備忘の果実 〜オスカー戯言日記〜

好きなことを好きな時にチマチマと書いています(⁠๑⁠˙⁠❥⁠˙⁠๑⁠)

【空のお城通信〜オスカー戯言日記〜】(2010.3.17〜2021.10.31 )からタイトルを変更。(2021.11.7〜)

あかね雲便りNo.39:ほたるのhotel( ̄ー ̄)

昨年はひつじ雲便り440:Fireflyなんてホタルの話を書いていましたが、今日はホタルブクロの話を(*^^*)


私の実家は地図で見ると茶色い山ですが(-.-)でもちょっと拓けたところだったので(((^^;)もっと車を走らせねば、ホタルブクロは見られなかった気がします。しかし、吊り鐘形の花ってなんであんなに可愛いんでしょう!!スズランも可憐♪スズランというと北海道な私ですが、ホタルブクロは山道が似合うと思っています。


本当に名前の由来を確かめようとして、ホタルブクロの中にホタルを入れた人の話も読みましたが(チャレンジャーだわ!!)ホタルをつかまえるのも大変だし、花に入れて閉じ込め状態にするのも大変…)花びらが破けてしまうそうです。頑張って成功した写真は幻想的ではありましたが、どちらにも可哀想(´д`)本当にホタルが入ったとしても、ものすごいマレな出来事、偶然だったのでは?


ホタルブクロがホタルさま御用達の「密会の宿」(昔の土曜ワイド劇場の世界だ!)だと考えるとそれはそれで楽しくはありますが…そういえば「ホタル族」という言葉もありましたね(-.-)y-~

ひつじ雲便り440:Firefly

『音もせで思ひに燃ゆる蛍こそ 鳴く虫よりもあはれなりけれ』(後拾遺集216、源重之)


昨日「ホタルの光のように」なんて言葉を使いましたが、そろそろ蛍の鑑賞会の話が聞かれる頃では?と思い、カチカチ開始しました(笑)

『Firefly』まさか英名がこんなにアッサリしたものだとは思いませんでした。なんか可憐さがありません。モスラっぽいイメージになるのは私だけ!?

蛍は夏の季語ですが、イリオモテホタルは真冬に光るんだそうですね。ロマンティック♪あとオバボタルなる種類もあるらしく…名前だけ聞くと某電飾いっぱいの紅白出場歌手を連想してしまいます!!

歌といえば~私は森進一さんの『北の蛍』が好きです♪石川さゆりさんの『天城越え』に通じるあの情念がたまりませんっ(^.^)

あともう1つ~『蛍の光』が四番まであり、その歌詞が時代により変化したていうのもまた衝撃でした。詳しくはこちらで☆

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%9B%8D%E3%81%AE%E5%85%89
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード