備忘の果実 〜オスカー戯言日記〜

ようこそ゚+(人・∀・*)+。♪ 自分の好きなこと、興味のあることをチマチマと書いています。

タグ:藍川京

新聞の時事川柳にこんな作品がありました。


『支援側は5年で節目つけたがり』(横浜・平松典子さん)


私が働いている職場でも震災翌年は第719号:花はどこへいったの?に書いたような、大げさ過ぎることをしていましたが、次の年にはそれもなくなり、今は全く……です。



鎌倉市内の神道、仏教、キリスト教で組織する「鎌倉宗教者会議」は昨日雪の下カトリック教会で「東日本大震災 追悼・復興祈願祭」を開催したそうです。三宗教合同で被災者に思いをよせ、祈りを捧げる……2011年4月11日鶴岡八幡宮で開催されて以来、毎年1回、神社、寺院、教会の持ち回りで開催されているそうです。


作家の藍川京先生のブログ記事をお読み下さい。
http://blog.aikawa-kyo.com/archives/51622877.html


また祈願祭の詳細は鎌倉宗教者会議のホームページで確認することが出来ます。




『手のひらの宇宙を開く赤ん坊』(豊里友行)


赤ちゃんは手を開いた時に持って生まれたしあわせを手放してしまうので、それをまた見つけるために生きるのだという話を聞いたことがあります。でも赤ちゃんはしあわせをまわりにふりまいたのではないかと思います。こんなにステキなものもあるんだよ、忘れていたかもしれないけれど、思い出してね、気がついてね……みたいな。



手のひらからこぼれおちてしまうこともあるかもしれないけれど、受け止めてくれる人がいるかもしれない。土に根づいたら花を咲かせたりするかもしれない……同日同紙に掲載された川柳と俳句にいろんなことを考える土曜の昼下がりであります。



皆さま、どうぞおだやかな1日をお過ごし下さいませ。



今日は雨…昨日の記事が呼び水に!?なんて思い、一瞬焦ったチキンなワタクシですが、ひと雨ごとにあたたかくなるといいですね。


さてさて~作家の藍川京先生のブログをのぞいたら、新宿紀伊国屋書店のベンチに勤勉家の代表・二宮金次郎さんが先生と仲良く座っていらっしゃる写真が!!しかも電子書籍を手にしている(((・・;)


いやぁ~時代は変わりましたね(笑)薪は相変わらず背負ったままでしたが、座って電子書籍で読書とは…実は薪ではなくてヲタイベントに欠かせないあのライトの束だったりして( ̄▽ ̄;)


新宿紀伊国屋書店と言えば、高校生の頃、文通相手と待ち合わせをした場所です。確か冬休みの寒い時期…小5くらいから文通していた神奈川の女の子で、当時はケータイなどありませんから、お互い少し離れた場所でしばらく相手を待っていました(笑)懐かしいですなぁ~!!


懐かしいと言えば『まちぶせ』!!石川ひとみちゃんが歌っているのが有名ですが、私は三木聖子ちゃんのが元祖と兄から聞いております。(作詩作曲の荒井由実は別)


『まちぶせ』はあるけど『待ち合わせ』なんタイトルの歌はないだろうと思っていたら「待ち合わせ」の文字が入った歌が案外ある(^O^)中でも気に入ったのが『幸せの待ち合わせ場所』(坂詰美紗子)という歌詞です。


♪「幸せの待ち合わせ場所でね。」と/未来の私と約束をかわして/指切りが嘘つきにならないように/自分自身を信じて進まなくちゃいけないね


「幸せの待ち合わせ場所でね。」と/未来の私と約束をかわして/幸せの待ち合わせ場所では/きっと/未来の私が笑顔で待っている/描いた夢を目印にして/自分自身を信じて進まなくちゃいけないね


ワタクシの場合ですと、幸せの待ち合わせ場所はアチラ側にあるような~彼岸で悲願達成!!(^o^)v「頑張って生き抜きました!!ありがとうございます!!」そう言いながら、ご先祖さまにお迎えしていただくのが目標になりつつあります(((^_^;)


学生さんや夢を追いかけている人たちには、過去の自分に励まされつつ「約束の場所」を目指すための応援歌になりそうな気がします。そして、同じ夢を持った仲間がその待ち合わせ場所にいたら……いたらもっとしあわせですね♪


未来のあなたに…カンパイ(^^)/\(^^)


今日も朝から地震があったみたいですが、気づかず……相変わらずな私の日曜日であります。


「本当なら今日が成人の日なのに…」と毎年思うのですが、オタ息子のお出掛けは声優さんたちの成人式イベントみたいです。今は若いアイドル的な声優さんがたくさん~そんな中でガンバる「ゆかりん」に私はひそかにエールをおくっています!私も王国民になったりして(笑)


本日もセンター試験で頑張っている受験生がたくさんいるというのに、緊張感のないワタクシの記事(--;)毎年のことですが、ミスが多いですね。ただでさえドキドキしているのに…受験生が気の毒になります。問題が新聞に載るので一応チャレンジしますが、さっぱりわかりません( ̄▽ ̄;)


高校時代、模試が山梨学院大学であったのですが、窓側の席でガラスが一部破損していて…11月だったのでスゴく寒かったですわ~(ToT)受験生の皆さまには風邪をひかないように体調に気をつけてほしいです~まわりの皆さまも同じようにドキドキしていると思いますが、あたたかい春を待ちたいですね。


そうそう、私は「蝋梅(ロウバイ)」は梅だと思っていたのですが、違うのですね。ロウバイ科ロウバイ属で、梅の実の生る、普通の紅白梅とはまったく別物だと藍川京先生に教えていただきました(´д`)


蝋梅に狼狽で老倍…身体だけでなくアタマも老いる一方です。同じ老人なら「寿老人」の域に達したいワタクシ…本日は世間話でございましたm(__)m


藍川京先生のブログでネギを箸にして食べる「ネギそば」があることを知りました。テレビで放送されていたのですね。他の方のブログ記事で知りました(((・・;)


http://www.arakawas.sakura.ne.jp/backn019/oouchiya/oouchiya.html


ネギといえば深谷ネギだった私ですが、ご当地キャラに「ヨネギーズ」なる夫婦もいて~米子とネギは結び付かなかったので、なんか新鮮!!


たしか木原敏江さんの漫画「夢の碑シリーズ」に“根来”という言葉があったと思い、辞書で調べて見たけれど見当たらず~かわりに中部地方以西の方言で「根際はそば、かたわらという意味」だと知りました。シリーズの中でパラパラとにしか読んでいないのですが(風恋記まではきちんと読んだ!)意味としてはあっているような~。お庭番のように帝の側にいた女の子が「自分は根来だから最期まで側にいなくては」と言っていた気がするので…古本屋で探して読んでみようっと♪


そして「祈ぎ掛く/祈ぎ懸く」(ねぎ・かく)という言葉もはじめて知りました。神仏に祈願をかけるという意味で、「祈ぎ掛くる比叡(ひえ)の社(やしろ)のゆふだすき草のかき葉もことやめてきけ」という神楽歌もあるそうです。


「ネギ」と聞くと「値切る」とか風邪をひいてノドが痛い時に首にまいたとか(切ったものをタオルに入れて)そんなことしか連想しなかったワタクシですが、うーん、勉強になりましたわφ(..)


今度、ネギ畑を見かける機会があったら「自然界に祈りを捧げるお坊さまの集団だわ」と思わず目頭をあつくしてしまうかもしれません( ̄▽ ̄;)

♪今宵あなたと楽しく踊ろう 風吹く街で~


と歌うアナタは『ヒロイン』!!(笑)長渕剛さんの歌、懐かしいですなぁ…っていつも年寄りモード全開で失礼m(__)m


年寄りと言えば親方株ではなくて『高齢社』という本当に高齢者を雇う人材派遣会社があるのですね。「ガイアの夜明け」でも放送されたそうですが、全く知りませんでした。


いや、今宵あなたと~のタイトルにしたのは「今日は満月で皆既月蝕ですね」と書きたかったからなのに(--;) その話をしたらダンナは「昨日(9日)だよ。看護婦さんたちが話してたもん」と言い張ったので、新聞を見せました(((^^;)


この後、ふたご座流星群もあり、来年も5月に金環日食、6月には金星の太陽面通過、8月には金星が月に隠されるなど天体関係者はワクワクドキドキのイベント続きみたいです。天文雑誌もにぎやかになりそう~☆


金星の太陽面通過は次回は105年後とか!?全国的にそうなのかはわかりませんが…皆さま、生まれ変わってまた日本で逢いましょう!!←常に頭は宇宙規模、スペースオペラなワタクシ('~`;)


そうそう、月下美人って年に3回咲いたりするそうですね。


>月下美人は、ほぼ一斉に咲く。たとえ100のつぼみがあっても、株が違っても、そうらしい。不思議だ。


作家の藍川京先生のブログに書いてありました。先生のブログは自然や植物の写真が載っていて、当たり前ですが、さすがにプロは違う!!と思う、まとまりのある読みやすいムダのない文章。私のマヌケなコメントにも丁寧なお返事を下さるステキな方です。ぜひ皆さまも読んでみて下さい!タイトルは《「藍川京」の部屋》です。




↑このページのトップヘ