芥川龍之介

2022年08月31日

夕菅雲便りNo.15:しないしないナツ〜ナツイロの詰め合わせ

♪Return to myself 自分らしい恋をそう 見つけたの Return to myself 心染めなおし しない しない夏


「Return to Myself」は「自分を取り戻す」「本来の自分に戻る」という意味〜今年の8月も終わりますね。ごちゃごちゃしたメモを整理していたら、お坊様にお経をあげていただいた時にお茶を出そうと思い「何がいいですか? 珈琲とか炭酸とか」とお訊きしたら「出されたものは何でも感謝していただきます、好き嫌いはしません」と返されたという話が。「好き嫌いはありません」と「好き嫌いはしません」……要求をすることはなく有り難くいただく、また相手を思いながら心を込めて差し上げる……ここでいい話だなぁ、で終わらず、浜田麻里さんの歌を思い出すのがワタクシなのでした(笑) 昔は化粧品のCMソングがたくさんヒットしましたよねぇ。

【Return to Myself 〜しない、しない、ナツ。〜】
https://www.uta-net.com/movie/4840/


フランス語に「rire jaune」(苦笑する)という黄色を使った言葉があるそうで、英語の「out of the blue」(青の中から〜予期せぬ何かが突然起こること、なんの前触れもない)も知り、色の表現が面白い!と同時にゆずのこの歌が脳内再生されたりする( ・ ᗜ ・ )

【夏色】
https://www.uta-net.com/movie/10469/


以下、ナツイロっぽさはないですが、詰め合わせ🏖️

◆トミカ日産NV400救急車 静岡県立総合病院
企業ではなく病院コラボ(?)のトミカは珍しくないですか?!
http://blog.livedoor.jp/nakadima548/archives/52006604.html

◆ウニの殻 偉大なる母の贈り物でしょうか✨
http://ashibee.net/uniuni.html

◆友だちの唄
♪どうせ叶わぬ恋ならば 私 女の子をやめてもいいわ
はじめて聞いたのだけれど、最初の歌詞からヒャー!となりました。なんて一途でせつないのか。倉橋ヨエコさん、他の歌も聴いてみたいです。
https://www.uta-net.com/movie/189151/

◆放屁師
以前、オナラを売る兄弟のフランスの話を紹介しましたが(a)放屁師という職業が存在したのがスゴい!
https://web.kawade.co.jp/bunko/38449/

『続野人生計事』(b)に芥川龍之介が

アンドレエフに百姓が鼻糞をほじる描写がある。フランスに婆さんが小便をする描写がある。しかし屁をする描写のある小説にはまだ一度も出あつたことはない。

と書いていますが、今なら読み放題?! こちらの本も読んでみたいです(‾.‾“)
我が尻よ、高らかに謳え、愛の唄を (河出文庫) >> https://bookmeter.com/books/19570122

◆NSFW 【Not Safe For Work】
職場閲覧注意という意味なんだそうですね。仕事中に爆笑、号泣、エロいモノを見てはいけません〜ちゃんと働きましょう!


どこがナツイロという8月最後の記事になりましたが、今月もお付き合いいただき、ありがとうございましたm(_ _)m まだまだ妄想の旅は続きますので(笑)またよろしければお付き合い下さると嬉しいです。

来月もどうぞ「ご安全に!!」🍁



(a)https://pictbook.info/ehon-list/isbn-9784907542351/

(b)https://www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/3744_27360.html



rohengram799 at 10:05コメント(4) 

2022年06月08日

花香美雲便りNo.4:ゴルゴン

今日も曇り空で気温は上がらなそうです。関東も梅雨入りしましたし、これからはこんな天気が続くんだろうなぁ。

オスカーには古英語で「神の槍」というのがあるらしい……という話を聞き、ほ~!!となったワタクシ、なんとなく神話系の幻想的な話のタニス・リーの短編集を読んでいるところです。

【ゴルゴン 幻獣夜話】
http://kimyo.blog50.fc2.com/blog-entry-1370.html

タニス・リー作品は「銀色の恋人」しか読んだことがないのですが、日本人が好きな雰囲気の話を書く人という印象があります。訳している人がうまいんだと思いますが。この本は挿し絵も素敵✨ 加藤俊章さんという方でした。


さてさて、ナンチャッテ様からコメントで教えていただいた記事(※)を読んで、以前NHKの「ようこそ先輩」という番組に林真理子さんが出演された時に物語の続きを書いてみよう~という授業をしていたのを思い出しました。何もないところから書き始めるよりこういうモトになるものがあった方が発想が広がって書きやすいだろうし。
https://ameblo.jp/1952-nisi/entry-11799945926.html


「蜘蛛の糸」をリライトした作品をnoteで読みましたが、これもまた素晴らしいなと思いました。
https://note.com/a133540/n/n42153ce1b66d?magazine_key=mcf3f269448


週の半ばの水曜日、皆さま、どうぞよい1日を(*´ω`*)



(※)https://togetter.com/li/1895778




rohengram799 at 10:00コメント(8) 

2022年02月16日

かたゆき雲便りNo.12:東京拘置所のそばで

「死刑囚表現展」の記事を読んだ時に「そば会」のことを知りました。死刑囚が描いた作品、紡いだ言葉など高く評価されることもありますが、芥川龍之介の『地獄変』のように描くことへの執着のようなものから犯した罪と(だから許されるわけはない)罪人になってから生み出されたもの……理不尽に命を奪われた人たちはもう何も造り出せないのに……といろいろ考えてしまいます。


【死刑囚表現展2021】
https://www.ben54.jp/news/6

【極限芸術 死刑囚は描く】
https://seikosha.stores.jp/items/5818970e9821cc474e0019dd

【東京拘置所のそばで死刑について考える会】
http://sobanokai.my.coocan.jp/index.html

【地獄変 あらすじ 】
https://bungakubu.com/akutagawa-jigokuhen/

私は池上遼一さんの漫画で読みました。

https://ddnavi.com/book/4091186408/


小学生の頃『ガキ刑事』を読んでいてこまわりくんが「死刑!」ってよく言っていたけれど、特に疑問に思わず笑っていた自分がこわい……。

http://www.one-after090.com/article/443062149.html


【追記】
『刑務官が明かす死刑の話】
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/90722?page=1&imp=0


rohengram799 at 14:25コメント(0) 

2022年01月13日

麗春雲便りNo.12:ブタとトラの木曜日

「てんそく」と打ち込んだら、予測変換で「豚足」が……🐽

「てんそく」というと一番最初に浮かぶのはやはり「纏足」。でも私が知りたかったのはお天気の方の霑足。降り足りた雨。「霑雨」「足雨」などとも。「霑」は、うるおう、恩恵を施す、という意味だそうです。「沾」だけでうるおう、うるおす、ぬれる、利益、恩恵を受けるという意味がありました。コレに雨冠ですから、スゴい漢字だわ……「たぷたぷ」とか「なみなみ」とか言いたくなる(笑)

明日の金曜ロードショーは『紅の豚』らしいですね。タイトルしか知らないけど💦

*****

今年の干支は「寅」🐯 『おどりトラ』という絵本の紹介記事を新聞で読みました。絵の迫力がいい!

https://www.fukuinkan.co.jp/book/?id=2205

青空文庫では久米正雄の『虎』を読みました。ちょっとせつない役者の話 ρ(・・、)

https://www.aozora.gr.jp/cards/001151/files/51291_56910.html

芥川龍之介の『虎の話』の父子はほほえましい寝かしつけの短い話。
https://www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/168_13453.html

岡本綺堂によるあさましい人間たちの、めでたくない虎の話。
https://www.aozora.gr.jp/cards/000082/files/45489_23369.html

*****

虎姫駅、虎姫神社があるのですね。知らなかったです。

https://www.biwako-visitors.jp/staff/blog/detail/2022tora/

https://www.nagazine.jp/tora/

私とトラの思い出は………小さい頃、刀剣が収められた金庫(大きさは更衣室のロッカーを連想していただければ)にベッタリと阪神のトラと反対側に吠えている、直径10センチくらいのシールを貼り付けて、父に怒られたことでしょうかねぇ (; ̄ー ̄A

*****

ブタノマンジュウとも言われるシクラメン、種が採れることもあるそうです。鉢植えをそのまま放置した記憶しかない私には驚きでした。

https://www.toho-u.ac.jp/sci/bio/column/0814.html




rohengram799 at 16:05コメント(2) 

2021年01月14日

初空雲便りNo.12:さるかに合戦

青空文庫で『母性愛の蟹』という話を読みました。蟹🦀を擬人化した子育ての話なのかしら?とタイトルから想像したのですが違いました。前半を飛ばして後半を読むと「これも母性愛なのか?」と思いますが、ああ、そういう意味なのね、と。


https://www.aozora.gr.jp/cards/001569/files/57276_58833.html



蟹🦀といえば、昔話の『さるかに合戦』! 私の一番古い読書の記憶はこの絵本だったように思います。現代風の絵柄にカニに助太刀したメンバーも変わった絵本もありますが、昔ながらの昭和チックな本も電子書籍で復活していました。


昔話というと♪桃太郎さん 桃太郎さん とか ♪昔
昔 浦島は〜 とか定番の歌がありますが、さるかに合戦にはない…という話をどこかで読みました。たしかに(ってカニに掛けたワケではない)!

♪はやく芽を出せ 柿のタネ 〜

コレしか思い浮かばない! キャラが弱いのか、勧善懲悪さが足りないのか……と思っていたら芥川龍之介が後日談のようなものを書いていました。

https://www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/140_15196.html


なんとなくカニに感情移入出来なかった理由はコレか………!? 最後の一文にザワザワ……!




今日はあたたかくなりそうですね。楽しい1日になりますように♪(o・ω・)ノ))



rohengram799 at 08:00コメント(0) 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ