備忘の果実 〜オスカー戯言日記〜

好きなことを好きな時にチマチマと書いています(⁠๑⁠˙⁠❥⁠˙⁠๑⁠)

【空のお城通信〜オスカー戯言日記〜】(2010.3.17〜2021.10.31 )からタイトルを変更。(2021.11.7〜)

誕生花

清遊雲便りNo.2:あなたの色

誕生花や誕生石、誕生星とかあるけれど、誕生月の色、というものも!「新潟県の十日町織物工業協同組合が1981年に制定した12ケ月の季節の色」だそうです。まぁ、花言葉なんかもイメージからふくらませたものがほとんどで、だからいろんなものがあってオモシロイわけで……。

たしか『美人の日本語』(*)という本を見つけて内容を知りたくて調べていた時に「恋路十六夜」という言葉を見つけて、そこから誕生月の色にたどり着いたという……綺麗な言葉だなぁ、と胸キュン💕 皆さまの誕生月のイメージはいかがでしょうか?


https://ameblo.jp/cocoiro-color/entry-12375075150.html




♪もしも生まれ変わっても また私に生まれたい
この体とこの色で 生き抜いてきたんだから

https://youtu.be/e6scYs-KUIk


懐かしいポケビのこの歌を思い出した金曜日、どうぞ皆さま、楽しい週末をお過ごし下さいませヾ(´ー`)ノ



(*)美人の日本語 (幻冬舎文庫) >> https://bookmeter.com/books/454782


令月雲便りNo.9:チュウボウのサル

「チュウボウのサル」………タイトルを聞いて、小生意気な中学生を連想してしまいますが(あら、私だけ?)『厨房の猿』という絵画がありました。もう前からサルが住宅街に出没、大捕物のニュースが流れていますが、この絵がリアルに再現されたら恐ろしいですわ。「猿の軍団」……((( ;゚Д゚)))


【厨房の猿】
https://ameblo.jp/giantlimited/entry-11291479573.html



実家にキジの剥製があったのを思い出して(コレも怖かった)キジについて調べていたら「誕生鳥」なるものがありました。誕生花、誕生石、誕生星……なんでもありますなぁ。根拠はどこにもあるのかわからないけれど、確実に366種類は存在するってことですよね。誕生鳥はまぁいいとして、誕生魚とかはさかなクンくらいのマニアじゃないと喜ばないかも(;゚∇゚)


【誕生鳥&鳥言葉】
http://hijiki-to-oudon.com/birthdaybird/



サルとキジときたらやっぱり次はイヌでないと! 作者不詳の「犬」の詩です。



     「犬」


神は地と天を創造されたとき
花や樹を造られ
それからあらゆる生き物を
そして全ての鳥や蜂を創造された。
ご自分の仕事を完成されたとき
ひとつとして同じものはなかった。
神は言われた。
「これからこの地球を歩き、
それぞれに名をつけよう。」
それから神は地を、海を、往かれた。
神がどこに往かれても
力の限りその後を付いていく
小さな生き物があり、
地のもの、空のもの、海のものすべてに
名がついたとき
その小さな生き物が言いました。
「神様、僕にはもう、名前が残っていません。」
父なる神(God)は笑ってやさしく言われた。
「お前のことは最後まで残しておいたのだ。
わたしの名前を逆さにして与えよう。
おまえの名は、Dog(犬)だ。」





最後に……このセンスは一体いつのものなのか(´~`;)と思ったポスターをご覧下さいませ。


http://www.convention-w.jp/jssbji39/index.html

芸香雲便りNo.18:家族になろう・・・よ?

誕生花、誕生石など誕生◯◯というものがたくさんありますが、カクテルもあった🍸 困った時の話のつなぎにはいいかもしれないけれど、飲まない人間には、おいしいのかなんなのかわからない(´-ω-`)


【エル・プレジデント】

http://b151a.seesaa.net/article/354205180.html


私の誕生日カクテルは↑だった🍸




久しぶり日本診断メーカーをやってはみたのだけれど、その結果がコチラ~

【オスカーさんを家族にした場合】

メリット
⑴みんなに優しくなれる
⑵メンタルが強くなれる
⑶勇敢に戦ってくれる
⑷会話がとても弾む

デメリット
新しい性癖に目覚める

#あなたを家族にするメリットとデメリット
https://shindanmaker.com/802806



注目すべきはデメリットですね~「新しい性癖に目覚める」Σ(´∀`;) 一応、旧姓でもやってみましたが、その結果は↓でした。


メリット
⑴四六時中イチャイチャできる
⑵YouTuberとして一躍有名に
⑶身代わり出頭させることも可能
⑷悪口が減ってくる

デメリット
ダルいが口癖になる




ああ、毎日ダルいわぁ~(-_-)(-_-)(-_-)

第573号:あいしょうかぁ~(~_~)

コスモスが風に揺れる季節になりましたね~もう少し日中気温が下がるとよいのですが…むし暑いですね(´д`)

昨日は本屋をウロウロしたと前の記事にもかきましたが、すでに来年のカレンダーや手帳が販売されていて、来年の運勢本もチラホラ~! そんなコーナーでよくある誕生花や誕生石の本に並んで『366日 相性花の本』とかいうのがありました。


「相性花」というのは、春夏秋冬、その誕生日の人にお花を贈るなら「コレがおすすめよん♪」みたいなもので…もちろん誕生花の説明もありました。あと相性の良い人の誕生日とかもあって…私の場合、ソウルメイト(魂の伴侶)ではありませんでしたが「力になってくれる人」のところにダンナの誕生日がありました(((^_^;) ダンナの方は…私の誕生日はすべての項目がスルーでしたわ、オホホ~どうしてかしら( ̄▽ ̄;)

しかし、今は何でも占いもどきで性格だの相性だの…本になっているのですね。きっと真剣に読んで「この人はダメ」「あの人は大丈夫」とか判断する人がいるんでしょうねぇ…人と人とのつながりはそんなに簡単にはいかないと思うのですが。

そのうち「HappyBirthdayのかわりにコレを歌うと運気があがる♪」とかいって『366日あなたの愛唱歌』とか発売になったりして~いやいや、フードにファッションも星座や血液型以上に誕生日その1日にターゲットをしぼる可能性もあるかも(((・・;)

ひつじ雲便り482:コケの妻

暑い日はおうちで汗だくになりながら読書……こんな文学少女はどう考えてもイヤですよね(笑)


しかし、少女ではないワタクシはいまいち出かける気力がなく…今日は午後からベランダ補修工事もくるので、引きこもりであります!!


昔むかし買った誕生花の本を見ていたら、昨日のページに『コケの妻』という話がありました。


大木の洞穴に住む妖精の一族の名前で、なにかに驚かされるたびにコケの緑にスーッと身を隠すんだそうです。この奥ゆかしさが「妻」なのかしら(笑)


人間に優しくされると、コケを編んで着物をつくり、刺繍もしてプレゼントしてくれるとか。


ある子どもが、コケの妖精にいちごがほしいと言われたので、摘んできたいちごを少しわけてあげました。その子どもが家に着く頃には残ったいちごがすべて黄金に変わっていたそうです!!


なんてかわいらしいお話!!子どもにしたら、食べられるいちごが増えていた方が嬉しかったかもしれないですけど(*^^*)


前に『ヒカリゴケ』という題名にひかれて(ドラクエで遊んでましたぁ)文庫本を買ったのですが、全く先に進まず…今はどこにあるのかしら(-.-)


あと鎌倉時代に『苔の衣』という話があったようです。


《苔の衣》

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8B%94%E3%81%AE%E8%A1%A3

メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード