知名度

2011年12月04日

第638号:地名の知名度

山梨から離れて暮らしている年月の方が多くなったワタクシですが、やはり郷土愛があるので、田舎がらみの話にはなんでも飛びつくおばちゃんです(笑)


今日、とある可愛い声優さんのブログで「甲府でイベントをする」という記事がありました。おお~わざわざ申し訳ない!!とわけのわからないことを思いながら、ファンの皆さまのコメントを読んでいました。「山梨は遠いな~」とか…。でも、コレは違うぞ!な書き込みが(゜□゜)


>いくいくー
って甲府って山梨県だっけ・・・・・・

むかし新幹線で行った覚えが。。。
そば食ったんだ確か。


あの…甲府は確かに山梨県ではありますが、その後の話は…長野県ではないでしょうか?間違えていますよ、多分…山梨県はリニアもまだですが、新幹線は走っておりませんの…!!


あと、千葉県には読みにくいというか読めなかった(--;)「匝瑳」という市があるのですが、結構歴史ある名前と場所らしいです。


昔むかしは、狭布佐(さふさ)と書かれていたそうな~!「狭」は美しい、「布佐」は麻の意で「美しい麻のとれる土地」であったことから「狭布佐(さふさ)」が転じ「匝瑳(そうさ)」になったと考えられるそうです。


漢和辞典によると「匝」は訓読みで「匝(めぐ)る」、一巡りして帰るという意味で、「瑳」は、訓読みで「瑳(あざ)やか」あるいは「瑳(みが)く」と読んで「あざやかで美しい」いう~なんて素晴らしい!!実際そんな場所なのかは、私はいったことがないので(実は成田山にもいったことがない)わかりませんが、ちょっと字のイメージとは違いました。読み方もですけど(((^_^;)


なぜか私はこの「匝瑳」という文字を見ると「養豚場」を思い出していました…理由はトンとわからないです( ̄▽ ̄;)




rohengram799 at 18:58|PermalinkComments(13)
記事検索
月別アーカイブ