真珠

2016年06月05日

閑雲便りNo.7:海女の墓

伊勢・志摩サミットってスゴく前からいろいろ言われていたので、何日間もあるかと思っていたのに違いました……なんか恥ずかしいなぁ、自分……としばし落ち込んでいた時に「海女の墓」という言葉が入った俳句を知りました。


『松落葉吹きよせられて海女の墓』(森 婆羅)


作者は明治十年香川県生まれの俳人だそうです。「海女の墓」についてはコチラをお読み下さいませ。あの房前さまにこんな伝説があったのかと驚きました……といっても私が知っているのは『眉月の誓』という漫画と宝塚の舞台『たまゆらの記』に出てきた藤原氏一族のひとり、という認識なので史実はサッパリです(^^;)(;^^)


《志度寺 海女の墓》
http://www.geocities.jp/japanmystery4989/kagawa/sidoji.html

http://www.mikimoto-pearl-museum.co.jp/museum/blog_archive/archive0061.html



女性を働かせて貢がせる情夫を「ヒモ」、そのような情夫がいる女性を「ヒモ付き」と言いますよね。たぐっていくと男性がいるところからですが(一見、独り身と思われる女性に恋人や夫がいることを「紐が付いている」といい、元々は「貢がせる」といった意味は含まれていなかったそうです)この語源説のひとつに海女さんが関係していました。


海の中に潜って、息が続かなく限界になると腰に付けた紐を引いて船の上の男に合図し、男性はその合図で紐をたぐり寄せる。その間、男性は船の上で待っているだけなので、「ヒモ」というようになったと……いやいや、ただボーッと待っているだけってことはないでしょ! 操船や釣りとかもしていただろうし、信頼関係がそこにはあるのに~これは男性がお気の毒過ぎる~ρ(・・、) 



「ヒモ」を検索していたら関連語として「零号」がありました。妻子ある男性と恋愛感情だけで純粋に結ばれている女性のことだそうな。プラトニックラブってヤツですか?


《零号とは本妻(正妻)を一号、経済的に養って愛する女(妾)を二号と呼ぶことからきたもので、経済的な庇護を受けることなく、純粋に愛だけで妻子ある男性と結ばれている女性を意味する。1950年代、女性の経済的自立=経済的に男女対等な立場の妾を示す言葉でもあった零号だが、昭和末にはこうした呼び方はしなくなり、この意味では死語となっている。》


聞いたことがあるようなないような……昔は「愛人バンク」とかありましたね。週刊誌とかに「高級婦人とのお付き合い」とかあって、なんだそりゃ~?と思っていましたが、純粋な人の心を弄ぶようなことはやめてほしいですね。大竹しのぶさん主演で映画化の「後妻業」とかもコワイですけど………もしも私が大金持ちのジィさんだったらすぐ騙される自信があります!!



皆さまは清く正しく美しく……『真珠夫人』のようにお過ごし下さいませ(´∇`)






rohengram799 at 14:30コメント(8) 

2012年05月26日

あかね雲便りNo.30:しんじゅ

『夏山は目のくすり成(なる)しんじゆ哉(かな)』


昔は真珠を目に当てると眼病に効果ありと信じられていたらしい…なんとなく納得してしまう私ですが、この句では「新樹が目のくすり」だと言っています。真珠と新樹~そうきたか!!(笑)


新樹とは若葉におおわれた初夏の樹木のことだそうです。新緑より面積が大きいイメージで、甲斐の山々が浮かんできます。私も小さい頃は「目が良くなるから緑を見なさい」と言われました。遠くの方がいいらしいのですが、かなり近くに山があるので、遠くで見る山というと富士山!という感覚になってしまいます(((^^;)


今日は父の誕生日です。昨年同様、病院で迎えることになってしまいましたが、病室の窓からもさわやかな緑の山々が見えます。兄がお見舞いにいってくれていると思います。私はこちらで用事があり、帰れなくてちょっと残念(´д`)


『しんじゅ』と打ち込むと「真珠」「新樹」のほかに「神授」という漢字が出てきます。神さまから有形無形、いろんなものを授けていただいているのだと、空を見上げたり、足元の草花を見たりしながら思います。


純米大吟醸に『神授(かむさずけ)』という商品があるみたいですが(((・・;)神事にお酒はかかせませんね。このお酒を神社に奉納(献上?)すると「おたがいさまでございます。今後ともよろしくお願いいたします」に近い間柄になる……ことはないでしょうが(--;)神さまから授かり預からせていただいた自然の恵み、その中からうまれたものを「どうぞお受け取り下さいまし」という気持ちになりそうな商品名です。←あくまで個人的な感想ですから!お酒は飲めません(>_<)





rohengram799 at 15:47コメント(13) 

2010年12月09日

ひつじ雲便り329:エビに真珠

昨日もワイドショーはエビちゃんが主役でしたね。
オタ息子が「平和ボケにもほどがある」とあきれていましたが、その発言で思い出したことが…!
エビちゃん初主演映画は『出口のない海』人間魚雷「回天」の乗組員の話ではありませんでしたっけ!?

「回天(かいてん)」は、旧日本海軍の特攻兵器の一つで、人が乗り組み操縦できるよう、九三式三型魚雷(通称「酸素魚雷」)を改造した人間魚雷。炸薬量は1.55トンあり、一撃で戦艦でも撃沈できるとされました。的(てき)、〇六(マルロク)との別称もあります。

《天を回らし戦局を逆転させる》との意味を持つ「回天」は、必死必殺の救国兵器として考案されたもの…エビちゃん、キミはもちろん知っているよね。はぁ…(~_~;)

真珠湾攻撃の日に、キミの不祥事の話題がメインでした。世界情勢よりキミが目立ってました。エビちゃ~ん、本当の反省や謝罪ってなんだろう?

当時の若者が聞いたら、どう思うだろうね…。




rohengram799 at 15:15コメント(7) 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード