週刊モーニング

2022年02月20日

かたゆき雲便りNo.17:ふと

この前初めてドラマ化された『あせとせっけん』を見たのだけれど、5分も視聴出来なかった……なんだ、アレは? 番宣ポスターを見た時もイメージと違うなぁ、と思っていたけれど話したりする姿はもっと酷かった (´д`|||) 同じモーニング連載でも『ハコヅメ』はまだよかった……低予算なのか?


最近はまた無料漫画を読むことが多いワタクシ、面白かったものはぼちぼち紹介していきたいなと思っています。こちらは2話だけの立ち読みでしたが、「おばあちゃん」から「ボク」になったスミコさんの話。

【スミコさん】https://store.voyager.co.jp/publication/9784862398154

そして吉原幸子さんの詩が浮かんできました。だんだん記憶が曖昧になっていくのってこんな感じだったりするのかなと。



『ふと』 吉原幸子


なにか とてもだいじなことばを
憶(おも)ひだしかけてゐたのに
視界の左すみで
白い芍薬(しゃくやく)の花が
急に 耐へきれないやうに
無惨な 散りかたをしたので
ふり向いて
花びらといっしょに
そのまま ことばは
行ってしまった
いつも こんなふうに
だいじなものは 去っていく
愛だとか
うつくしい瞬間(とき)だとか
何の秘密も 明かさぬままに
そうして そこらぢゅうに
スパイがゐるので
わたしはまた 暗号をつくりはじめる
ことばたちの なきがらをかくして


(詩集『夏の墓』より)



では、また (*・ω・)ノ



rohengram799 at 15:10|PermalinkComments(6)

2020年01月28日

献春雲便りNo.27:せっけん の 誘惑

今日は冷たい雨になりました。雪にならないだけよかったのでしょうか? 天気に惑わされることもなく、ワタクシは日々妄想……今日はちょっとばかりモモイロなお話(/ω\)キャー


読売新聞の「編集手帳」にまどみちおさんの詩が引用されていました。



せっけん 


こんなにちいさくなった おふろばのせっけん
うちじゅうの みんなのこころに
やさしく ちりしいて
1まいだけのこった
バラのはなびらのようだ




今はシャンプーも手洗いせっけんもポンプタイプでアワアワ状態で出てくるので、小さくなっていくせっけんの姿を知らない子どもの方が多いでしょうね。小さくなっ田野を新しいせっけんにペタッ!と貼りつけて同化(?)させて使うとか〜考えることもないんだろうなぁ。



さてさて、せっけんといえば昔は「牛乳せっけん、よいせっけん♪」だったと思いますが、今は漫画の『あせとせっけん』でありましょう(/▽\)♪ 以下、サイトからのおおまかなあらすじ。


女性に絶大な人気を誇る化粧品&バス用品メーカー・リリアドロップに勤めるOL・八重島麻子(やえしまあさこ)は、重度の汗っかきなのがコンプレックス。

デオドラント製品が手放せない生活の中、ある日、商品開発部の名取香太郎(なとりこうたろう)に、「君の体臭は素晴らしい! 新商品の石鹸開発のため、これから毎日、君のにおいを嗅ぎに来ます!」と言われてしまう。

でも、においを嗅がれるのは、そんなに嫌でもなくて……?



こちらから最初の話を読めます。

https://comic.pixiv.net/works/5293



今、週刊モーニングで連載されているのですが、ダンナさんがハマりまくって毎晩読んでは「麻子さん、麻子さん」うるさいです〜でも、確かに可愛いのですわ。ナイスばでぃですし。65Gカップってどんな感じ?とますます発想がおやぢになっていきます(^o^;)



あせとせっけん 

こんなにアツくなった 彼女のカラダ
胸や背中や ヤワラかなところに
やさしく アトをつける
シーツの海にうかぶ
バラの女神にするために



まどさんに怒られるな……と思いつつ、こんな改作(?)したくなるような、エロい場面も可愛らしく満載ですのでぜひ漫画をお楽しみ下さいませ(〃艸〃)


rohengram799 at 08:40|PermalinkComments(6)

2019年01月29日

萌月雲便りNo.31:異性か o(><;)(;><)o

週刊モーニングで月イチ連載中の『きのう何食べた?』がまさかのドラマ化Σ(・ω・ノ)ノ う~ん、なんとゆーか、別にホモホモさを全面に出した漫画ではないからドラマになってもいいんだけど、う~ん………となってしまう。作者が納得しているならいいかな~多分見ると思うけど。


https://www.tv-tokyo.co.jp/kinounanitabeta/smp/



同じくモーニングで連載中の『個人差あり〼(ます)』、こちらも自分がその立場になったらどーするΣ(゚Д゚;≡;゚д゚) な話です。


http://www.pillollow.com/entry/2018/11/24/110518



自分が望んだわけではないのに性別が変わるって、全く想像出来ません……。 以前『フィメールの逸話』という漫画のことを書いたことがありますが(*)、身体と心の関係、そして他者との関係、難し過ぎる!




(*)http://blog.livedoor.jp/rohengram799/archives/50714033.html



rohengram799 at 06:53|PermalinkComments(2)

2018年06月23日

芸香雲便りNo.23:夜までは

週刊モーニングで連載中の『はたらく細胞BLACK』がおもしろいです(^◇^)

http://morning.moae.jp/lineup/1006


前回のアルコールを浴びた赤血球たちの働きも、おお、すごいなぁ、身体の中ではこんなことが!と思ったのですが、今回は「興奮状態」に入った身体の話。殿方の体内で目まぐるしく、献身的にひたむきに働く赤血球さんたち。やりとげた満足感の後の虚無感、そして白血球さんからの宣告。


「緊急事態だ……! 今の性交渉でこの身体に淋菌が侵入した…!」



今週の話を読みながら、室生犀星の『夜までは』という詩を思い出しました。望郷の念を抱えた詩人が教科書で読んだ詩人のイメージだったのに、他の作品を読んでいくたびにこの人って…と思ってしまいます(^o^;)



   『夜までは 』 室生犀星

男といふものは
みなさん ぶらんこ・ぶらんこお下げになり、
知らん顔して歩いてゐらつしやる。
えらいひとも、
えらくないひとも、
やはりお下げになつてゐらつしやる。
恥かしくも何ともないらしい、
お天気は好いしあたたかい日に、
ぶらんこさんは包まれて、
包まれたうへにまた叮嚀に包まれて、
平気で何食はぬ顔で歩いてゐらつしやる。
お尋ねしますがあなた様は今日は
何処で誰方にお逢ひになりました。
街にはるかぜ ぶらんこさんは
上機嫌でうたつてゐらつしやる。


 
夜からの武勇伝は皆さまのご想像におまかせしましょうか ∩(´∀`∩)



『はたらく細胞』来月からのアニメ、見たい(笑)

https://matome.naver.jp/m/odai/2146030483586695101
  



おまけ:昭和テイストな(エロっぽい)イラストを描く吉岡里奈さん(*ノ▽ノ*)

https://rina-yoshioka.jimdo.com/





rohengram799 at 00:07|PermalinkComments(4)

2016年12月08日

走雲便りNo7:立ち入り禁止

今日は休み~! 昨日、忘年会だった旦那さんは、久々に外でお酒を飲んだからか、朝はフラフラしていました。これから帰宅途中に酔っ払いをたくさん見るようになるのかしら? サラリーマンより、学生たちの方がギャーギャーウルサい印象ですが。


今、週刊モーニングで「眼鏡橋華子のお見立て」という、眼鏡屋さんの漫画が連載中なのですが、こんな風に丁寧に眼鏡を選んでもらいたい~!と思ってしまいます。「眼鏡は顔の一部です~」全くその通り(笑) 落ち着いてゆっくりフレーム選びとかしたいけど、なかなか出来ない。度数も合わなくなってきたし、老眼だし・・・。



本屋さんで立ち読みも何冊かしてきましたが、その中に立ち会い出産についてのマンガがありました。なんとロンドン大学の研究で、夫同席の場合と同席者なしの出産を調査したところ、「夫がいた方が痛い‼」という結論が出たそうです。よくダンナさんがありました優しいにんぷさんはつわりがひどいと聞きますが、甘える気持ちが出てしまうのか?


そしてフランスの研究では、夫がいるとオキシトシンとかいうホルモンが不足して帝王切開になるケースもあるとか・・・・・なんでしょう、何で自分だけ痛い思いをしなくちゃいけないんだ、お前のせいだ、とかダンナさんを恨みたくなるのかしら・・・ちなみに私は無痛分娩を選んだので、よく聞く痛みとは無縁でした。立ち会いは希望しなかったし、ダンナさんも 拒否(^。^;)



立ち入り禁止をネタにしたマンガ雑誌でしたが、冬に肝試し👻で廃墟とか行く人もいるのかしら? 私は季節に関係なくイヤです・・・(;´Д`)




rohengram799 at 16:02|PermalinkComments(10)
記事検索
月別アーカイブ