萌え絵

2018年10月31日

稲熟雲便りNo.33:筆柿

本屋さんの絵本コーナーにいったら、クリスマス関連の作品がたくさん平積みになっていました。その年により人気の作品ってあるんでしょうか?


今、子ども向け絵本のイラストが「萌え絵」だから良くない、とか議論されているとテレビでやっていましたが、人魚姫とか「コレは萌え絵じゃないのでは?」と思うけどなぁ。キラキラはしているけれど。子どもは好き嫌いがハッキリしているから、キライな絵柄の絵本は読まないだろうし、まずは興味を持ってもらわないと! 私なんて今もタイトル買い、表紙買いですから(笑)


https://www.cyzowoman.com/2018/10/post_206184_1.html





「寺の前で逢はうよ柿をふところに」(佐藤惣之助)


時代を感じる俳句ですが、なんとも可愛らしい。これは友だちとの約束ではなく、付き合いはじめて間もないふたり、ですよねぇ。素朴な恋人同士の姿がうかんできます。佐藤惣之助は「六甲颪(おろし)」や「人生の並木道」などを作詞した人ですが、俳号にちなみ命日は「酔花忌」と言われているそうです。

https://kawasaki.mypl.net/mp/kyosho/?sid=10328




「通称はちんぽこ柿といふそうな」(西野文代)


同じ柿が題材でもこちらは・・・Σ(゚∀゚ノ)ノ 子どもが大喜びしそうな通り名でありますが「筆柿」というそうです。


http://www.maruka-ishikawa.co.jp/fruits/items002/fudekaki.htm



なんとなく柿を話題にするのは10月までかな、という気がしたのですべりこみました(笑) 来月もおやぢなワタクシをお見捨てなきよう、どうぞよろしくお願いいたします!



rohengram799 at 23:10コメント(2) 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ