読書週間

2022年11月13日

水霜雲便りNo.8:カリカリ

こんばんは⭐

新聞の新刊広告で「狩女」という文字を見つけて、今は何でもかんでも○○女なのね…と思いましたが、かなり前から使われていたようで……全く知らなかった!

【狩女のすすめ】
https://honno.info/kkan/card.html?isbn=9784895318716

【狩女の会】
https://dot.asahi.com/dot/2016062000011.html?page=1

そしてやっぱりこの言葉もあったのですね(;´Д`)
【カリージョ】
https://imidas.jp/ryuko/detail/N-101-1178.html


ジビエ料理は食べる機会はないですが(食べたい気持ちもあんまり😓)食べるというとコチラの記事も面白かったです。

「この食べ方に出会ったから、この食材を買うようになった」エピソードを集めてみた
JA全農 広報部【公式】
https://note.com/zennoh_pr/n/n123ccefa0b55


読書週間だったり、受験や就活の話題になるとあちこちで「この本を読め!」的な記事が増える印象がありますが、コチラのコメントには同感です🥸

そう!本は出会い。 だから薦めてはいけない… 読書という行動を、 するかどうか、 すら、その人と本の出逢い… それこそ、それだけが、読書の真髄! なので 読書離れが心配… など、大きなお世話である!
#Yahooニュースのコメント https://news.yahoo.co.jp/profile/comments/16679042775683.8274.00043

紀伊國屋書店グッズ(11/30発売)
https://store.kinokuniya.co.jp/event/100th-originalgoods/


皆さま、今週もどうぞご安全に⁠(⁠・⁠ω⁠・⁠*⁠)⁠ノ



rohengram799 at 20:10コメント(8) 

2021年10月29日

鹿茸雲便りNo.30:昼想夜夢

昼想夜夢(ちゅうそうやむ)…… 目が覚めている昼に思ったことを、夜に寝て夢見ること。「ひるおもいよるゆめむ」と訓読するそうです。平仮名だと「ちゅうしょう やむ」と読めてしまう(´ε`;) 昼間、楽しいことをたくさん見聞きしていないと、素敵な夢はみられないかなぁ。私の今日の夢はいろいろでしたが、そのひとつは「チャーハンがうまく作れない」でした。冷凍チャーハンをフライパンで炒めるだけなのになぜか出来ない! パラパラにならない! あと貯金通帳がマイナス280万円になっていた……ヽ(;゚;Д;゚;; )ギャァァァ !!

*****

昨日から「読書週間」なんですね。標語やポスターがあるなんて知らなかったです。本屋さんではやたら芸能人の表紙やら帯(腰巻き)のついた本が目立つなぁ、と思いましたが。ポスターはあったっけ('_'?)

http://www.dokusyo.or.jp/jigyo/jigyo.htm

このところのワイドショーの騒ぎ具合からか『人でなしの恋』ってあったなぁ……と青空文庫で読み返しています(-∀-`; )

https://www.aozora.gr.jp/cards/001779/files/57511_65228.html

*****

霜降の時に書いた「抱き入れし護謨の冷たし霜降に」(長谷川かな女)の護謨(ゴム)の謎ですが「水枕」ではないかと教えていただきました。水枕! 今はアイスノンとか冷えピタとか便利なものがあるので、あのゴム製の水枕のことなど忘れていました。わが家にもありましたが、もうだいぶ前に処分してしまった(;´д`) 霜降の頃は気温も下がり、体調を崩していたのかもしれない……そう考えると熱のある身体に水枕を抱きしめる気持ちもわからなくはない。

水枕というと西東三鬼のこの句を思い出します。

https://yeahscars.com/kuhi/mizumakura/


あと、輪ゴム! このパッケージが懐かしい! 手首に輪ゴムが日常だった(笑)

https://retrox.biz/archives/210302.html

*****

10月最後の金曜日(プレミアムフライデーってまだやってる?)、どうぞ皆さま、おだやかに楽しくお過ごし下さいませ (*・ω・)ノ




rohengram799 at 08:50コメント(6) 

2010年10月29日

第316号:ビブリオさん、読書週間ですね

昔むかし『土器王紀』というゲームソフトがあって(私は結構気に入っていたのですが)ビブリオという登場人物がいました。


最近、このビブリオという言葉はフランス語で『書物』を意味すると知り、そういえば図書館のような資料室みたいなところにいたな~と思い出しました。


来月3日には、大学生がお気に入りの本を持ち寄って内容を紹介しあい、どの本が一番読みたくなったかを決める《ビブリオバトル》が開催されるそうですね。


東京国際フォーラムで行われる《すてきな言葉と出会う祭典》のイベントの1つらしいですが、どんな本が選ばれるのか、楽しみですな~☆☆☆


私は『四日間の奇蹟』(浅倉卓弥)『償い』(矢口敦子)『噂』(荻原浩)『骸の爪』(道尾秀介)の四冊を新たに購入したのに、まだ『博士の愛した数式』を読み終わっていません…(´Д`)


先日は新聞で、谷口ジローさんの川上弘美さんの対談を読み、ああ、谷口さんの漫画が買いたい!!などとまた思ってしまいました…( ̄▽ ̄;)


話がまたそれますが、新井素子さんが現在日本SF作家クラブ会長だと知り、はぁ~と時の流れを感じました(笑)


私が新井素子さんを読んだのはコバルト文庫の『星へ行く船』とか『ブラック・キャット』だったので、懐かしすぎる!!





rohengram799 at 15:20コメント(4) 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ