鈴木雅子

2021年10月22日

鹿茸雲便りNo.23:Broyer du noir

今日は12月初旬の気温とか……昨夕はまたビミョーに揺れたりして、今月は本当にいろいろな面でなんだか落ち着かないですわ。

*****

漆桶(しっつい)という仏教由来の言葉を知りました。漆(うるし)を入れた桶は真っ黒で何も見分けがつかない。このように仏法について何もわからない僧のこと。また、その原因である煩悩や妄執をさすそうです。それが「失墜」に繋がるのか、と思うような読み方ですなぁ。漆黒だと美しいのに。特に考えたことがなかったのですが「漆黒」の反義語は「純白」なんですね。当たり前と言えばそうなんだろうけれど。純白より漆黒に魅力を感じるのは腹黒だから?

「和色大辞典」 http://www.colordic.org/w/


漆で思い出したのが小学生の時、国語の教科書に載っていた『木龍うるし』……「暗記してくるように」と宿題が出されたんだけど、多分覚えていなかったと思う(-_-;) もとは宮崎の昔話みたいですね。

http://nihon.syoukoukai.com/modules/stories/index.php?lid=31

いいおじいさんと悪いおじいさん、怠け者の兄と働き者の弟、意地悪な姉に健気な妹……ではなく、兄弟揃ってお互いラクして暮らそう!というパターン! なんでも独り占めはよくない。「分けあえば余る」ってみつをも言っているぞ!(笑)

*****

フランス語で「黒」ってノアール(ノワール)だったなぁ、で昔読んだ漫画も思い出しました。


鈴木雅子さんの『魔法のノアール』
https://www.sukima.me/book/title/BT0000504117/

鎌田幸美さんの『黒バラ』シリーズ
http://frostmoon.sakura.ne.jp/diary/archives/4022


*****

タイトルの“broyer du noir(=黒をすり潰す)”についてはコチラを。

https://lecoledefrancais.net/un-homme-qui-broie-du-noir/


最初「漆桶」をタイトルにしていたのですが、横文字にしたくなったので ← おやぢは異国への憧れがあるので(実際行く気はない)ハイカラな横文字が大好きなのです♪(´ε`*)



*「鹿茸雲便りNo.20:はんがくごぜん」 に 村上水軍の鶴姫を追記しました。よろしければお読み下さいませ <(_ _*)>


rohengram799 at 15:30|PermalinkComments(4)

2020年09月14日

涼秋雲便りNo.8:三九日 と ティータイム

9月には、9の付く日が、「9日・19日・29日」と3回ありますが、これらを「三九日(みくんち・さんくにち・みくにち)」と呼んで、かつては秋の祭が行われる日でもあったそうです。また、これら9の付く日に茄子を食べると「中風(ちゅうぶ、ちゅうふう:脳卒中のことらしい)を病まぬ」という言い伝えもあって、茄子料理を食べていたとか。生活習慣病予防に秋茄子でしょうか? 身体を冷やすからお嫁さんには食べさせない方がいいらしいですけど。




さてさて……秋の夜長はお上品に紅茶を飲みながら趣味に没頭(どんな趣味かはご想像におまかせしましょう!)といきたいところですが、まだまだ夏の名残りがあって、そこまでロマンチックにはなりませんね。 柏原芳恵ちゃんの ♪紅茶の美味しい喫茶店〜 を思い出しながら(*)こちらの記事を読みました。パッケージが可愛い(*≧з≦)



【カレルチャペック紅茶店】
https://www.karelcapek.co.jp/contents/feature/beginner/?gclid=Cj0KCQjwwOz6BRCgARIsAKEG4FWv_2hmbkb2MMVaNrYfJkIYfLkdgjcZNMnA-umf9BcqIvbG4JVZhkgaAr-kEALw_wcB




一条ゆかりさんの「ティー・タイム」という漫画を読んだ影響か、オレンジペコ という紅茶を探し求めた
こともある田舎の子は私です(^o^;)

https://comic.k-manga.jp/title/110382/pv


あと鈴木雅子さんの「ティータイム」も好きな漫画でした。

https://www.cmoa.jp/title/137960/




(*) http://music-calendar.jp/2018101501

https://sp.uta-net.com/movie/3734/

rohengram799 at 17:17|PermalinkComments(0)

2013年10月26日

しらす雲便りNo.46:風のフィメール

夜中の地震には驚きました!まだまだ東日本大震災の余震ということで……いつになったら落ち着くのでしょうか? 台風の影響も午後にはなくなり天気も回復するようです。皆さまのところはいかがですか?


台風は野分とも言われていましたが、帝国海軍の艦にも「野分」がありました。1941年春に竣工、1944年の10月26日(今日ですね)戦没しています。日本は戦艦にも美しい名前をたくさんつけていて、「舞風」や「楓」「清霜」「照月」などもありました。故郷から遠く離れた海上に浮かぶ花鳥風月、なんだかせつないですわ。


昨晩は『風の音が聞こえませんか』という小笠原慧さんの本をイッキ読みしました。主人公は新人ケースワーカーの川村美知という、保健福祉センターの障害保健福祉課で働く女の子。統合失調症を抱え、通院も服薬も途絶えたままひとり暮らしのアパートにひきこもっている杉浦晃の担当として訪問指導をします。最初はもちろん拒絶されますが、何度もチャレンジ!そのひたむきさが晃の心を開いていきます。美知は、晃との間に些細な共通点を見つけては喜び、一緒にいると素直な気持ちになれる…!しかし、晃の回復に取り組む一方で、彼の主治医である佐伯にも心が揺れる……オイオイヽ(´o`;という部分がたくさんある恋愛小説です。


ケースワーカーがひとりの患者さんに個人的にかかわりすぎだろ!って最初からツッコミたくなる展開で、晃も症状としては軽いんじゃないか?という気もするし、精神病患者に対しての薬漬けの実態もちょっとウヤムヤになっている気もする……でも読みやすいので、ふたりの関係はどうなるのさ!?とオバチャン根性丸出しになってしまう不思議な作品。この方、岡田ナンチャラという現役の精神科医なんですね。なんとなく、香山リカに近いものがあるように感じたのはワタシがねじれているからか( ̄~ ̄;)


実は「慧」という作者名にひかれて買った本……昔、むかし月刊セブンティーンに『フィメールの逸話』というマンガが連載されていました。(作者は鈴木雅子さん。『プラタナス抄』とか他の作品もオススメです!)その登場人物の名前に「慧」がいたのです。自殺した女の子の身体に、交通事故で死んだ男の子の魂が入り込み、彼の愛する少年に彼女(彼)が、自分の想いをまっすぐに表していくというもの。女の子の名前も「和音(かずね)」ちゃんと言って可愛いし、兄・智と弟・慧で、智慧(ちえ)となるように彼の両親がつけたというエピソードも胸にくる……でも一番せつなく哀しいのはラストでした。ネタバレになりますが、和音の身体と慧の心をもったままで、交通事故にあってしまい……記憶をなくした状態に。これだけだとご都合主義な!と思われるかめしれませんが、全編通して読むと本当に苦しいんですよ~!


失恋して自殺した和音を見つけた慧は「どうして…?どうして死ぬの!? 君は女の子なのに」と思います。「好きな男に冷たくされたって/女の子でいることは最大の武器じゃないか/女の子でいるかぎり希望はあるじゃないか/ぼくよりずっと恵まれているはずなのに/ぼくがどんなに欲しても得られない事実をもちながら/どうしてそんなに簡単に自分の身体を捨ててしまうの!?」

慧に想いをよせられている将も、彼の気持ちが今だけの、はしかみたいなもので「やがて女性の肉体をもったまま女性を好きになったら?」という可能性を考えて愕然としたり…。池田理代子先生の『クローディーヌ…!』は女性の身体で男性の心を持った主人公の話でした。オスカル様は男装はしていましたが、オレは男だ!な人ではありませんでしたからね。こちらもラストは哀しかったです。今は私がこれらの作品を読んでいた時代より偏見はなくなり、オープンになった部分もあるでしょうが……。


『フィメールの逸話』についてのブログ記事がありましたので、読んでみて下さいませ。


http://blog.goo.ne.jp/t5754380/e/72de6310bb09cbe2090eec9fb78bd532






rohengram799 at 13:30|PermalinkComments(9)
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ