記述問題

2018年03月13日

桃月雲便りNo.14:コミュニケーション

昨日は近くの幼稚園で卒園式が・・・4月にはランドセルを背負って小学校に。自分の小さい頃や子どもたちのことなど思い出しました。


さてさて・・・千葉県公立高校入試後期の国語問題には足立巻一(あだちけんいち)さんの『親友記』と小川軽舟さんの『俳句と暮らす』などがありました。


【親友記】

https://sumus.exblog.jp/7606229/


足立さんは生まれてすぐに父親を亡くし、母親は再婚、祖父母に育てられたそうです。東京を転々とし、祖母が亡くなると祖父と長崎まで行き、その祖父も亡くなり、親戚の家々で暮らしていたので、友だちができる機会がなかったようです。神戸の伯父さんのところに落ち着いたのは9歳の時(大正11年)・・・他の作品も1980年代に発行されたものが多いようです。




記述問題もあったのですが、2つの意見を読んであとの条件に従い、あなたの意見を書きなさい、というもの。


意見A:私は、友だちとの会話の中では、互いの考えていることを、てきるだけ言葉にして伝え合うのがよいと思います。

意見B:私は、友だちとの会話の中では、互いの考えていることを、全部は言わなくても、できるだけ察し合って心を通わせるのがよいと思います。


条件に「はじめに、意見Aと意見Bのうちに、あなたが大切だと思う意見とその理由を書き、次に、このことに関連して、友だちとのコミュニケーションにおいて大切にしていることについて、あなたの考えを書くこと」とありました「どちらを選んでも、そのこと自体が採点に影響することはありません」と言われても、ちょっと難しくないですかね~?


多分、どちらかといえばこちらの意見かな、という感じで受験生は書いたのだと思いますが、悩むわ~言葉にするほどウソくさくなる可能性もあるし、察してちゃんも困るし。受け取る側との関係もあるし・・・「友だち」という範囲が曖昧だし。国語の問題って難しいなぁ~( ̄~ ̄;)


4月からの学校生活が明るく楽しい毎日でありますように、辛いことがあっても何か解決策が見つかりますように・・・とおばちゃん、願わずにいられませんわ。



rohengram799 at 14:10|PermalinkComments(0)
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ