誕生日

2019年03月17日

雛月雲便りNo.17:春や春 オスカー9才🎉

長らく積ん読だった森谷明子さんの『春や春』を読み始めました。俳句甲子園の話ですが、最初から爆笑してしまいました(≧▽≦)


【世の中の男たちは、やっぱり「セーラー服」に幻想を抱いているのだろうか。
だとしたら、教えてやりたい。女子高生が一日十時間近く、通常、クリーニングに出すことなく何十日と身につけているセーラー服の実態を。
夏は暑く冬は寒い。春はスギ花粉を、秋にはブタクサ花粉を盛大に吸着する。乙女の汗も体臭もフライドポテトの油もソフトクリームの滴も学食のミートソースも、すべてしみこませたセーラー服。乙女の日々を過ごすにつれ清潔さからどんどん遠ざかるこの制服をまとう女子高生は、なるほどたくましく、雨にも負けず、風にも負けず、細菌にも負けないじょうぶな体になるだろう。
―――でも、遠目にはやっぱり「清楚」に見えるんだよね。これはもう、詐欺だわ。】



マニアにはこの制服がたまらないっ!という人もいるのかも。以前、クリーニング店で働いていた時には一日仕上げの特急便というのがあったので(今はワイシャツ以外も当たり前になっていますが)週末に制服を持ってくるお客様もいました。




さてさて……2010年3月17日、ワタクシはブログ『空のお城通信~オスカー戯れ言日記~』をガラケーを使い、こっそり開設(?)しました。今はスマホになりましたが、相変わらずパソコンは使えません。うふふ、9才の誕生日ですわ! リアルな9才のワタクシは小学3年生、松組さんの生徒で漫画ばっかり読んでいました(笑)



川原泉さんの漫画『殿様は空のお城に住んでいる』からつけたこのブログ名ですが、「おつむが天高く舞い上がってる人のこと」の通りの記事更新を続けてまいりました。ブログは私の備忘録であり、私がリアル空のお城の住人になった後に、遺された子どもたちが「おかーさんは毎日ナニを考えて暮らしてきたんだ(´・ω・`)?」と思った時に、コレが役に立てばいいなぁ~と思っております。 それまでは、コソコソと身内バレしないように気をつけていかねば(;゚∇゚) その時、その時のワタクシの時間がここに生きています。


今までお付き合いしていただいた皆さま、本当にありがとうございます。これからものんびりと好きなこと、オモローなことを書いていきたいと思います。いろいろ偏っておりますが、何かひとつでもおみやげになるモノを持ち帰っていただけたら幸せです.+:。 ヾ(◎´∀`◎)ノ 。:+.


よろしければ、またお付き合い下さいませ。





「祝福」 谷 郁雄


百年前
あなたはいなかった
百年後
あなたはもういない
木が葉っぱを
茂らせたり
散らせたり
するのと同じように
あなたは
嘘をついたり
恋をしたり
いろいろと忙しい
幸せとは
ただそこにいること
よろこびで
顔をしわくちゃにして


rohengram799 at 00:06|PermalinkComments(8)

2019年02月20日

令月雲便りNo.21:日曜日の風景

おはようございます~しばらくお休みしておりましたが、ブログ整理はムリだとわかったので(;゚∇゚) 今日から復活いたします。備忘録ブログとして書いておきたいことがかなりたまってしまったので、逆効果だった気もするd( ゚ε゚;) ドドド……!と連投の可能性大ですが、またどうぞよろしくお願いいたします!



さてさて、8日に誕生日を迎えひとつ歳を重ねた二男。めでたく結婚相手が出来ましたので日曜日にダンナさんと二人、二男と彼女さんと会ってまいりました(*´∀`)♪ 長男は先月会っております。彼は相変わらずです。彼女どころかひとり暮らしする気配もありません。ついでに私の兄も独り者のままです(多分)。


バリバリ仕事の出来る女性という感じで、ダンナさんは何回も彼女さんに「本当にいいの?」と確認しておりました。まぁ、気持ちはわからなくもない……外見もまだまだ幼い……先方のご両親に誕生祝いもしていただいたそうですが、ご両親も不安だったんじゃないかと(´・ω・`; )


私からはいつものように「とりあえず生きてればなんとかなるから」と言っておきました。まわりがいろいろ言っても自分が経験しないとわからないことがたくさんあるし。相手のことを全部理解出来ないのも当たり前だし。「マスターカードのマークみたいに重なりあう部分を多く持てるように頑張ってね」と(笑) なるべく自分のオタクさは隠そうと思いましたが、ポロポロ出ていたような気がします。ごめんよ、二男ヽ(;▽;)ノ


なんだかんだで3時間もお話してしまいました。年寄りは話が長くてくどくて申し訳ない……!



成田空港限定パッケージのとらやの羊羮をいただきました!

https://wow-j.com/jp/sp/Allguides/kanto/shopping/01992_jp/#1



あと二男が関西に出張したとかで、このお菓子とビリケンさんの小さい置物をもらいました。

https://www.daikoku.ne.jp/shop/products/detail.php?product_id=59



長男とあった時にいただいたお菓子も美味しかったです.+:。 ヾ(◎´∀`◎)ノ 。:+. いつも「もらうだけ」の私……m(_ _;m)三(m;_ _)m





rohengram799 at 07:44|PermalinkComments(4)

2019年02月06日

令月雲便りNo.9:チュウボウのサル

「チュウボウのサル」………タイトルを聞いて、小生意気な中学生を連想してしまいますが(あら、私だけ?)『厨房の猿』という海岸寺がありました。もう前からサルが住宅街に出没、大捕物のニュースが流れていますが、この絵がリアルに再現されたら恐ろしいですわ。「猿の軍団」……((( ;゚Д゚)))


【厨房の猿】

https://ameblo.jp/giantlimited/entry-11291479573.html




実家にキジの剥製があったのを思い出して(コレも怖かった)キジについて調べていたら「誕生鳥」なるものがありました。誕生花、誕生石、誕生星……なんでもありますなぁ。根拠はどこにもあるのかわからないけれど、確実に366種類は存在するってことですよね。誕生鳥はまぁいいとして、誕生魚とかはさかなクンくらいのマニアじゃないと喜ばないかも(;゚∇゚)


【誕生鳥&鳥言葉】

http://hijiki-to-oudon.com/birthdaybird/



サルとキジときたらやっぱり次はイヌでないと! 作者不詳の「犬」の詩です。



     「犬」


神は地と天を創造されたとき
花や樹を造られ
それからあらゆる生き物を
そして全ての鳥や蜂を創造された。
ご自分の仕事を完成されたとき
ひとつとして同じものはなかった。
神は言われた。
「これからこの地球を歩き、
それぞれに名をつけよう。」
それから神は地を、海を、往かれた。
神がどこに往かれても
力の限りその後を付いていく
小さな生き物があり、
地のもの、空のもの、海のものすべてに
名がついたとき
その小さな生き物が言いました。
「神様、僕にはもう、名前が残っていません。」
父なる神(God)は笑ってやさしく言われた。
「お前のことは最後まで残しておいたのだ。
わたしの名前を逆さにして与えよう。
おまえの名は、Dog(犬)だ。」





最後に……このセンスは一体いつのものなのか(´~`;)と思ったポスターをご覧下さいませ。


http://www.convention-w.jp/jssbji39/index.html


rohengram799 at 06:56|PermalinkComments(4)

2018年04月26日

清和雲便りNo.27:プレゼント🎁

誕生日にお祝いコメントをありがとうございました。ダンナさんには不◯家のショートケーキを3種類と『幼女戦記』(漫画・9巻)とそのスピンオフ漫画
『幼女戦記食堂』を買ってもらいました。小学生みたいですな、お恥ずかしい~!


オタ息子は「ジュースでも買いなさい」と諭吉くんではなく英世くんひとりとハーゲンダッツのギフト券をくれましたわ。


二男からはまたハイカラなものをもらいました。ロクシタンのハンドクリームセットです。下記サイトの一番最初の写真にあるヤツです。昨日、しみじみ両手を見ていたのですが、なんか通じるものがあったのでしょうか?(笑)


https://myrecommend.jp/present-to-female-08/



自分では、久しぶりに詩集を買いました。小池昌代さんが選んだ41篇の詩のアンソロジー『通勤電車でよむ詩集』です。まぁ、そんなに長い時間、電車に乗ることなどないのですが、大きさもお値段もまぁまぁお手頃で、立ち読みして気にいった詩があったたし。寺山修司さんの詩集を昨年の誕生日に買ったので、今年も・・・。出来ればこれから毎年、自分の誕生日には詩集を買いたいなぁと(笑)



またこの本の中から好きな詩や考えさせられた詩などを、妄想モードで紹介していきたいと思いますので、ひとつオトナになったワタクシをまたどうぞよろしくお願いいたします ヽ(〃´∀`〃)ノ




rohengram799 at 22:18|PermalinkComments(2)

For Beautiful Human Life 🎉✨😆✨🎊

『世界はうつくしいと』


うつくしいものの話をしよう。
いつからだろう。ふと気がつくと、
うつくしいということばを、ためらわず
口にすることを、誰もしなくなった。
そうしてわたしたちの会話は貧しくなった。
うつくしいものをうつくしいと言おう。



風の匂いはうつくしいと。渓谷の
石を伝わってゆく流れはうつくしいと。
午後の草に落ちている雲の影はうつくしいと。
遠くの低い山並みの静けさはうつくしいと。
きらめく川辺の光りはうつくしいと。
おおきな樹のある街の通りはうつくしいと。
行き交いの、なにげない挨拶はうつくしいと。
花々があって、奥行きのある路地はうつくしいと。
雨の日の、家々の屋根の色はうつくしいと。
太い枝を空いっぱいにひろげる
晩秋の古寺の、大銀杏はうつくしいと。
冬がくるまえの、曇り日の、
南天の、小さな朱い実はうつくしいと。
コムラサキの、実のむらさきはうつくしいと。
過ぎてゆく季節はうつくしいと。
きれいに老いてゆく人の姿はうつくしいと。



一体、ニュースとよばれる日々の破片が、
わたしたちの歴史と言うようなものだろうか。
あざやかな毎日こそ、わたしたちの価値だ。
うつくしいものをうつくしいと言おう。
幼い猫とあそぶ一刻はうつくしいと。
シュロの枝を燃やして、灰にして、撒く。
何ひとつ永遠なんてなく、いつか
すべて塵にかえるのだから、世界はうつくしいと。


(長田弘)






どこかで聞いたような記事タイトルですが、日付がかわり、ワタクシの誕生日になりました~(*’ω’ノノ゙☆パチパチ

一つ数が増えましたが、四捨五入すればまだ50歳(笑) これから自分にとってたくさんの「うつくしい」を見つけて、空のお城をお宝(ガラクタ?)でいっぱいにしたいです♪







rohengram799 at 00:00|PermalinkComments(10)
記事検索