眠り

2020年02月04日

花春雲便りNo.2:けむりとねむり

昨日は立春。「春眠暁を覚えず」の時期にはまだ早い気がしますが、今朝は寝坊しそうになりました❗明け方、目が覚めてまだ外は暗いし〜と思い、モゾモゾと二度寝モードに入ったのが失敗でしたわ(; ̄ー ̄A



久しぶりにまどみちおさんの詩を読みました。「けむり」「ねむり」 平仮名で書くと仲間に思える〜リズミカルで面白いけれど、哲学的なところもあって、さすがまどさん!と思いました(*≧∀≦*)





「けむり」と「ねむり」


「けむり」と「ねむり」は
たにんのようで みうちのようで

「けむり」は かるい
「ねむり」は おもい

「けむり」は かるい
「ねむり」は おもい

「けむり」は ひげぼうぼう
「ねむり」は ずんべらぼう

「けむり」は ときたま ゆうびだが
「ねむり」は のべつ たわいがない

「けむり」は かぜに のって
そらへと のぼり
「ねむり」は ゆめに のって
ふかみへと おちていく

そして 「けむり」には
「いま」しかないが
「ねむり」には
あたらしい「あした」も

で 「けむり」と「ねむり」を
つなぎとめるのは
まあ 「むり」か



(まど・みちお詩集 「 ことばのうた 」より)



rohengram799 at 10:00|PermalinkComments(0)
記事検索
月別アーカイブ