私たちの望むものは

2011年08月22日

ひつじ雲便り493:私たちの望むものは…

今日は涼しいというより寒いですね!!皆さま、お身体は大丈夫ですか?


さて、毎年毎年いろいろ言われながら続いている24時間テレビ、今年は節電と言っていたのでやらないと思っていました( ̄▽ ̄;)


だんだん目的がなんなのかわからなくなってきた私…マラソンもやはり意味がわからない。「絆」というならなぜ「駅伝」ではないのか、大病を患った人をなぜ走らせるのか…サポートが必要になるので形を変えた大名行列のような印象をもってしまいます。


24時間あればもっと違うことができるのでは?と内職の封入とかポスティング24時間したらかなり収入になりそう…などと考えてしまう!!


ダンナはドラマを見ていて「この役はお母さんの好きなツヨちゃんで見たかったな」と言っていました。私は台所にいたので、途切れ途切れにセリフだけ聞いていましたが…音にすると言葉がウソくさくて、本当に闘病している人やまわりの人々の気持ちが安っぽく感じられてムカムカしてしまいました…。


政治も混乱、私も混乱しながら岡林信康さんの歌がグルグルする雨の朝でございます。


♪私たちの望むものは
社会のための私ではなく
私たちの望むものは
私たちのための社会なの
だ…



rohengram799 at 08:23|PermalinkComments(26)
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ