福笑い

2020年01月08日

献春雲便りNo.8:紙ふうせん

お正月を海外で……なんてことは、今生ではないと思うのですが、人様の旅行記を読むのは好きです✈️
こちらはポルトガルでの年越しのお話。街並みが美しい✨

https://m-tokuhain.arukikata.co.jp/hokuto/2020/01/post_66.html



お正月の昔ながらの遊びって見なくなったし、自分でもやらなくなったなぁ、と思いました。ウチの近所にも広い空き地があって、電線もなかったので、冬休み中は凧上げをしている親子の姿がありましたが、今はギッシリ戸建て住宅が……。家の中でも福笑いとか双六とかしないでしょうねぇ(^_^;)


懐かしい玩具といえば、紙ふうせん! 雑誌で見つけて駄菓子屋に売っていたなぁ、と思って買いたくなってしまいましたわ。 黒田三郎の詩も思い出しました。




「紙風船」 黒田三郎



落ちてきたら

今度は

もっと高く

もっともっと高く

何度でも打ち上げよう



美しい

願いごとのように





紙風船、いろんな種類があってビックリしました!

http://www.isonokamifusen.co.jp/03.htm


こちらが国内唯一の紙風船製作元🎈 新潟の会社です。

http://www.isonokamifusen.co.jp/index.htm




rohengram799 at 00:00|PermalinkComments(6)

2019年05月20日

景明雲便りNo.15:笑み曲ぐ(えみまぐ)

「えみまぐ」……笑顔を振りまく意味なのかと思っていたら、顔つきを崩して大いに笑い喜ぶ、という意味でした。もう、嬉しくてはじけちゃう!みたいな感じですかね〜? 笑いすぎて顔が曲がる、のか〜福笑いを連想するのと同時に、そこまで楽しいことって最近、あったかなぁ?と思いました。


能面に「咲面(えみめん)」ってありますが、こちらは老爺の爆笑したお面なんですが、なんだかこわい……!画像検索する時はご注意下さいませ(^o^;)



こちらは「笑い」に関する言葉の記事です。駅名とか知らなかった!

https://mainichi-kotoba.jp/kanji-250




「紫陽花や笑つてほしいから笑ふ」( 江渡華子)



どうぞ、皆さま、笑顔あふれる1週間になりますように ヾ(´ー`)ノ



rohengram799 at 10:20|PermalinkComments(2)
記事検索
月別アーカイブ