終戦のエンペラー

2013年08月22日

入道雲便りNo.25:シモフリの記憶

今日はダンナと『終戦のエンペラー』を見に行ってきました。チラシを読んでずっと楽しみにしていたのに……なんだよ(`Δ´)とちょっとお怒りモードになってしまいました。日米間の恋愛は大変だったのよ~としたかったのかもしれないけれどかえってへんな話になって中途半端!終戦直後の日本の様子を丁寧に描いているわけでもなく…亡くなられた夏八木勲さんの演技は良かったですが、物語全体としてはガッカリでした。


お話は変わりますが、新聞の新刊広告に『移された顔』というのがありました。「他人の顔を移植されたら、心は「自分」のままでいられるのだろうか?……交通事故によって脳死となった親友の顔が、大火傷を負った私の顔に移された。彼女の家族は、恋人は、私の親は、そして私は、これまでと同じように、暮らしていけるだろうか?」


移植された臓器が記憶を持っているという話はいくつか読んだことがあるのですが「顔移植」の場合も記憶は残っているのかしら?などと考えてしまいました。生前キライな人に会ったら顔がひきつるとか…でもそんなことより全く見知らぬ人の顔ではなく親友の顔になるなんてどんな気持ちなんでしょうか……自分で望んで整形するのと違いますからね。まわりの人たちの困惑も想像すると恐い(-_-)
小さい頃は「毎日好きな顔に変えて学校に行きたい!」と思っていましたが、実際そう出来たらどうなんでしょ~怪人二十面相になれるか←(゜゜;)\(--;)


記憶についての小説では以前読んだ北野勇作さんの『かめくん』が好きなのですが(亀記憶と書いてカメモリー!)私自身に記憶保存機能があるとしたらどのくらいの容量があるのかなぁ~身体に脂肪がたっぷりなので霜降り肉みたいな状態でメモリーされている気がしてきました(~_~)





rohengram799 at 23:20|PermalinkComments(11)
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ