財布

2022年11月29日

水霜雲便りNo.20∶つめづめ

こんにちは🐥

最近は早起きなワタクシですが、その分日中ボーッとしている時間が増えたような気がします。この前はスーパーに財布を忘れるというオソロシイ体験をしてしまいました😱 それも半日気づかずにいたという……ちゃんと保管されていてよかったです。気をつけなくては。


さてさて今日(11/29)は風柱さまの誕生日🎉ってキメツを知らない人にはどうでもいい出来事ですが、その話出はなくて「十一月二十九日」を「つめづめ」と読むという記事を以前読んだことがありました。しかしこれは実在している(いた)名字ではなく幽霊名字らしいです。創作ってことですかね?
「四十八願(よいなら)」という名字は、むかし栃木県のある地域で疫病が流行った時に死者の霊を鎮め、病人がこれ以上発生しないようにと村人が四十八の願掛けを行ったことに由来しているとありましたが、実在しているのかな? 死後に行くとされる“黄泉が原”の読み方が変化した、という説もあるそうです。


こちらは名字ではなくて、辞書をパラパラしていた時に見つけた言葉。「まえん」〜魔縁と書きます。意味は悪魔が人の心を迷わせること。また、その悪魔。エンマじゃないのね、と思ったら脳内で「焔魔」「煙魔」「艶魔」と漢字変換される!
焔魔の得意技は火炎砲、煙魔の得意技は煙に巻くこと、艶魔の得意技は色仕掛……戦隊物にするにはメンバーが足りない気がする(笑) そして♬お前の胸に忍び込んだ悪魔が僕は憎い〜と歌いたくなる火曜日の午後。 

【悪魔がにくい】
https://www.uta-net.com/song/11615/


最後に我が心、木石にあらず……で美しい石をご覧下さいませ。
【ときめく石 -色と形が奏でる世界-】
https://www.nat.museum.ibk.ed.jp/exhibits/special/



rohengram799 at 15:40コメント(2) 

2012年03月19日

第724号:おタネちゃん(^0_0^)

今日は風が強いことをのぞけば、春らしいお天気!ダンナがいうところの「筑波山」もウチから見えますが「あの高さは山じゃないだろ!?」と山梨生まれの私はいつも思っています(((^_^;) そして帰宅する女学生!!の集団を見ながら「そういえば私が学生の頃は残念なお胸のコは“関東平野”と呼ばれていたなぁ」なんて思い出したりしていました( ̄▽ ̄;)


今日は久々に家族全員がいる日で「日曜日?」…溜め込んだ新聞に目を通して「月曜日じゃん!!」(笑)


『長寿銭』という言葉を見つけたのは新聞の投稿欄ですが、私は初めてききました。


葬儀に参列すると5円玉がつけられた会葬礼状を受取ることがあり、この5円玉は長寿銭と呼ばれる。故人が長寿であった場合の葬儀につけられる。「故人にあやかって長寿でありますように」という意味が込められている。長寿で亡くなったことをお祝いして紅白饅頭や紅白砂糖、お赤飯を配るところも地域によってはある。


考えてみたら、長寿の方の葬儀に参列することなどなかったなぁ(((・・;)地域により風習も違いますからね。お金は使った方がいいみたいです。食べ物もお裾分けで美味しくいただくのがいいみたいですし…!亡くなられた後も気にかけていただいているみたいで、手にしたら有難い気持ちでいっぱいになりそう(^^)私も健康で長生きしたいものです~そしてうまれた年の「昭和39年の五円玉」をお配りしたい!!


初めて使うお財布にも「お種銭」を入れておくと“仲間を呼んでくれる”といいますが、ウチのおタネちゃんは恥ずかしがりやで声が小さいのかお友だちが集まりません~来てくれてもショートステイなので悲しい毎日です(ToT)





rohengram799 at 12:54コメント(16) 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード