財津和夫

2017年12月03日

暮歳雲便りNo.3:サボテン

以前読んだ『愛についての感じ』の中に「レインスティック」が出てきました。サボテンから作る、とあって、あんなトゲトゲのものを楽器に(´・ω・`)?と思ったのですが、乾燥して使うのですね。サボテンを使わなくても似たようなものは出来るみたいで!夏休みの自由研究など人気があるようです。名前がロマンチックでいいですわ~!


【レインスティック】

https://kids.gakken.co.jp/jiyuu/sp/idea_db/825.html




サボテンというと財津和夫さんの♪サボテンの花を思い出しますが(昭和色が濃い歌だなぁと久々に聴いて思いました)野一色容子(のいしき・ようこ)さんという方の句集に、サボテンを詠んだものがありました。新刊紹介記事で知りましたが、この装丁がタイトルにとてもあっていてステキだと思います!

http://furansudo.ocnk.net/product/2374




「サボテンにひとり娘のやうな花」われのことかと亡き父おもふ
 


サボテンの花って種類によって花の形も様々ですが、ひとり娘とあるので、私は可愛らしいピンクの花を想像しました。父親にとって娘の存在は砂漠のオアシスであって欲しいなぁ、と思いますわ。思春期に一時期関係が悪く成ったとしても、父娘はいつまでも仲良くが一番~なんて親不孝だった自分のことはどこへやら(´ー`A;)




冬には冬の美しい植物がたくさんありますね。美しいものをたくさん見つけられる毎日でありますように(* ^ー゜)ノ










rohengram799 at 00:06|PermalinkComments(4)

2010年10月25日

第311号:『青春の影』に「昭和」の影

最近またコマーシャルで『青春の影』が流れていますね。 私の中では、チューリップとオフコースはいつもセット!! 歌は、オフコースの歌詞が好きなんだけど、声は小田さんより財津さん…かなと~(((^_^;)
昨日、オタ息子とこの曲の話になって、思わず『青い影』とか言ってしまった(笑)

私にはこの曲は、夢を追うのに疲れた…というか、あきらめた中年男(といっても30歳ちょい?)のイメージなんだけど(笑)オタ息子は「えっ、これからガンバるぞ!って前向きな歌じゃないの!?」と驚いたように言うから、反対にこちらが「えっ!?」ですよ(゜□゜)


♪ 自分の大きな夢を 追うことが
今までの僕の 仕事だったけど
君を幸せにする それこそが
これからの僕の生きるしるし


この歌詞をどう受け取るかでナニがわかる!?

感性の違いか、時代の違いか~(-_-;) 私には、やっぱり才能の芽が出なかった、文学青年とか芸術家タイプの男性なんだけどな~! 女性も、彼と離れている間にそれなりにいろいろあったけど…「でも待ってたの」なかんじですね(笑) 髪が腰のあたりまで長くて、カーディガンを羽織っているって、このイメージは昭和以外のナニモノでもないって( ̄▽ ̄;)!?

そうそう、このあとに『白い巨塔』にこんな名前の人がいなかった~?とオタ息子が言いました。
「……財前五郎のこと?」
「ああ、それそれ~!でも“財”しか合ってねぇ~!!」と言ったのにはウケました(笑)

オスカー親子、本日もバリバリ「ノーテンキ」ですヾ(・◇・)ノ


rohengram799 at 13:06|PermalinkComments(2)
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ