蘇える金狼

2012年12月17日

サバ雲便りNo.49:黄泉カエル・緊張

昨日と比べて今日のこの寒さはなんでしょう(;o;)寒暖の差が激しい毎日、折れ線グラフが頭の中に浮かんできます…そして朝令暮改のウチの会社も連想したりして(--;)指揮系統の統一の無さは会社崩壊に繋がると思うのですが、親会社がでーん!!とあるから大丈夫♪と思っているのか…いつこのあやしげな船から脱出するか?そんなことばかり考えるワタクシです。


来年は巳年、ヘビもカエルもどこかで冬眠しているでしょうか?多少デフォルメされ、キャラクターになると可愛いカエルですが『連続殺人鬼 カエル男』(中山七里)になるといけません!!もう「あ~なんですの、これは!?」な小説でした。現実に起こったいくつもの事件(光市母子殺害事件や神戸の酒鬼薔薇聖斗事件などなど)や社会的な問題もたくさん…読み物としては本当におもしろいのですが(-_-;)


ある日、入居者の少ないマンションの13階の非常階段に、女性が一人吊されているのが発見されます。裸で口からフックをつけてつり下げられていた女性の身体には、その死体をカエルに見立てた犯行声明ありました。それは子どもが書いたようなメモ。数日にはスクラップ工場で…再び同一人物による犯行声明が!!自分の住む市内で起こる、猟奇的な殺人事件。犯人の異常さに声を呑む警察と市民。三人目の死体も発見され、町は混乱と恐怖に支配され……((((;゚Д゚))))ううっ!自分の近くでこんなことがあったらと考えただけで、気分はアラスカ、シベリアです!!


そして、いろんな意味で映像化してほしくない作品ですね~特定の職業や人物に今以上の偏見がうまれそうで…。『棘の街』(堂場瞬一)という警察小説も読みました。こちらは「なんかダラダラしていてメロドラマっぽいなぁ」「読まなくてもよかったな~」(大変失礼な発言!!)と思っていたら、仲村トオル主演でドラマになっていました~奥さま方には好評だったかも(((^_^;)


カエルの話で検索した時に気になった痩せ蛙と浅利の話…カエルよりもお父上との思い出にグッときました。皆さまもぜひ最後までお読み下さいませm(__)m



rohengram799 at 15:20|PermalinkComments(12)

2011年11月23日

ひつじ雲便り536:蘇える勤労σ(^_^;)?

今日は「勤労感謝の日」ですね。どうしても不規則に仕事をしていると「今日は何の日?何で休み?」になってしまいます。そうしてたいてい耳にするのが「何で勤労感謝の日に働くんだよ!?」

ご多分にもれずウチのオタ息子がそう言ったので「働けることに感謝する日だと思いなさい(^_^;)」と言っておきました。

全く…最近の身体の不調に生来のナマケモノ根性がプラスされ、とりあえず仕事に行きます、とりあえずご飯の支度しました…何事にも「とりあえず」が枕詞のようになってしまって(--;)

ウチの両親など元旦の1日しか休まず、店を開けて商売していたというのに…私と同じ年の頃、母も辛かったと思うのに優しい言葉もかけず、ノンキに暮らしていた自分を思うと…ああ、情けない!!なんてアホな娘だったかと最近すごく思うのです。

田舎にも帰らねば、と思いながらヒトリモンだし自由のきく仕事らしいので、兄が毎週日帰りですが帰っていると聞き…ちょっと安心してしまい、今日は自宅の片付けをしています。何なのだ!?というくらいゴミが('~`;)

ああ、今日のこの日を境にワタクシの心に「勤労」が蘇えらないかと思っております。「金に苦労」の「金労」はワタクシの脳内からソッコー破棄しなくては!

同じようなタイトルがたくさんあるだろうなぁ~と思いながら、カッコいい松田優作さんが忘れられず…使ってしまいました(>_<)


rohengram799 at 15:09|PermalinkComments(19)
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ