脳出血

2011年04月19日

第462号:あずさ3号

本日子ども2人と山梨に日帰りできています。あずさ2号ではなく3号に乗車しました。夕方になるにつれて寒いです~(>_<)


『仕事よりいのちおもへと春の山』(飯田龍太) 


父が10日に脳出血で倒れ、甲府の病院に入院中でそのお見舞いが目的です。


私がちょうど具合の悪い時期…本当は11、12日に帰ろうと思っていたのですが寝込みまして…体調がそこそこよくなり、家に電話したのが15日。その時はじめて聞きました……うーん、兄には連絡したらしいのですが、いつも私のところにはこない(ToT)退院したあと報告があったり、前は電話したら2人とも入院中だったし…。


父の容態ですが、右半身は麻痺で左の機能も…な状態。言葉も理解しているかは正直わからないです。だから私や孫だとわかったかどうかも…。


脳外部長は、中条静夫みたいなかんじの人でした。あんまり説明に熱心でないというのか、話のしようがないのかな、みたいな印象を受けました。


今後できるだけ父の様子や、一人で店をあけている母の様子を見に帰ろうと考えています。仕事日数も今月から減ったので、時間は前よりつくりやすいかも。


甲府もさびれたなぁと思いましたね。もう何年も甲府で下車することはありませんでしたが、なんか昔のイメージしかないから、なんだかなぁ…ではありますが、それでも!!桜が咲き、桃の花も咲き、菜の花も咲き、四方の山々を見て「ああ、田舎の自然はいいな、故郷はいいな~」とあらためて思いました。


被災者の方々も早く、自分の故郷に帰りたいだろうなぁ…と痛感しました。


現在、こんな状況ですので皆さまへのお返事が遅れています。申し訳ありません。皆さまも体調にお気をつけ下さいませ。



rohengram799 at 17:39コメント(20) 
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード