草子ブックガイド

2014年05月13日

浮き雲便りNo.6:待ってる

昨日は飛行機雲を見ましたが、「飛行機雲が立つ時は雨が近い」という天気予報(?)があるみたいですね。飛行機が飛んだ後に飛行機雲が残るということは、上空の空気にたくさんの水分がふくまれているということ→だから、雲がしだいに大きくなり、雨が降りやすい、ということらしいです。


昨日の夕方は雨降りになるのではとドキドキしていましたが、雨は今日の午前中でした。地震もあったし、蒸し暑いし……アイス食べたい! 冷夏の予報も出ていますね。農作物の収穫が気になる( ̄~ ̄;)


さてさて、今はあさのあつこさんの『待ってる 橘屋草子』という連作短編集を読んでいます。カバーイラストが少女マンガみたいに可愛くて…最初橘屋草子を「たちばなや・そうこ」と読み(『草子ブックガイド』とかあったし)そうこちゃんという女の子がけなげに働く物語かと思っていました←バカだ(-_-;)…正しくは「たちばなや・ぞうし」です!


12歳の春、貧しい少女・おふくは、江戸・深川にある料理茶屋『橘屋』で奉公を始めます。「藪要りには帰っておいで。待ってるからね」という母親の言葉が胸に沁みる。


「藪入り」は「草深い田舎に帰る」という意味からの言葉みたいです。正月と盆の16日前後に奉公人が主人から休暇をもらって、親もとなどに帰ること。また、その時期。特に正月のものをいい、盆のものは「後(のち)の藪入り」ともいうそうな。


「成人の日」って戦後にできた祝日で、最初は1月15日でしたよね(2000年から第2月曜日になった)。おそらくは次の日が昔の奉公人の休日だった「薮入り」と関係しているのではないかという記事を読みました。「薮入り」で父母のもとに帰ってくる若者たち、この日を鹿児島地方では「親見参(おやげんぞ)」といって、離れて暮らす子供らが親を見舞う日になっていたそうです。「成人の日」が法制化された敗戦直後の工場や商家などには、こうした風習がきちんと残っていただろうから、その前日を祝日にしたのは「大人になった自覚」云々よりも、一生懸命働く若者たちに連休を与えてやろうという「民主主義国家」としての「親心」が働いていたのではあるまいか。いわば「隠し連休」というわけ……みたいな話でした。


横道にそれたついでに『お釜さま(おかまさま)』という古典落語の演目があり、『藪入り』はこれを改作したものだそうで…『お釜さま』の内容はお察し下さい(; ̄ー ̄A


閑話休題。おふくを厳しく躾するのは美しく気丈な仲居頭のお多代。でもイジワルではない、彼女の言葉の裏にある“何か”があることを感じるおふく。彼女が「待ってる」のは何かは読んでのお楽しみでありますが、うら若い乙女が待つといえば…おほほ(o^ O^)シ彡☆ どの話にもお多代さんが絡んでくるみたいですが(まだ読みかけ)彼女のように粋に情をかける人間になりたい~!


そして「待つ」で『沖で待つ』という本を片手に、五木ひろしの『待っている女』あみんの『待つわ』など昭和歌謡を歌いたくなりますが←ないない!(笑)おやぢ乙女のワタクシが選ぶとしたらエミリィ・ディキンソンのこの詩でありましょう(*v.v)。。。。



《もしも愛が・・・・・》


一時間まつのも長いこと
もしも愛がすぐそこにあるとしたならば


永遠にまつのもみじかいこと
もしも愛が最後にむくいられるとしたならば




あなたは何を「待ってる」? あなたは誰に「待ってる」と告げますか?←最近、おサボりペースの私に毎日のブログ更新を「待ってる」とか言わないで~(/´△`\) ワタクシは皆さまからのコメントをいつも楽しみに待っています!!





rohengram799 at 19:06|この記事のURLComments(10)

2012年08月18日

あかね雲便りNo.126:残暑お見舞い申し上げます

『お帰りはゆるりとされよ茄子の馬』(小滝徹矢)


お盆も過ぎたからか、スーパーには紅葉の飾られた棚が目立つようになりました。私には縁のない松茸さまの売り場にもありましたわ(-_-;)もう今月中にお月見団子コーナーとかできちゃうんじゃないかしら!!


団子ではありませんが、林真理子さんのブログに「山梨のお盆と言えば安倍川もち」とあったのですが、私は食べた記憶がないのです~店屋だったので、特に印象がなかったのかなぁ…都会の親戚がおみやげで持って来てくれた文明堂のカステラ(三笠山だとガッカリ!)や風月堂のゴーフルなら覚えているんですけど←イナカすぎる!!皆さまは、お盆の時には「コレよ、コレ!!」ってありました?


ところで、皆さまは『ティファニーで朝食を』を読んだことはありますか?私は映画も見たことがなくて「宝石屋でメシを食うのか?」と定番のおやぢ発想をしていました。しばらくして「いや、ティファニーという洒落たホテルでモーニングかもしれない」と思い、最近はこの考えに落ち着いていました~しかし!『草子ブックガイド1』(玉川重機・マンガ)を読んだらソレも大ハズレだとわかりました(~_~;)新潮文庫のを紹介していたのですが、同時収録の『ダイヤのギター』も気になり、今更ながらカポーティを探しに連日本屋へ…でも、探している時には全く見つからないという(-.-)


映画と原作でラストシーンが違うんだそうですね。「ムーンリバー」も原作にはなくて、主人公が名前のない飼い猫と一緒に非常階段に座ってギターをつま弾きながらの短い歌があるだけとか。


♪眠りたくもなし 死にたくもない ただ旅して行きたいだけ 大空の牧場(まきば)通って


外国作品って訳により意味合いや印象が変わるじゃないですか?私は『星の王子さま』は誰のが一番しっくりくるんだ?と思ってまだ読んでいないままです。海外作品はあまり読んでいないので、読書の秋にむけてオススメがありましたらお願いします!!


<草子ブックガイド>
主人公の 内海草子(うつみそうこ)は、いつも本を読んでいて、本の中の世界にひたっている中学生。内気で他人と打ち解けるのが苦手な彼女にとって、古書・青永遠屋(おとわや)店主は良き理解者。読んだ本の感想を描いた草子の「ブックガイド」は店主だけでなく周囲の人々に本を読むことの素晴らしさを伝えてくれる…そんな内容のマンガです♪
rohengram799 at 23:30|この記事のURLComments(12)

2011年06月09日

第509号:行方も知らぬわが思ひかな

皆さま、ごきげんよう~でございます(*^^*)


昨日は仕事で大変な目にあいましたが(トイレのタンクのネジが緩み、火事でもないのに大放水!!コレははじめてのトラブルでしたわ~)今日は天気も(今のところは)良いし~何より本日は《週刊モーニング》の発売日(^.^)


楽しみにしていた『草子ブックガイド』西行さんにまつわるお話の後編が掲載されています。不定期経掲載なのですが、私が最初に読んだのは《蔵書票》の話でした。


《蔵書票》とは~自分の蔵書に所有を表すために見返しに貼る小票のこと。票主の名前だけでなく、これに多彩な「絵」や「模様」などが盛り込まれ、小さな絵画、美術品みたいです。独特の世界感があるので、今もコレクターが多い!オークションサイトで見掛けますが、確かにステキ(^o^)


さて、本題です(笑)
私は《西行》について思い入れがある風雅な人間ではないのですが…だって私のイメージは[親鸞+山頭火]÷2(--;)……すみません、イメージです!!親鸞さんもにち知りません!!山頭火も漫画でしか知りません!!(こっちもモーニングで読んだような)


物知らずで恥知らずな人間です~ぶたないでっ(>_<)『山家集』も読んだことがありません…!


この漫画を読むと、下手な論文よりずっとわかりやすく、西行さんの生きてきた道のりがわかります…いや、やかるような気がします(笑)


草子ちゃんはタイトル通り本のおもしろさを伝えてくれるガイドさんです。作者の世界を丁寧に優しくわかりやすく案内してくれて、身近にこんな人がいたらいいな~と思います♪


『風になびく富士のけぶりの空に消えて行方も知らぬわが思ひかな』


アナタの気持ちは現代まで届いていますよ…これからもずっと受け継がれ、語り継がれることでしょう。


今週号だけでも《西行》の世界を充分体感出来ると思いますので、興味のある方はぜひ!!読んで下さ~い(*^^*)


あと早稲田文学や玉川重機さんを検索しても草子ちゃんに逢えると思います(^o^)/



rohengram799 at 10:38|この記事のURLComments(9)TrackBack(0)
記事検索