看護師

2016年07月20日

布雲便りNo.20:愛さずにいられない

今朝の読売新聞一面、いつものように雑誌広告を見ていたら『公認心理師への期待』(日本評論社)という文字が……なんだ、この“公認心理師”って……パッと見ると“公認調理師(´・ω・`)?”と思ってしまう……!!


全く知らなかったのですが、昨年10月に「公認心理師法」が可決成立していました。初めての心理職国家資格ということで、大学もいろんな対応を協議しているようですし、予備校も新たな学生獲得に動き出しているみたいだし……。Yahoo!知恵袋に質問があり、けっこう詳しく回答されていたので興味のある方は読んでみて下さい。

http://chie.mobile.yahoo.co.jp/p/chie/qa/view?qid=12160925837


そして「士」「師」「司」の使い分け(?)違いについても質問がありました。

http://chie.mobile.yahoo.co.jp/p/chie/qa/view?qid=12119811242


最近でもないですが、「看護“士”」から「看護“師”」にかわりましたよね。看護は女性が行うものとのイメージがありますが、『春告げ坂 小石川診療記』(安住洋子)には「看護中間」という、病人のお世話をするおっさんたちが出てきて(おサボり野郎も多い)ああ、昔から男手は必要だったのね、と当たり前のことに納得してしまいました。本の内容などについては下記ブログをどうぞ。

《安住 洋子著「春告げ坂」を読み終える:2015年04月11日の記事》
http://tnabe.exblog.jp/21702023/



保健婦助産婦看護婦法が1948年に施行され、看護婦という呼び方になり「看護するのは女性」という図が定着、女性を看護婦、男性を看護士と呼んでいました。女性も男性も看護師という呼び名に統一されたのは「保健婦助産婦看護婦法」が「保健師助産師看護師法」になった2002年の法改正からだそうです。



さてさて……今テレビでは都知事選挙の話題がたくさん。候補者はたくさんいるのに取り上げられるのは小池さん・鳥越さん・増田さんの3人だけですね(-o-;)


友清恵子(ともきよ・けいこ)さんという方が(1936年福井県生まれ)今年は傘寿(八〇歳)を迎えられて、記念に詩集を刊行されたそうで、その中に『やじろべえ』という詩があります。



『やじろべえ』


ありあまる時間を深い皺に塗りこめて着飾って出歩く年金暮らしの老女
まことしやかに有事を説き得意げに三位一体を謳う獅子頭
ひたすら携帯メールで擬似恋愛を演じるパラサイト・シングル
人ごみを臍だしルックで闊歩する黄髪少女の指先のタバコ
――――― コノクニハ モウ ダメカモシレナイ

人間の糞尿にまみれながらなお凜と均整を保っている富士
濁った川面に顔を出し岸辺の騒ぎを横目に悠々泳ぎ去るアザラシ
光の届かぬ深層水のなかひそやかに生き続ける透明なエビやイカ
経済大渋滞を尻目に人々を狂わせつつ粛々と北上する桜前線
――――― コノクニハ マダ タスカルカモシレナイ

あきらめと口臭と仏頂面を詰め込んで走る通勤電車
一握りのゴルファーのために緑をこそげ取られた山裾
飽食と浪費が毎朝垂れ流す生ゴミ不燃ゴミ
アリガトウもスミマセンも言えない子らを吐き出す受験塾
――――― コノクニヲ スキニナレナイ

照れながら喜びを語るノーベル賞のひとの作業服
沈着冷静に記録を伸ばす細身の大リーガーのまなざし
飛び交う絵手紙のそれぞれの優しい四季
和太鼓の激しさを背に受けて舞うソーランの若者の飛び散る汗
――――― コノクニヲ スキニナリタイ




友清さんや詩集の内容についてはこちらをお読み下さい。本の装丁や挿し絵もステキです。

《老JAPAN:2016年07月14日記事》
http://fragie.exblog.jp/25447182/



コノクニヲ スキニナリタイ………いつでもどんな時でも ♪愛さずにいられない それは真実(ほんと)よ………そんな美しい国・日本であって欲しい、そう思います。





rohengram799 at 09:41|PermalinkComments(6)

2013年04月09日

ヒコーキ雲便りNo.9:母の手

今日は風もなく本当にいいお天気、お出かけ日和ですね。桜は散ってしまいましたが、桃の花や菜の花が春爛漫を演出しています。


朝ご飯をガッツリ食べてから、母が2ヶ月に一度診察にいく総合病院へ私とダンナも同行。はじめに血液検査、次に形成外科・眼科に内科……地下にも診察室や売店のある病院でビックリ!今は多いのかしら? そして外来患者さんも付き添いの方々も高齢者がほとんど。杖を持った方もたくさんいらっしゃいました。でも椅子の幅が広くゆったりとしているのは良かったです。内科の診察だけ一緒に話を聞いたのですが、感じの良い男の先生で看護師さんもかわいらしい(笑)そうだ!母は胃カメラを前の診察の時に体験していました。私にはムリ…絶対ムリ……と思いました(~_~;)スゴいなぁ、お母さん!!


待ち時間が長いので、トイレにいったら方向が「あれ?」になってしまい、母と手をつないでダンナのところへ~母と手をつないだなんて何年ぶりだろう?と思いました。昔は水仕事でガサガサしていた記憶がありますが、今はやわらかい赤ちゃんみたいな手になっていました。ずっとつないで歩くのも悪くないかも…と思いましたが、小さくなっちゃったなぁ、と年月を感じちょっとかなしくもなりました。


薬も2ヶ月分!!朝だけ1日おきに違うのを飲まないといけないとかで、混乱するに決まっている!!ということで、ダンナに1日分の薬をセットしてもらい、日付も書き入れてもらいました。やっぱり今回は一緒に来て正解!!と思いました~ダンナはいい迷惑かもしれませんが( ̄▽ ̄;)


夕方には千葉に帰ります。もっと実家にいて、昔買ったマンガ本をよみあさりたいところですが、そうもいきません。また明日からがんばりま~す(((^_^;)



rohengram799 at 15:30|PermalinkComments(6)

2010年04月05日

第23号:「ツン」とおすまし、それはだあれ?

「ツン」とおすまし、それはだあれ?
ハイ、それは上野の西郷さんが連れているイヌU^ェ^Uの名前で~す(^0_0^)

私は今までイヌやネコだけでなく、トリやハムスターとかも飼ったことがありません。実家が食べ物を扱っていたので、小さい頃から「保健所の人に怒られるからダメ!!」と言われてきました…(ToT) 小2の時、作文でペットについて書くよう宿題がでましたが、何もナイ私はそれなりの知恵を絞り出し「ウチにはペットはいないけど、大好きなぬいぐるみがいるから平気♪」な~んて事を書いたら、それを読まれてしまい…ものすごいイタイ歴史の1ページが誕生してしまいました…(-_-;)

今なら、あらゆるチカラを使い、理想的なペットとのエンジョイライフ(いつの言葉だ!!)を綴るのに…!


今日、この話になったのは「動物看護師」という言葉がきっかけです。獣医師がいるのだから、動物看護師がいて当たり前なのですが、まったく!!考えた事がなかったので…でもトリマーもですが、国家資格ではないのですね。看護師とつくので、医療のイメージがありますが、アシスタント的なかんじ? だから、学校によって、名称も違うみたい。

昨年、統一資格のガイドラインや法整備を目的に一般社団法人日本動物看護職協会ができたそうです。正しい知識と深い愛情があれば、救える命がふえますよね。


フリーペーパーで見つけた言葉から、またひとつ世界が広がりました\(^o^)/





rohengram799 at 09:00|PermalinkComments(0)
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ