鈴木明

2021年08月22日

金涼雲便りNo.19:夏の月 🌝

今日は満月 🌝

遠く離れて逢いたいときは月が鏡になればよい


m_keep_aspect_shutterstock_400432507



こんな都々逸がありました。



お天気がイマイチな時の逢瀬なら、今年5月に鬼籍に入られた鈴木明氏(*)のこの俳句でしょうか。


しぐれて二人月面にいるようじゃないか


月面に立ったことはないと思いますが、こんな風に考える人はロマンチストだったのではないかとか。「赤いくつした履いたまま寝る冬の金魚 」「女は虫カフカが困るほど変る」も好きだなぁ。



どうぞ皆さま、心おだやかな夜をお過ごし下さいませ ♪(o・ω・)ノ))



(*)http://furansudo.com/archives/20283




rohengram799 at 17:00|PermalinkComments(4)
記事検索
月別アーカイブ