読売新聞

2019年10月09日

紅樹雲便りNo.8:化学変化

日曜日(10/6)の読売新聞書評欄で村田沙耶香さんが『あとは切手を、一枚貼るだけ』について書いていた、文章が美しく印象的でした。

「二十代のころ、一度だけ、ある人が紡ぐ言葉に恋をしたことがある。小説とは関係のない人だったが、その人の書く句読点も平仮名の使い方も好きだった。言葉は呼応する。その人の言葉に反応して出てくる自分の言葉にも驚きを感じ、大切にしていたのを覚えている。」


「言葉は生きていて、永遠の化学変化を続けている。その目に見えない奇跡がこの本の中に存在していると、確かに思うことが出来るのだ。」



【あとは切手を、一枚貼るだけ】
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191004-00010000-figaro-ent


文庫になったら読んでみたい(笑)



rohengram799 at 00:00コメント(2) 

2019年06月17日

林鐘雲便りNo.15:もっとあした

今日のタイトルは、11日の読売新聞の読売歌壇、俵万智さんが選んだ作品にあった言葉です。



あさっては「もっとあした」の幼子に「もっともっと」の「あした」輝け

(たつの市 七条章子さん)


【評】明後日という語を知らなくても「もっと明日」で表現できる。幼子が少ない語彙を組み合わせる時、それが詩になる例だ。輝く未来を願う下の句の、全肯定感も素敵。




たつの市ってどこかと思ったら、兵庫県なんですね。2005年に合併して出来たそうで「播磨の小京都」とも言われているとか。あと醤油が有名らしいです。

https://histrip.jp/171109hyogo-tatsuno-2/




歴史の町に新しい命が生き生きと……「明日なんて来なくていいのに」と思い悩む日が来るのがずっとずっと先であるように、と思ってしまいます。いつでもだれにでも明日は希望に満ちたキラキラしたものであって欲しいですね✨



皆さまもよい1週間になりますようにヾ(´ー`)ノ





rohengram799 at 10:22コメント(0) 

2018年12月15日

竜潜雲便りNo.21:魑(すだま)

読売新聞が値上げになるらしい・・・朝刊のみは据え置きらしいけれど、う~ん・・・全く目を通さない紙面もあるのだけれど、やはり新聞がないというのはなぁ・・・と考えてしまいます。



長谷川櫂さんの『四季』に「結城 哀草果 という人の短歌が載っていました。「ゆうき・あいそうか」スゴいペンネームだな、と思いましたが、最初に師事した方が土岐哀果という人なので、この先生からなのかな?


明治26(1893)年10月13日ー昭和49(1974)年6月29日。斎藤茂吉記念館初代館長。歌集に「山麓」「すだま」「群峰」「まほら」「おきなぐさ」「結城哀草果全歌集」があり、随筆に「村里生活記」「哀草果村里随筆」(3巻)など。


歌集のひとつにある『すだま』ってなんだろう? スッピンの魂? イヤ、それも意味がわからないだろ~!とひとりでツッコミを入れながら調べてみました。「魑」という漢字が出てきました。これは「魑魅魍魎」の「魑」では・・・。


【「魑」はばけものの類、「魅」はもののけの類。 山林の気から生じるというばけものの類。山や沢の怪物やもののけ。すだま。】


「すだま」という妖怪?の絵は見つからないようです。


http://youkaiwikizukan.hatenablog.com/entry/2014/04/11/%E9%AD%91%E9%AD%85%EF%BC%88%E3%81%99%E3%81%A0%E3%81%BE%EF%BC%89%E3%81%AE%E8%AC%8E




歌集『すだま』についてはこちらで。

https://blog.goo.ne.jp/oyuse13/e/b3df79ce525a057a2c2857bff1e2b03f





rohengram799 at 11:47コメント(2) 

2018年11月29日

竜潜雲便りNo.9:少年

本を読んでいたら「さなきだに」という言葉が出てきました。「然なきだに・・・(´・ω・`)?」は「
そうでなくてさえ。ただでさえ。」という意味だそうです。口語では使わないでしょうねぇ。言われても「サナギ? ダニ? 虫の話?」となってしまいそうです(-∀-`; )




『しゃがみこみ靴紐なおす少年が羽化する如く立ち上がりけり』(松江市・ 犬山純子さん)



読売歌壇(11/26)で俵万智さんが選ばれた作品です。『新世紀エヴァンゲリオン』の主題歌♪残酷な天使のテーゼを思い出してしまいました~少年って少女より大人になる助走期間が長いような気がします。少年の持つピュアな雰囲気は少女とはまた違う魅力があって、萩尾望都さんの『トーマの心臓』を読み返したくなりましたわ。



羽化といえば「羽化登仙(うかとうせん)」という四字熟語がありました。中国古来の神仙思想などで、人間に羽が生えて仙人になり天に昇ること、また、酒に酔ってよい気分になることのたとえだそうです。心身ともに羽がはえて舞い上がってしまうのかしらん? 来月は忘年会やらクリスマスやらで、こういう人たちが増えそうですな!




rohengram799 at 15:08コメント(0) 

2018年11月28日

竜潜雲便りNo.8:葉痕

おはようございます ☀️🙋❗


読売新聞の編集手帳に「葉痕」という言葉がありました。「ようこん」とは葉が枝に着いていた所に残るあとのことをいいます。



◆落葉はさみしい初冬の景色につきものだが、唐沢孝一著『目からウロコの自然観察』(中公新書)を読むと見方が変わる。散ったあとに枝や茎に残る小さな「葉痕」は、よく見れば、動物に似ていたり人の顔に見えたりして面白い。中でも唐沢さんは、つる草のクズをすすめる◆丸い葉痕に、ぱっちりした目と鼻がついていて、かわいらしい少女のように見える。写真を紹介できないのが残念である(紙面より一部抜粋しました)



画像検索してみました。たしかに~顔だ!


http://shizuka.sakura.ne.jp/kobo/fuyume/kuzu.htm



唐沢孝一さんのインタビュー記事はコチラです。ステキなオジサマではないですか♥️


http://www.chuko.co.jp/shinsho/portal/109847.html




寒い時期には寒いなりに楽しいことがありますね。どうぞよい1日を♪(o・ω・)ノ))




rohengram799 at 07:45コメント(6) 
記事検索
月別アーカイブ