備忘の果実 〜オスカー戯言日記〜

ようこそ゚+(人・∀・*)+。♪ 自分の好きなこと、興味のあることをチマチマと書いています。

タグ:真夜中のパン屋さん

今日はテレビドラマ化もされて人気の『真夜中のパン屋さん』の作者である大沼紀子さんの『ばら色タイムカプセル』を読み終わりました。


13歳の家出少女・奏(かなで)が流れ着いた場所は、海が見える町にたたずむ不思議な老人ホーム「ラヴィアンローズ」。咲き誇る薔薇が自慢のこの施設で、年齢を詐称して働きはじめた彼女は、薔薇園に隠されたある噂を知ることに…そうです、お決まりの「あんなに綺麗な薔薇がたくさん咲いているのにはきっとヒミツがある、死体が埋まっていてソレを栄養にしているのよ!!」パターンです(笑)。40年以上の時を超えて明かされることになった秘密。まわりの顔色を伺いながらわりと良い子で過ごしてきた彼女には貴重な夏休みになったかも。パン屋さんよりこっちの話の方が私は好きですね~!!


ホームにいる、かつての乙女たちは、特に介護が必要というわけではないので、それこそ寄宿舎にいる女子高生のノリで「きゃいきゃい」「きゃぴきゃぴ」しております。特に歌舞伎大好き三人娘は精力的に活動しています。好きなものがあるって精神をいつまでも若く保ってくれますね。それぞれに家庭の事情があり身体的な衰えは隠せないけれど、それも含めて人生を楽しんでいる感じ。これが男性入居者メインの物語だったらどうなるんだろう?「少年の心を失わない人」と言えばカッコいいですが、実生活でコレを貫いていたら女性以上に「いい年をして~」と言われそうな気がします(--;)


自分もホームで暮らしながら、両親が別々の介護施設にいる登喜子さん、父親の葬儀に母親を出席させるのにもひと苦労です。母親は自分の子どももわからない、ダンナのことも忘れている状態なので……。でも車椅子で参列し遺影を見て「あなた…」と泣きくずれる場面には、いろんなイヤな出来事があったとしても、もう逢えないのだというかなしみは溢れてくるのかなぁ…と思いました。この話のようにすべてがドラマチックにはいかないでしょうけれど、人の想いってとっても複数で不思議だと思いました。私はボケたらダンナも子どもたちも全部どこかにいってしまう気がする……恨まないでね(~_~;)


奏ちゃんはストレスで白髪になっているのですが『ベルばら』で王妃さまが逃亡に失敗し一晩でブロンドが白髪に…とありましたが、実際は一度ひ白髪にはならず徐々になるとか。しかし、13歳で……(´д`)どんだけストレスためたのよ~!!近くの中学で合唱コンクール練習の歌声に耳を傾けていた彼女に、男の子が話しかけてきて、彼もホームの手伝いをするようになるのも「ああ、青春」的で、ツッコミたくなりますが、そこはガマンしてね(笑)私は、もうそんな出来事も微笑ましくサラリと読めるオバサンになりました。


最後に彼と母親のエピソードが載っているのですが(奏ちゃんは父子家庭、彼は母子家庭)「好きな人でもできた?」ときかれ、ちょっと口悪く照れをごまかす息子に「そういうところ、お父さんにそっくり」と言う場面があります。そして「子供ってタイムカプセルみたいね」「なんだか色々と、思い出しちゃうわ」と。子どもだけでなく、親族だけでなく…自分の好きな人、好きだった人がいなくなってしまった後には、その人の面影が残るもの、ちょっとしたしぐさや言葉、出来事に過去に引き戻されることってありますよね。そこにとどまることは出来ないけれど、懐かしく思い出すことは出来る。この物語に出てきた若いふたり(笑)も、60歳70歳になったら何気ない風景の中に10代を思い出すのかも…。


以前、平井堅さんが歌っていた『The rose』を聴いて感動したのですが、今日はまたこの曲を聞きたい気分です。目指せ、永遠の『プロ乙女』!!


明日で7月も終わり!猛暑に豪雨、あちこちで被害があり……特に水害にあわれた方々には(後片付けの大変さをちょっとだけですが体験した私)心身の疲労感がどんなに積み重なっているか…。1日も早く落ち着いた状況になりますように。



大学に行く回数も減り、クロネコの配達兄さんの短期バイトも始めた働き者のヒョロヒョロくんのため、お昼は小僧寿司(全国展開してるんですかね?)のまぐろ寿司にしました。!!なせか鉄火巻き2本もプラスした結果「もうマグロはいいや~」と言われました…あと数年したらシニカルな笑顔で「もうマグロはいいや」とつぶやくのでしょうか…?そんなモモイロ母さんを置いて、もう1つのバイトに出掛けて行きました(-_-)/~~~


昨日買った『魚神』読み終わりました。相変わらずアホな私、ずっとタイトルを「うおがみ」だと思っていたら「いおがみ」でした…良かった、音にしなくて(笑)本を買う時のポイントとして、タイトルの他に表紙も重視するのですが、今回は宇野亜喜良さんのイラストだったのも購入の決め手でありました。スゴい好き!!というわけではないのですが、昔話のような内容にあっている気がして…解説もです。


あと登場人物の名前が“白亜”と“スケキヨ”なのも決め手でした!!スケキヨ…!!ですよ、奥さん!!
( ̄ー ̄)この話のスケキヨくんは美形で血のつながりがあるかないかわからないお姉さんの白亜(はくあ)との物語。かつて一大遊郭が栄えた閉ざされた島、息づく独自文化に雷魚伝説。白亜は島随一の遊女になり、スケキヨとの再会を望んでいるのですが…。江戸末期のようであり日本ではないような気もする、なんとも不思議な話。漫画に向いている気がしました。ぜひ木原敏江さんでお願いいたします!!という雰囲気の作品でしたわ。


最近は映像化される作品が多くてその実写版がそのまま表紙というのもありますが、私はキライ…。買う気が失せてしまいます。そうそう、『真夜中のパン屋さん』ドラマ化だそうですね(--;)


来年4月スタートのNHK・BSプレミアム連続ドラマ(日曜22:00)~真夜中にだけオープンする不思議なパン屋さんを舞台に、謎多き笑顔のオーナー、居候の女子高生、口の悪いパン職人の3人と、風変わりな客たちの触れ合いを描いた物語。このオーナー・暮林を滝沢秀明くんが演じるんですと!!


私のイメージからはかけ離れているんですけど…堂本光一くんの方がまだいいかなぁ~どうせならKinKi Kidsの2人で見たい気がしてきました( ̄▽ ̄;)ジャニーズの方々で一番演技派なのってヒガシだと思うので、ヒガシでも…イヤ、ちょっと年齢が…などとキャスティング妄想モード突入しましたので、このへんで(笑)



ネタがまとまらないのもありますが、今回この話をブログに残しておこうと思ったきっかけは『真夜中のパン屋さん』でした。登場人物のひとり、暮林さんと奥さんの出逢いを回想するシーンがあり、そこでおモーさまの『トーマの心臓』を思い出したのです。


「ぼくの翼じゃだめ?」……うう、私はユーリが大好きだからエーリク、君の気持ちがせつなすぎて泣いたよ…今でもあの場面を思うと涙がでる(ToT)


そこからアタマは羽根枕状態に(笑)おヒマでしたら、いましばらくお付き合い下さいませm(__)m


続きを読む

晴れの天気予報はなぜ外すのだろう~って思う日曜日の朝…曇りで雨が降りそう(泣)しかし、なんだかんだ言っても今週にはもう3月、早いですね。


昨日、休憩中楽しく『真夜中のパン屋さん』を読んでいましたら、スタッフから「なに読んでいるんですか?」と珍しく声をかけられました。が!!彼女は私とはまた違う宇宙に住む人で、私よりはるかに高次元の世界を構築されている若者(@_@)転勤していった妻帯者(子どももいる)に「ずっと好きでした」なんて手紙を渡したそうだ(奥さんも働いていたのだけれど)……わからん('~`;)


「真夜中…なんか夜中のピクニックとかなかったですか?」「真夜中のピクニックだね。それとは違うよ」「えっ!?そうなんですか~同じ真夜中なのに~(リアクションが大きいタイプ)」「作者も違うし内容も違うと思うよ」「え~そうなんですか~不思議~同じ真夜中なのに~」


私にはアナタの方が不思議だよ(((・・;)なぜ「真夜中」とつく本はみな同じシリーズだと思うのさ!?世の中には「愛」「私」「物語」とか同じ名詞のついた本がたくさんるのに、みんな仲間だと思っているのかしら(((・・;)


彼女は4月から幼稚園に就職が決まったそうですが、子どもたちに絵本を読み聞かせたりすることもあるでしょう~昔話は「太郎」やら「姫」「おじいさん」「おばあさん」であふれているのだが…ごちゃごちゃになるのかしら(--;)紙芝居とか二枚一緒に引き抜いて話が混乱するのでは?お顔は可愛らしいのになぁ。


「真夜中の…」といえば、歌のタイトルもたくさんあるんですね。ちょっとカチカチしてみたら「おおっ!!」(笑)忘れていた曲名もあり懐かしかった♪


「真夜中の定義って何時なんだろ?」と基本的なことはうやむやにしている私は、安全地帯の『真夜中すぎの恋』が大好きです(^-^)v


♪冷たい雨にうたれて~街をさまよったの~とか
♪雨が降る日は近くの駅までひとつの傘の中帰り道~とか…こんな思い出話もない残念なワタクシ、雨の日の仕事はイヤですね。昨日との気温差もありウプウプな気分ですわ(´д`)


パチ屋はただでさえタバコ臭いのですが、お客様サービスの一環(と思っているに違いない)でホール内にファ○リーズを設置。それもいろんな匂いが一ヶ所に置いてあります。♪おバカさんな若者が群がってさぁ大変('~`;)
~ぶしゅぶしゅ!!とお互いの服にかけている…ついでに床にも大量の飛沫が…恋人同士よろしく「ベタベタ」(~_~)


コレにビニ傘からの雫がプラスされて、とんでもないっすわ!!調香師の方なんか「憤死」決定だと思われます(T-T)


さて、昨日の本があまりにもだったので(--;)今日は♪パパンがパン!!の『真夜中のパン屋さん』を持ってきました!!←「クックロビン音頭」とはもちろん無関係(笑)真夜中と聞くと『真夜中の天使』にたどり着くワタクシですが(^.^)今日はほのぼのしたいと思います。


皆さまもこんなお天気ですが、ステキな『雨の物語』を綴る(正やんの歌は哀しいですが)1日をお過ごし下さいませ(*^^*)


↑このページのトップヘ