礼儀

2018年08月08日

炎昼雲便りNo.21:礼儀

関東地方に台風が近づいているので、テレビでは八丈島、銚子やら大洗からの中継をしていますね。「安全に注意しています」とヘルメットにカッパ姿で大声で話す人たちを見ると「そこまでしなくてもいいです・・.・」な気持ちになります。



先月19日の読売新聞・ラジオ番組面に映像プロデューサーの吉川圭三さんの記事があったのですが、タイトルは「礼儀を忘れないプロの仕事を」でした。



・・・関西の友人が教えてくれたのだが、被災地で土砂除去などの支援活動を行っている最中、複数のテレビ局のクルーが突然来て「ちょっと、どいてくれる?」とさも当然のように作業を中断させ、その場所からどかしたという。・・・



なんでしょうね~自分たちが報道(と言っていいのか)するのは使命!だからジャマしないで!という態度に感じます。本当に必要な情報を正確に早くわかりやすく伝えて欲しいし、自分でも正しく必要な情報を得る努力をしないといけないですね。とにかく今はあらゆる面で情報があふれすぎて、自分に都合のいいことだけを見聞きしたくなるので、気をつけなくてはと思います。




話はかわりますが、眞子さまのフィアンセではない(^o^;)小室サンがNYに出発しましたね。騒動にやつれた感もなく、むしろお顔がまぁるくなっているように見えましたが・・・気のせい? 3年後、おふたりはどうなっているんでしょうね? 佳子さまが先にお嫁入りの可能性もあるのかしら? 皇室は、日本は、世界は、そして私はどうなっているのか?


どうぞよいゾロ目の1日を!





rohengram799 at 12:19|PermalinkComments(4)
記事検索