脳科学

2013年02月10日

くじら雲便りNo.41:「みかん」の言い訳

今夜は新月でしたが、星が美しく…寒い帰り道もなんとなく足取りが軽くなりました。通勤時は横断歩道にお菓子のかけらでもたくさんあったのか、カラスにスズメが2羽ずつツンツンしていました。車が来ても動じないカラス様はさすが!!と思いました(笑)また途中で「ツバキがたくさん咲いている!!」と思った場所がありました。しかし、よく見たらサザンカでした~「ツバキも種類が多いから仕方ないよね」なんて誰に言うでもなく言い訳してしまうワタクシ(((^_^;)


言い訳といいますと、ダンナが買ってきたマンガにこんな話が載っていました。小1の時の算数の先生がとても怖くて教科書を忘れた理由を「お母さんが足し算ができないので勉強したいって…私の教科書持っていっちゃって…」と言ったところ、なんと!「…仕方ないですね」と納得されたそうな(((・・;)


怒られなかったのは良かったですが、中学や高校の数学ならまだしも、小学校1年生レベルの算数、それも“足し算が出来ない”なんて~クラスのみんなが聞いていたはずなので、この子のお母さん、授業参観の時とか恥ずかしい思いをしなかったのかしら?なんて思っちゃいました!!ちゃんと言い訳だって理解した子の方が多いかしら?('~`;)


言い訳しても結局バレることが多いのに、なんか取り繕ってしまうんですね。「彼氏の就職内定が取り消されては大変!」と“ひき逃げしたのは私”と身代わりに出頭した彼女がいたというニュースを見ましたが…コレはコレでまた…バカップル大学生(-_-;)


そうそう、バカなのかユーモアなのかわかりませんが、脳研究者の池谷裕二さんという方のこんな話が新聞に載っていました。


ゴールが見えない――脳研究をしているとそう感じます。(略)つまり、科学が永遠に未完成な営みであるという事実こそが、私が科学に魅せられる理由なのかも―と、ツラツラと考えたと、研究室の学生に話したら、「へえ、科学は蜜柑星からやってきたんですか?」と想定外の返事。「こりん星」の仲間とでも思っているのでしょうか。


そしてシメの言葉は『悩みがないって素晴らしい。』……同感(´Д`)




rohengram799 at 23:55コメント(9) 
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード