空のお城通信~オスカー戯言日記~

空のお城へようこそ゚+(人・∀・*)+。♪ 自分の好きなこと、興味のあることを書いています。

タグ:茨木のり子

今日の読売新聞の「くらし」(家庭)面にお屠蘇の話が載っていました。昨年末、薬局に正月用のお屠蘇を作るため、薬局に「屠蘇散」を買いに行った投稿者。


【「屠蘇散はありますか?」と尋ねると、「トソさんという名前の人はいませんよ」との返事。どうやら人の名前だと思ったようだ。】


お屠蘇を作るためのものだと説明したけれど、扱っていなかったので、みりんなどの調味料売り場にあるかも、とスーパーに向かうも見つからず。次にドラッグストアに行ってみる。独特の匂いますがしたので、あるはず!と思い、店員にきくと「置いていない」との返事。ところが


【帰り際にレジの横を通ると、「屠蘇散あります」という貼り紙があるではないか。】


投稿者は長野にお住まいの71歳の方。実は私もスーパーで「お屠蘇」と書かれたものを見て(´・ω・`)?と思っていました。お屠蘇って日本酒ではないの?と。検索したら

『現代ではお屠蘇を飲むというと、単に日本酒を飲むことを指す場合もありますが、本来、お屠蘇とは「屠蘇散(とそさん)」または「屠蘇延命散」と呼ばれる5~10種類の材料を配合したようなものを漬け込んだお酒のことで、唐の時代の中国より伝えられ、平安貴族の正月行事に使われていたそうです。』


とあって、恥ずかしいわぁ、となりました。

https://www.oisix.com/shop.osechi--cont-otoso__html.htm


「○○散」というと「龍角散」しか思い浮かばない私……散は散薬・散剤の略なんでしょうね。お薬のカタチ、いろいろも読んでみましたわ。

https://www.nicho.co.jp/column/20436/



今日は風の強い1日になりそうです。皆さま、どうぞご自愛下さいませ。


【追記】
茨木のり子さんの『さゆ』という詩も時代を感じます。

https://search.yahoo.co.jp/amp/s/gamp.ameblo.jp/hanateiyo-yo/entry-11602077746.html%3Fusqp%3Dmq331AQOKAGYAd3igLyj6v3PmQE%253D

『花ゲリラ』  茨木のり子



あの時 あなたは こうおっしゃった
なつかしく友人の昔の言葉を取り出してみる
私を調整してくれた大切な一言でした
そんなこと言ったかしら ひゃ 忘れた

あなたが 或る日或る時 そう言ったの
知人の一人が好きな指輪でも摘みあげるように
ひらり取り出すが 今度はこちらが覚えていない
そんな気障(きざ)なこと言ったかしら

それぞれが捉えた餌を枝にひっかけ
ポカンと忘れた百舌(もず)である
思うに 言葉の保管所は
お互いがお互いに他人のこころのなか

だからこそ
生きられる
千年前の恋唄も 七百年前の物語も
遠い国の 遠い日の 罪人の呟きさえも

どこかに花ゲリラでもいるのか
ポケットに種(たね)しのばせて何食わぬ顔
あちらでパラリ こちらでリラパー
へんなところに異種の花 咲かせる






📣昨日は祖父の命日でした。(19日は父の命日。)この日が過ぎると、秋の気配を強く意識します。お寺に咲いていた百日紅は濃いピンクでしたが、白い百日紅もあるのだと数年前に知りました。

https://search.yahoo.co.jp/amp/s/gamp.ameblo.jp/turishi-04/entry-12183333875.html%3Fusqp%3Dmq331AQQKAFwAZgBuervsrGh4IjLAQ%253D%253D


📣pixivのイラストに祖父を連想させる作品がありました。似たようなポーズで温泉宿でくつろぐ祖父の写真を飾っています😄

https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=75930811



📣残暑復活!の月末になるとか……昨晩は早寝して夜中におきてガサゴソして、また寝て……のヘンな睡眠時間になってしまった(;・ε・ ) 皆さまもお身体に気をつけて下さいませ。




image

今日の読売新聞の全面広告、アインシュタインのように 舌を出した樹木希林さんが Σ(・ω・ノ)ノ 朝日新聞は内田裕也さんやモックンたちとの家族写真だそう。うーん、朝日の方が見たかったかも。


https://search.yahoo.co.jp/amp/s/prtimes.jp/main/html/rd/amp/p/000000758.000005069.html%3Fusqp%3Dmq331AQECAEoAQ%253D%253D




茨木のり子さんの詩集『倚りかからず』に地球をテーマにした作品があります。最後の言葉がなんとなく、せつなくかなしく響きました。




 『水の星』   茨木 のり子


宇宙の漆黒の闇のなかを
ひっそりまわる水の星
まわりには仲間もなく親戚もなく
まるで孤独な星なんだ

生まれてこのかた
なにに一番驚いたかと言えば
水一滴もこぼさずに廻る地球を
外からパチリと写した一枚の写真

こういうところに棲んでいましたか
これを見なかった昔のひととは
線引きできるほどの意識の差が出てくる筈なのに
みんなわりあいぼんやりとしている

太陽からの距離がほどほどで
それで水がたっぷりと渦まくのであるらしい
中は火の玉だっていうのに
ありえない不思議 蒼い星

すさまじい洪水の記憶が残り
ノアの箱舟の伝説が生まれたのだろうけれど
善良な者たちだけが選ばれて積まれた船であったのに
子子孫孫のていたらくを見れば この言い伝えもいたって怪しい

軌道を逸れることもなく いまだ死の星にもならず
いのちの豊饒を抱えながら
どこかさびしげな 水の星
極小の一分子でもある人間が ゆえなくさびしいのもあたりまえで

あたりまえすぎることは言わないほうがいいのでしょう

樹木希林さんの訃報をワイドショーが取り上げた時に、必ずといっていいほどあの「ゼクシィ」のコマーシャルが流れていましたよね。以前、茨木のり子さんの『知命』という詩を紹介しましたが、「ほどく」と「ほぐす」の微妙な違いが人間関係と夫婦関係なのかしら、なんて思ってしまいました。最初、タイトルを見た時に「心身をほぐしてリラックス!」な詩かと思ったら違ったので、あら・・・となりました(。・ω・。)





『ほぐす』   吉野弘


小包みの紐の結び目をほぐしながら
思ってみる
- 結ぶときより、ほぐすとき
すこしの辛抱が要るようだと

人と人との愛欲の
日々に連らねる熱い結び目も
冷(さ)めてからあと、ほぐさねばならないとき
多くのつらい時を費すように

紐であれ、愛欲であれ、結ぶときは
「結ぶ」とも気付かぬのではないか
ほぐすときになって、はじめて
結んだことに気付くのではないか

だから、別れる二人は、それぞれに
記憶の中の、入りくんだ縺(もつ)れに手を当て
結び目のどれもが思いのほか固いのを
涙もなしに、なつかしむのではないか

互いのきづなを
あとで断つことになろうなどとは
万に一つも考えていなかった日の幸福の結び目
- その確かな証拠を見つけでもしたように

小包みの紐の結び目って
どうしてこうも固いんだろう、などと
呟きながらほぐした日もあったのを
寒々と、思い出したりして


    

南北首脳会談の話題と山口メンバー(この言い方ってねぇ・・・)の謝罪、その他まわりの反応アレコレが同列ニュースになる日本、平和・・・なんだかなぁ、と思う土曜日。



昨晩は湘南餃子なるものをダンナさんが食べていました。餃子って宇都宮と浜松が争っていたような気がするけど、湘南も仲間入りしてるんですかね? 柏のホワイト餃子も( `・ω・´)ノ ヨロシクーと言いたくなる千葉県民です。未だに食べたことはないですが。



ドラマ『孤独のグルメ』、餃子のタレについての話がありましたね。私はまだこのような食べ方をしたことがないですが、好みはそれぞれでしょうね。

http://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume5/smp/backnumber/backnumber10.html


松重豊さん、餃子関連の番組にも抜擢(?)されてました(笑)


ギョウザロード http://rkb.jp/siberia/






さてさて、岩谷宏さんの『住所とギョウザ』という誌は、タイトルだけ読んだら、出前の話?なんて考えてしまいそうですが(こんなアホは私だけ?)とてもせつない作品。こういう時代があった。多分、今今もどこかで・・・。大人になり、餃子とビールを頼むたびに、似たようなことを思い出している人もたくさんいるんじゃないか・・・茨木のり子さんの『詩のこころを読む』というアンソロジーから。




『住所とギョウザ』


大森区馬込町東四ノ三〇
大森区馬込町東四ノ三〇
二度でも三度でも
腕章をはめたおとなに答えた
迷子のおれ ちっちゃなつぶ
夕日が消えるすこし前に
坂の下からななめに
リイ君がのぼってきた
おれは上から降りて行った
ほそい目で はずかしそうに笑うから
おれはリイ君が好きだった
リイ君はおれが好きだったか
夕日が消えたたそがれのなかで
おれたちは風や帆前船や
雪のふらない南洋のはなしした
そしたらみんなが走ってきて
綿あめのように集まって
飛行機みたいにみんな叫んだ
くさい くさい 朝鮮 くさい
おれすぐリイ君から離れて
口ぱくぱくさせて叫ぶふりした
くさい くさい 朝鮮 くさい

今それを思いだすたびに
おれは一皿五十円の
よなかのギョウザ屋に駈けこんで
なるたけいっぱいニンニク詰めてもらって
たべちまうんだ
二皿でも三皿でも
二皿でも三皿でも!


このページのトップヘ