百日紅

2021年12月07日

古暦雲便りNo.5:AI ゚+。:.゚(*゚Д゚*)゚.:。+゚

noteの記事で「AIのべりすと」というモノを知ったワタクシ!

https://note.com/kazarashi0609/n/nd4c3b20994cc

自分の書いた話が煮詰まってしまってもAIが書いてくれるなんて〜結構細かい設定も出来るようだけれど、ものぐさな私は出てきた画面をほとんど変えることなくチャレンジしてみた(笑) 以下、入力した、ちょっと長い私の駄文。



暑い日に冷房の効いた喫茶店で飲むクリームソーダは美味しい。
「口紅ってどのくらいで使い終わるの?」
アイスコーヒーを注文した人はガムシロもミルクも入れずにのんでいる大人だ。バニラアイスを口に運ぶお子さまな私にそれを聞くのかなぁ。
「なんで?」
ちょっと不機嫌な声が出てしまった。
「サルスベリって百日の紅って書くからさ、なんとなく」
そういえば公園の草むしりのボランティアを始めたと言っていたな。今までサルスベリなんて名前も漢字も知らなかっただろうに。


以下、AI さんが考えてくれた話の続き (*´∀`)


「リップグロスなら二週間とか三週間ぐらいじゃない? ティント系じゃなければそんなもんだと思うけど」
「そっかー。結構持つんだね」
「ちなみにそのグロスどこのブランド?」
「んっとねぇ……。確かキスミーだったと思うよ」
「へぇ~、そうなんだ」
「あ! また私のこと子ども扱いしてる!」
「いや、別にそういうわけでは……」
「わかってますぅ~。どうせ私は中学生ですよぉ~」
唇を突き出して拗ねるフリをする。高校生にもなってこんなことをしたらイタい人認定されてしまうかもしれないが、相手はこの女たらしである。多少あざとくても問題はないはずだ。
「ごめんてば。もうしないから許してよ」
ほらね。少し困ったように眉を下げながら笑っている。イケメンはこれだからずるいのだ。



ほー、こういう展開にするのか! 当然のことながら私が考えていたものとは違うのだけれど面白い〜! そして永遠に終わらない気もする(笑)

ところで「ティント系」の口紅ってナニ? (´∀`;)



rohengram799 at 09:30|この記事のURLComments(10)

2019年08月27日

燕月雲便りNo. 10:花ゲリラ

『花ゲリラ』  茨木のり子



あの時 あなたは こうおっしゃった
なつかしく友人の昔の言葉を取り出してみる
私を調整してくれた大切な一言でした
そんなこと言ったかしら ひゃ 忘れた

あなたが 或る日或る時 そう言ったの
知人の一人が好きな指輪でも摘みあげるように
ひらり取り出すが 今度はこちらが覚えていない
そんな気障(きざ)なこと言ったかしら

それぞれが捉えた餌を枝にひっかけ
ポカンと忘れた百舌(もず)である
思うに 言葉の保管所は
お互いがお互いに他人のこころのなか

だからこそ
生きられる
千年前の恋唄も 七百年前の物語も
遠い国の 遠い日の 罪人の呟きさえも

どこかに花ゲリラでもいるのか
ポケットに種(たね)しのばせて何食わぬ顔
あちらでパラリ こちらでリラパー
へんなところに異種の花 咲かせる






📣昨日は祖父の命日でした。(19日は父の命日。)この日が過ぎると、秋の気配を強く意識します。お寺に咲いていた百日紅は濃いピンクでしたが、白い百日紅もあるのだと数年前に知りました。

https://search.yahoo.co.jp/amp/s/gamp.ameblo.jp/turishi-04/entry-12183333875.html%3Fusqp%3Dmq331AQQKAFwAZgBuervsrGh4IjLAQ%253D%253D


📣pixivのイラストに祖父を連想させる作品がありました。似たようなポーズで温泉宿でくつろぐ祖父の写真を飾っています😄

https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=75930811



📣残暑復活!の月末になるとか……昨晩は早寝して夜中におきてガサゴソして、また寝て……のヘンな睡眠時間になってしまった(;・ε・ ) 皆さまもお身体に気をつけて下さいませ。




image


rohengram799 at 08:22|この記事のURLComments(4)

2015年08月07日

海雲便りNo.2:あか……んでぇ!

今日は「鼻の日」らしいですね。同じハナなら花がいいよね~でずいぶん前に買っておいた『風花病棟』(帚木蓬生)を読んでいます。どの作品にも桜や藤、百日紅など花が出てくるようです。


『乳癌と闘いながら、懸命に仕事を続ける、泣き虫先生(「雨に濡れて」)。診療所を守っていた父を亡くし、寂れゆく故郷を久々に訪れた勤務医(「百日紅」)。三十年間地域で頼りにされてきたクリニックを、今まさに閉じようとしている、老ドクター(「終診」)。医師は患者から病気について学ぶのではなく、生き方を学ぶのだ――。生命の尊厳と日夜対峙する、十人の良医たちのストーリー。』


文庫の裏表紙からですが、今、その中の「チチジマ」を読んでいます。《臍の垢による破傷風三例》を海外の学会で発表する場面があり、垢は英語でdirt、耳垢はearwax……「同じ垢でも耳と臍では言い方が違うのだと妙な感心をした」という一文に笑ってしまいました。オヘソをむやみにいじってはいけないと言われる日本人の風習(?)がうんだ症例でしょうか……詳しく知りたい方は本を読んで下さい~もちろん最近の話題ではないです!



仕事の方でまたオイオイ……な事案が発生しています。いろいろムズカシイです( ̄~ ̄;)



今日も暑い毎日です。ご自愛下さいませ!




rohengram799 at 15:15|この記事のURLComments(8)

2013年08月26日

入道雲便りNo.28:百日たってもすべらないワタシ(゜゜;))

「静かなる人見送りしあの夏の記憶とどめる百日紅かな」(恵雲)


昨晩はクーラーをつけずに眠りました。今朝、見上げた空にはうろこ雲が~少しずつ秋の気配が感じられるようになってきました。暦では8月初旬が立秋ですが、私の中では明日から秋です!私が高2の時の今日、祖父が亡くなり、それから夏がだんだんと遠ざかっていった感覚がずっと残っているのです。父は一週間前が命日なので、8月は私にとって生死曼陀羅、戸惑いと弔いの季節になりました。


百日紅(サルスベリ)という名前は知っていましたが、特に意識するようになったのは祖父の弔辞の最後に「百日紅の花が咲いています」という言葉があったからです。当時の町会長さんが読んで下さったのですが、後からお寺に百日紅が何本かあるのに気がつきました。今住んでいる場所の近くにもたくさんあって、通りすがりに見上げてはあの夏を思い出します。父が「親孝行したい時には親がいないっていうのは本当だ」と店に来たお客さんに話していました。私なんかは大学にいきたいのをガマンして店を継いだ父は十分親孝行だと思っていたのですが……ちょっとせつない(;_;)祖母は私が生まれる前に亡くなりましたが、伯母によると一晩祖母に添い寝をしていたそうです。
「男はみんなマザコンなのか!?」とも思ったのはナイショだよ~ん!(笑)


お話しは変わりますが、下の子が金曜日から日曜日まで福岡に遊びに行っていました。着いた時には曇りだったので、案外天気は大丈夫なのでは…と思っていたのにずっと雨だったそうです(-.-;)おみやげに「にわかせんべい」をもらいましたが、ウン( -_・)?「ニカワせんべい」……違うわ、ボケぇ!見まちがいも「よかよか~」と豪快に笑って欲しい( ̄▽ ̄;)


のんびりしていようがあくせくしていようが、毎日生活していると、いいこともイマイチなこともたくさんあって……ですが、新田美智子さんの句のように、シレっとおすましサンで生きていきたいと思う私です(*´∀`*)


「百日紅きのうのことは存じませぬ」


皆さま、楽しい一週間をお過ごし下さいませ♪




rohengram799 at 16:39|この記事のURLComments(8)
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ