車椅子

2021年04月19日

純陽雲便りNo.16:疑問符

「テクスチュアルハラスメント」なるものがあるらしい。ある文章に対し「女にはこんな文章は書けるわけがない」「男なのに女々しい表現ばっかり使う」などの性差別に当たる発言をしたり、男性作家と名乗っているのに裏では女性に書かせているに違いない、などの虚偽の噂を事実のように周囲に吹聴するような、嫌がらせ行為のことをいうそうです。


名前だけでは男女の区別がつかない作家さんていますが、その区別は必要なのか?という時代になっていますね。作家さんのプライベートは知ってしまうとなんだかなぁ…とへんな先入観を抱いて小説を読んでしまいそうで、ご自身がインタビューとかで語らない限りは別に知らなくてもいいかな、と。短歌や俳句などはそれを詠んだ時の状況を知ると理解が深まることはありますが…。たまに、えっ、このふたりは夫婦なの!? と驚くことも(;´∀`)


*****


読売新聞(3/26)四季で長谷川櫂さんが取り上げた、ねづときおさんの「花の宴一等席に車椅子」の句がとても素敵だなぁ、と思い、句集『せせらぎ』を検索してみたのだけれど、他の方のものしか見つからない……ねづときおさんも根津美術館とか鬼滅のネズコちゃんがワラワラ出てくる(´-ω-`)


「オカアサン」と鳴く鳥かなし十三夜(上村占魚)

こちらの俳句を見つけた時も、本当にオカアサンと鳴く(そう聞こえる)鳥がいるのか知りたい!と思いましたが、見つからない。自分だけにそう聴こえたってことなのかなぁ…と考えては、やっぱり気になる!の繰り返しです。


*****


西條奈加さんの『まるまるの毬』を寝る前に一章ずつ読んでいます。和菓子職人の話なのでいろんなお菓子が出てくる……明日はかりんとうを食べよう!と思いながら布団に入ることになり、最近なぜか早起きに(笑)

https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000212658


*****


今日は夏日になるとか? 皆さま、体調管理が大変だと思いますが、どうぞおだやかで楽しい1週間になりますように (*・ω・)ノ


rohengram799 at 07:50|PermalinkComments(4)

2010年04月14日

第36号:なぜか宮崎…(゜□゜)

使用済み切手やプルタブ回収先について検索していたら、なぜか宮崎県ボランティアセンターのサイトにいってしまった…なんで!?
(情報は県外もあるので一度のぞいてみるといいかも♪)

その中で『テレカ収集協会愛の献血運動センター』というのを発見!

換金して献血を呼びかけるオリジナルテレカを作成とあり、東京都内のセンターだったので調べてみたところ、残念ながら今は休止中(>_<)

今はテレカを使用する機会もないですよね。
みんな携帯電話持っているし、公衆電話がある場所もかなり減りましたし…もっと早く知っていたら、協力出来たことがたくさんあったのに~と残念です(´Д`)

他にも社会の変化で、活動を休止したところもあるかもしれませんね。

『誕生日ありがとう運動本部』というところも、使用済み切手など回収して、知的障がい者のサポート活動とかしているようなのですが、現在の活動はちょっとわかりません。

http://www.joy.hi-ho.ne.jp/v-tanjoubi/hyousi.htm


そうそう《プルタブで車椅子》ですが、5万円程度のもの一台には、プルタブ150万、ドラム缶8本分必要なんだそうです!!

個人では難しい分量です!!
だから、企業や学校単位でどんどん活動の輪を拡げていってほしいです!!

そして、私たちも、そういう身近でできることがないか、いつも氣にかけるようにしたいですね(^o^)


☆おまけ☆
今回のタイトルは、井上陽水さんの『なぜか上海』を意識してみました(*^^*)


rohengram799 at 11:45|PermalinkComments(2)
記事検索
月別アーカイブ