素意

2014年01月11日

にじ雲便りNo.10:前略、 夢の道より

昨晩もお風呂読書をするつもりだったのに、ダンナに本を取り上げられてしまいましたρ(・・、)バブも用意して準備万端だったのに…! バブといえば入浴剤ですが、今はいろんなのがありますね。パッケージだけ萌え系イラストの「入浴彼氏」やら「入浴彼女」やら……間違えて「お風呂彼氏」で検索してしまったら「彼氏が一緒にお風呂に入ろうって言うんです」みたいな記事ばかり出てきて焦りましたわ(;^_^A 「浴場彼女」でも危険ですが(違うヨクジョウの文字もありますからね!)検索はしてないですよ(゜゜;)\(--;)


お風呂では読めなかった星新一さんの『ブランコのむこうで』を読み終わりました。ある日学校の帰り道に、「もうひとりのぼく」に出会った主人公。鏡のむこうから抜け出てきたようなそっくりな顔!双子じゃないはずなのに…目に見えない糸で引っぱられるように男の子のあとをつけていくと、その子は長いこと歩いたあげく知らない家に入っていく。続いて中に入ろうとしたら……なんか知らない不思議な世界。亡くなったおじいちゃんがいて、話を聞いたらパパの夢の中だって!


そこから彼はあることをキッカケにして、いろんな人の夢を旅します。大人にはちょっと中だるみ的な感じがするかもしれないのですが「8.道」とそれに続く「9.赤ちゃんたち」はとてもよかったです。彫刻をすることに生涯を費やしてきた老人の話は大人に(『老人と海』の老人はライオンの夢をみますね)、「赤ちゃんたち」はこれからを生きる子どもたちにぜひ読んでもらいたいです。薄い本なので、本当に1日あったら読めちゃいます。新潮文庫のカバーイラストが可愛くて買ってしまいましたが、もとは『だれも知らない国で』という作品名でずいぶん前に発行されていました。星新一さんの公式サイトに、この本のことが書いてあります。


http://www.hoshishinichi.net/greeting/20080311.html


夢の中に潜入の話というと、くじら雲便りNo.28:ドリーム・ラッシュ(^_^;)?に書いた『夢のカルテ』がありますが、この話よりずっとファンタスティック♪です(´∇`)


今日のタイトルは、そう!あの一斉風靡セピアの『前略、道の上より』からですが(若い方は知らないかも)「ソイヤ、ソイヤ」という掛け声(?)がありますよね。これは漢字で【素意】と書いて「前々から抱いている考え・願い」という意味なんだそうです。知らなかった!調べてよかった(^o^)v 決意表明的な歌だと思うとまた、味わい深い歌詞でありますね。


明後日は《成人の日》、明日、成人式のところも多いと思いますが「素意や!素意や!!」を他人に迷惑をかけない形でアピールして、自分の道をつくっていって欲しいです。


*オマケ*

サモア語で「ソイヤ!」は「やめて!」という意味らしい……あの歌はソイヤ!を連発しているのですが、聞く人によっては「ヤメテ!ヤメテ!!ヤメテ!!!」になるのかと思うと……やめてっ(/´△`\)





rohengram799 at 21:12コメント(12) 
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード