花は花なり

2012年09月05日

あかね雲便りNo.139:花は花なり~特攻花

『特攻花と呼ばれし黄花咲きそめてためらいながら八月が来る』


作者の名前を失念してしまい、申し訳ないのですが…「特攻花」という言葉をはじめて聞きました。サイトで調べてみるとこの「特攻花」という言葉についてたくさんの記事がありました。私が読んだ中で一番まとまっていてたくさんの情報があると思ったのがこちらです。


http://washimo-web.jp/Report/Mag-TokkouBana.htm


私もですが、ドラマや小説、マンガなどの影響で実際の出来事をはるかに美化したり、自分の都合にあわせて、当時の人たちの心情をつくりかえてしまったり…。その最中にいた人たちも、立場により「真実」「事実」をすべて語ることが出来たとは限らないですが……。


残された人間は、何を見ても何を聞いても亡き人たちの形見ではないかと考えてしまいます。その想いを託された花たちは、そんなことを知ることもなく…ただ花として人を喜ばせるためだけに咲くのでしょうか。


『花は花なり』は真矢みきちゃんが宝塚花組のトップお披露目公演のタイトルですが、しっくりした言葉だったので今回使わせてもらいました。


花は花なり…皆さま、今日も自分らしくステキな花を咲かせましょうか(*^^*)




rohengram799 at 10:15コメント(15)トラックバック(0) 
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード