糖は昔は貴重で高価なものなので、特別なものを…などいくつか由来はあるようです。

日持ちするお菓子ですが、大きいものはすりおろして粉砂糖にして保存したりするといいそうです。この発想はなかった! あと今はハーブの落雁とかも発売されているとか。

落雁の香水を知った時に和装が似合うお茶の先生(もちろん美人!)をイメージでしましたが、ハーブの落雁があるときくと……その着物を「脱いだらスゴいんです!」とか想像してしまう(ノ´∀`*)


こちらは飲まない私でも楽しめる(笑)キリンビールのサイトです。  

【各国のビアマグ】
https://www.kirin.co.jp/alcohol/beer/daigaku/genre/mag/mag02.html


花瓶にしても素敵✨ と思ったのは、この俳句を見つけたからでしょうか。


鈴蘭はコップが似合ふ束ね挿す 鈴木栄子





(*)たくさんの食べ物や飲み物のこと
https://jodo.or.jp/everyday/event/urabone/



rohengram799 at 08:25|この記事のURLComments(2)
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ