2013年02月17日

らくだ雲便りNo.3:ちゃんちゃらおかしいや(°°)

明日は雨になるとか……まど・みちおさんの作品に雨の日に玄関で待ってれている「ぞうきん」の詩があります。


『ぞうきん』

雨の日に帰ってくると
玄関でぞうきんが待っていてくれる
ぞうきんでございます
という したしげな顔で
自分でなりたくてなったのでもないのに

ついこの間までは
シャツでございます という顔で
私に着られていた
まるで私の
ひふででもあるかのように やさしく
自分でそうなりたかったのでもないのに
たぶん もともとは
アメリカか どこかで
風と太陽にほほえんでいたワタの花が
そのうちに
灰でございます という顔で灰になり
無いのでございます という顔で
無くなっているのかしら
私たちとのこんな思い出もいっしょに
自分ではなんにも知らないでいるうちに

ぞうきんよ!


まどさんらしいやさしさがあって好きな詩です。河野さんの『使命』という詩にはハンカチも出てきます。


『使命』


まっ黒い ぞうきんで
顔はふけない
まっ白い ハンカチで
足はふけない
用途がちがうだけ
使命のとおとさに変わりがない
ハンカチよ 高ぶるな
ぞうきんよ ひがむな


なんとなくぞうきんは江戸っ子で、ハンカチと比べられたら「てやんでぇ」「ちゃんちゃらおかしいや」と言いそうな気がするのは私だけでしょうか?( ̄▽ ̄;)←こんな気分になったので、今は『ちゃんちゃら』(朝井まかて)という植木屋というか庭師の小説を読んでいます。職人気質、たまりませんな!!


ローズガーデンとかオシャレで華やかなお庭もいいですが、枯山水やら苔寺とか、日本人ならではの美意識が集結した庭園は素晴らしい!!京都のお寺で1日ぼ~と庭を眺めて過ごせたら……やはり京都は大人が楽しむ場所だわ(笑)


そうそう「ちゃんちゃらおかしい」の意味についてYahoo!知恵袋に質問がありました。そうだったのか~とタメになりました!!


http://chie.mobile.yahoo.co.jp/p/chie/qa/view?qid=1299402177




rohengram799 at 20:45|この記事のURLComments(7)TrackBack(0)

2012年05月14日

あかね雲便りNo.14:母娘の夕焼け空

日付がかわりました~昨日は「母の日」でしたね←まだこの話で失礼(;´д`)


パチ屋でもお客様に造花のカーネーション一輪を「お持ち帰り下さいませ♪」とやっておりました。そして私たちお掃除おばちゃんにもスタッフが「母の日に出勤して頂いて…いつもありがとうございます!!」ってカーネーションをくれたんですよ~!!……なんてことがあるワケないじゃないですか('~`;)書いていてむなしくなりましたわ(-_-;)


そんなかなし~気持ちを吹き飛ばすべく、夕日に叫びながら帰宅しました←もちろんウソです!!(-.-)夕日、夕焼けと言いますと、結婚された紀宮さま(今は黒田清子さん)が書かれた詩を思い出しますね。なんとなくの記憶なので間違っている可能性もありますが、お許しを(>_<)


「母の日に」

母の日に夕焼けの絵を描いた
夕焼けはどこか母に似ているから
夕焼けの絵を描いた
ただそれだけの絵なのに
母は大事にたなの上にかざってくれた
夕焼けのよく見える
窓の近くにかざってくれた


清子さんは「伊勢神宮の臨時祭主に就任とか…「祭主」なんて言葉も初めてききましたわ(((・・;)


http://mobile.excite.co.jp/news/society/JCast_131411.html


「カンペキに一般人」にはなれないのですね。鳥の研究をされていたと思いますが、どこか違う世界に飛び立ちたい、羽ばたきたい…そんな気持ちも少しはあったのかしら?などと考えてしまいました。



rohengram799 at 00:50|この記事のURLComments(13)

2012年05月13日

あかね雲便りNo.13:母のやる気!まだまだ現役!?(((・・;)

今日は『母の日』ですね。私自身は何もしないで、ほっといてくれるのが一番のプレゼントなんですが…(-_-;)


母といえば『たらちねの母』(((^^;)以前、新聞で中学生の女の子が書いた《お母さんのおっぱいはやる気がない/私のおっぱいは、まだまだやる気がある…》という詩を読んだ記憶があります。いいな~若いって(爆)


平成20年度「心豊かに歌う全国ふれあい短歌大会」という記事からですが入選作品の要介護・要支援高齢者の部の〔優秀賞〕で見つけた、こんなステキな短歌を紹介いたします!!


『なみなみと水張る湯舟に入り行けば五人育てし乳房よろこぶ』岩倉ツヤさん:当時81歳・宮崎県)


~デイケアのお世話になり、何事もなく、10年目を迎え感謝しています。障害を背負い、自立も困難で、週に2回の入浴が何よりの楽しみです。順番がくると介護士さんに支えられながら、溢れんばかりの湯舟に浸かると、心身ともに心地よく、役目を終えた乳房も、喜んでいるようで、こんな歌が出来ました。~


ツヤさん!!今もお元気でいらっしゃると思いますが、コメントも素晴らしい(^O^)自分の身体をこんな風に表現出来るなんて~人生経験豊富な方の作品はやはり違いますね。私もおなかまわりにずっといらっしゃる「おにく」について、アッパレ!!な一句を作ろうかしら…イヤ、その前に痩せよう!!( ̄▽ ̄;)



rohengram799 at 19:26|この記事のURLComments(14)

2012年03月09日

ひつじ雲便り583:うつくしい ことば

雨ですね(´д`)週末「冬将軍」がまたやってくるとか…そのせいか右肩から腕、手首あたりまで痛くなる範囲が広がってきました。皆さまもお身体を大切になさって下さいまし。


ドナルド・キーンさんが日本国籍を取得のニュースを聞きました。ダニエル・キイスの『アルジャーノンに花束を』に描かれた、チャーリーが最後の最後までなくすことのなかったアルジャーノンへの思いやり。人間、あの世に持っていけるのは“愛された、愛した記憶だけ”という言葉を思い出します。


本日の記事のタイトルはまど・みちおさんの詩からです。11日を前に再びブームのようにテレビや雑誌で使われる「きずな」という“うつくしいことば”を、自分は違う意味にして間違って使ってはいないか……考えてしまいました。



『うつくしい ことば』


たのしそうに 口にしあっている/―ともだち/という うつくしい ことば



ともだちで ないものには/しらんぷり しておこうよ/という いみにして…


しみじみ つぶやきあっている/―にくしん/という しみじみした ことばを


あかの たにんなどは/ほっとこうよ/という いみにして…


(まど・みちお)



rohengram799 at 09:00|この記事のURLComments(11)

2011年05月28日

第500号:知命

皆さま、ありがとうございます。めでたく500号でございます。ひつじ雲便りを含めると1000近くになります。なんてヒマ人(笑)


本日は久々にテーマ投稿です。茨木のり子さんの『知命』という詩を最近知りました。雑誌でみたので全文かどうかわからないのですが(((^_^;)



他のひとがやってきて/この小包の紐 どうしたら/ほどけるかしらと言う


他のひとがやってきては/こんがらかった糸の束/なんとかしてよ と言う


鋏で切れいと進言するが 肯(がえん)じない/仕方なく手伝う もそもそと


生きてるよしみに/こういうのが生きてるってことの/おおよそか それにしてもあんまりな


まきこまれ ふりまわされ くたびれはてて


ある日 卒然と悟らされる/もしかしたら たぶんそう/沢山のやさしい手が添えられたのだ


一人で処理してきたと思っている/わたくしの幾つかの結節点にも


今日までそれと気づかせぬほどのさりげなさで



毎日の暮らしの中でわずらわしいこともたくさんありますが、誰かを支えまた支えられているのだと考える時間をちょっともって「さぁ、またやるかぁ~!!」と気合いを入れ直すために読み返したい詩のひとつかな…と思います。


今、たくさんの雑誌が言葉や詩の特集をしています。万葉の言葉が今も息づいているってスゴいな~と思います。防人さんなんか、自分の歌がこんなに長い時間生き続けるなんて全く考えていなかったでしょうね(゜□゜)



rohengram799 at 09:46|この記事のURLComments(22)TrackBack(1)
記事検索