箱根駅伝

2022年10月16日

醸成雲便りNo.8 : 秋〜誰もいない海 

こんばんは🥸 昨日は箱根駅伝の予選会でしたね。来年の箱根、兄と息子たちの出身校、そして無事に(笑)山梨学院も出場が決まって父が生きていたら「息子と孫たちの母校が箱根駅伝に!」なんて初めてのことなので(私の記憶では)きっと喜んだだろうなぁ、と思いました。


❖      ❖      ❖      ❖     



『海鳴り』  高良留美子(*)


ふたつの乳房に
静かに漲ってくるものがあるとき
わたしは遠くに
かすかな海鳴りの音を聴く。

月の力に引き寄せられて
地球の裏側から満ちてくる海
その繰り返す波に
わたしの砂地は洗われつづける。

そうやって いつまでも
わたしは待つ
夫や子どもたちが駈けてきて
世界の夢の渚で遊ぶのを。




「漲る(みなぎる)」はあふれるほどいっぱいになること。「滾る(たぎる)」は盛んにわきおこること。似ているようでやっぱり違うわ、とこの詩を読んで思いました。そして「海鳴り」の意味もあらためて調べてみました。詩的というより怖さがあるものだったಠ⁠︵⁠ಠ

海から聞こえてくる遠雷のような音。台風や津波などによって生じた大波が海岸近くで崩れ、巻き込まれた空気が圧迫噴出して起こる。海鳴(かいめい)。

「潮鳴り(しおなり)」は、遠くから聞こえる打ち寄せる波の音でこちらの方が秋の海っぽいなと思ったり。
「秋濤(しゅうとう)」という季語もありました。土用波や台風がもたらす高波もあるが、寂しい秋の浜辺に寄す比較的穏やかな波。

海は広いな、大きいなぁ〜と、海に関する言葉をひとつ知るたびに思います。


そうそう、青凪(あおなぎ)というリゾートホテル?があるらしいのてすが、人名では「はるな」と読むことも出来るようです。ふむ……じゃあ「青春」と書いてアオハルではなくハルハルもアリ?……パンダちゃんの名前みたい!とまたアホなことを思ってひとりニタニタとしてしまうワタクシでした。


皆さま、今週も「ご安全に」!⛑️
    



(*)"圧巻! 女4代の歴史35年かけ刻む 発掘続けた高良留美子さん | 47NEWS" https://nordot.app/859121845153579008?c=39546741839462401



rohengram799 at 20:10コメント(6) 

2022年01月04日

麗春雲便りNo.3:2021年の本棚 📚

朝から小笠原諸島の地震に驚きましたが、今日から平常運転(?)でブログを書いていきたいと思います。またよろしくお願いいたします。

先に先月読んだ本の記事をupしましたが、銀英伝22巻の画像がまだ出ていなかった! キラキラ✨のカイザーの表紙をどうぞ!
https://search.yahoo.co.jp/amp/s/books.shueisha.co.jp/items/contents_amp.html%3Fisbn%3D978-4-08-892174-7%26usqp%3Dmq331AQIKAGwASCAAgM%253D


コチラは2021年読んだ本のまとめです。漫画や雑誌等をのぞけば、実際読んだ小説は300あるかないかでは?と思います。途中でやめたのもあるし、ナイスとかほとんど意味のない数字 (;´∀`)

去年に読んだ本一覧はこちら→ https://bookmeter.com/users/718307/summary/yearly

*****

今年の箱根駅伝、中継がひどかったですね。アナウンサーの喋りもカメラも「何いってんの?」「どこ映してンの?」が多かった……沿道にも人がたくさんいましたし (´д`)

*****

元日の読売新聞にあった「新春詠」、黒瀬珂瀾(くろせ からん)さんの短歌にムフ!となりました。まさか新年から水柱!(鬼滅の刃を知らない方にはわからないですね、すみません)

刎頸の友ほど明(あか)き月光の凪(なぎ)に立つべし冨岡義勇


黒瀬さんは僧侶なんですね。
https://search.yahoo.co.jp/amp/s/www.tokyo-np.co.jp/amp/article/146634%3Fusqp%3Dmq331AQIKAGwASCAAgM%253D

https://bungeishunju.com/n/n4b0cf0cb5d31

*****

年末からあちこちの投稿サイトでいろんな作品を見たり読んだり……でありました。面白いものは気がつかないだけで、たくさんまわりにあるのだと思います。皆さまが発見したオモローなあれこれも教えていただけると嬉しいです(*´∀`)

ではでは、今月もマイペースで更新していきますが、よろしければまたお付き合い下さいませ。どうぞよろしくお願いいたします!




rohengram799 at 09:50コメント(2) 

2020年01月02日

献春雲便りNo.3:お取り巻き (ФωФ)

年が明けて2日目……昨年のお正月よりまた「普通の日」っぽさが増しているような気がします。


毎年楽しみだった箱根駅伝も山梨学院が出場しないので、気持ちが入らないまま終わってしまいそうです。



さてさて……スピリチュアル系のブログ記事は読んでいると混乱してしまうので(^o^;) 写真や画像だけを眺めては楽しんでいる私です。こちらの富士山の写真はやはり美しいとニンマリしたワタクシです(*´∀`)♪ 実家からはこういう光景は見られないので……というか、初日の出の時間はいつも寝ていましたわ。

https://ameblo.jp/mizunotunagari3776/entry-12563821602.html



そして、この前見つけたなんとも微笑ましい川柳をどうぞ(ФωФ)


ふるさとの母には猫のお取り巻き (内田真理子)


最初、お取り巻きが襟巻きに思えて、キツネの襟巻きならぬ猫の襟巻き! 身体が柔らかい猫だからノビール! よく首になじむ!などと、アホなことを考えてしまいました……(; ̄ー ̄A


いろんな種類の猫に囲まれたお母さんが浮かぶ〜とっても幸せそうな映像が見えます(笑) いいなぁ、猫のお取り巻き!


あ、今夜見る夢が初夢でしょうか? それとも今朝起きた時に記憶しているものが初夢? 調べたら元日の夜に見る夢が初夢でした……私はもう記憶にございません……orz



皆さま、初夢でなくてもたくさんステキな夢を見られますように ヾ(´ー`)ノ



rohengram799 at 17:00コメント(2) 

2019年01月03日

萌月雲便りNo.5:三日とろろ

箱根駅伝を見ながら、今日から営業するスーパーのチラシをガサガサと広げたら「三日とろろ」の文字が。「三日とろろ」というと、円谷幸吉の遺書を思い出してしまった。箱根駅伝を走る若者たちに「死にたくなるまで走らなくていいから!」と声をかけたくなったおやぢの正月三日目でした。




【遺書の全文】

父上様母上様 三日とろろ美味しうございました。干し柿 もちも美味しうございました。
敏雄兄姉上様 おすし美味しうございました。
勝美兄姉上様 ブドウ酒 リンゴ美味しうございました。
巌兄姉上様 しそめし 南ばんづけ美味しうございました。
喜久造兄姉上様 ブドウ液 養命酒美味しうございました。又いつも洗濯ありがとうございました。
幸造兄姉上様 往復車に便乗さして戴き有難とうございました。モンゴいか美味しうございました。
正男兄姉上様お気を煩わして大変申し訳ありませんでした。
幸雄君、秀雄君、幹雄君、敏子ちゃん、ひで子ちゃん、
良介君、敬久君、みよ子ちゃん、ゆき江ちゃん、
光江ちゃん、彰君、芳幸君、恵子ちゃん、
幸栄君、裕ちゃん、キーちゃん、正嗣君、
立派な人になってください。
父上様母上様 幸吉は、もうすっかり疲れ切ってしまって走れません。
何卒 お許し下さい。
気が休まる事なく御苦労、御心配をお掛け致し申し訳ありません。
幸吉は父母上様の側で暮しとうございました。




追記:
熊本で震度6弱の地震発生のニュース速報が。夜の地震は怖いです。気温も下がってくるし。被害が最小限でありますように。皆さま、お気をつけ下さい。


rohengram799 at 15:27コメント(2) 

2017年12月24日

暮歳雲便りNo.22:オランダへようこそ!

もう学校は冬休みなんですね~うらやましい! 私は昨日の退勤間際にようやくシフトを手に入れましたわ。大晦日は休みをもらえたけれど、元旦と2日は出勤。来年、箱根駅伝の復路中継だけは見られる、ということですな。まぁ、ヨシとしますかねぇ・・・。


天皇陛下に退位に伴い、10連休とか話が出ていますが「みんなが休めると思うなよ!」ですわ。子どもたちは嬉しいかもしれないけれど。私だったらもう学校には行きたくなくなるなぁ。



年末年始、連ドラの最終回が続きますね。今夜はダンナさんが見ている『陸王』が最終回。コチラは小説が原作ですが、マンガが連載中の『コウノドリ』も最終回でした。マンガと違うのは当たり前なんだけど、その中で【オランダへようこそ】という詩が出てきました。ドラマオリジナルなのかな、と思っていましたが、検索したらいくつも出てきました。


http://www.geocities.co.jp/NeverLand-Mirai/9569/holland.html


『コウノドリ』を見ていると、いろんなことを考えます。赤ちゃんの存在って本当に大きいですね。子どもたちだけでなく、どの世代も安心、安全に暮らせる社会であって欲しいです。





作家の葉室麟(はむろ・りん)さんが66歳で鬼籍の人に・・・ウソでしょ?と思っだけれど、本当だった。好きな作家さんのひとりなのに。作品は残るけれど、新しい作品を読むことが出来ないのが残念。ご本人もたくさん書きたいことがあったのではないかと。合掌。




rohengram799 at 15:40コメント(6) 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ