銀魂

2018年08月20日

炎昼雲便りNo.29:玉箒

昨日はダンナさんが録画していた『銀魂』を見ました。ダンナさんは気に入ったらしく今公開中の『銀魂2』を観に行こう!と言っていましたが!私はあんまり・・・漫画やアニメのエリー(エリザベス)はあんなにラブリーなのに実写やグッズになるとスゴい不細工、不格好になるのがイヤ~! あと衣装のコスプレ感が・・・(・c_・`) あ、今日、ジャンプ買わなくちゃ!


http://www.shonenjump.com/j/rensai/gintama.html




さてさて、タイトルの「玉箒」ですが、は箒(ほうき)の美称、酒の異称であると同時に「次々に敵娼(あいかた)を変えて遊ぶ」という遊里の隠語でもあったとか。それを知った上でこの漢字を見ると、オホホとなるおやぢです(*ノωノ)



こんな煩悩まみれなおやぢの気持ちを正しい道へ戻してくれるかもしれない、お寺にある掲示板の禅語(でないのもあるけど)、これのコンクールみたいなのがありました。只今、募集中です!


【輝け! お寺の掲示板大賞 2018】

http://www.bdk.or.jp/kagayake2018/



rohengram799 at 10:39コメント(5) 

2017年07月12日

蘭月雲便りNo.8:ウラウラウラ

この前、久しぶりに新撰組関連の本を読みました。小松エメルさん(母方にトルコ人の祖父を持ち、名は、トルコ語で「強い、優しい、美しい」などの意)
の『夢の燈影 新撰組無名録』。ミーハーしていた昔を思い出しました(笑)


先週発売の週刊マガジンから『金田一少年の事件簿』の新連載が始まったのですが~京王電鉄&都営交通とコラボというやらで、高幡不動のお祭り・新撰組のコスプレ・誘拐犯人は沖田総司を名乗る・・・となんだこりゃ、な話になっています。ジャンプの『銀魂』は実写映画化公開間近ですし・・・また新たな新撰組ファンが生まれるのでしょうか?



さてさて、話は変わりますが「うわなり打ち」という言葉を皆さまは聞いたことがありますが? 歌舞伎好きな方なら演目にあるらしいのでご存知かも?
なんでも「離縁された前妻が後妻にいやがらせをする習俗をいう」そうです・・・ヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ!



調べますと、日本の古代の一夫多妻制では、二度目およびそれ以後の妻を「うはなり」とよんでいたらしい。平安時代になると、今の後妻の意味に。ある人が妻と別れて、その後まもなく後妻を迎えると、前妻が憤慨して、親しい女子を語らって箒(ほうき)やすりこ木などをもって後妻を襲撃。後妻のほうでも親しい女子を集めて防戦に努めたというから驚きです(;゚∇゚) この習俗は平安時代から戦国時代ごろまで行われ、特に戦国時代には盛んであった・・・といいます。


戦国時代なんてお姫様たちは政略結婚であちこちに嫁がされて・・・のイメージですが、この時代を扱った小説を読めば江戸時代の女敵討ち(めがたきうち:妻が不倫をした場合に不倫相手と妻に対して行われる。)みたいに、わりと頻繁に出てくるのかしらん?



rohengram799 at 22:49コメント(4) 

2011年05月25日

第497号:花咲一久

「最近のジャンプつまらない」と言いつつ今週も購入したら、なんと『銀魂』に大好きなエリーがいっぱい♪いとしのエリー!!(笑)ちなみにエリーは美女でも美少女でもないオバQみたいなヤツです(^.^)


そして先週からはじまったよくわからない漫画(笑)『奇怪噺花咲一休』はご存知とんちの一休さんをもとにした作品です。が、私が気になったのは、旅に出る一休さんにお師匠さんが贈った《道号》。


『師が弟子に願いを込めてつける、僧名の上につける名前じゃ』


辞書だと「出家者が法名のほかに、自己の悟りの内容や願いを表現してつける名前。のち、本来の意義が薄れ、単なる別名・通称となった」とありましたが、ほぉ、そんなものが!!とまた勉強に…ホントか(~o~)


漫画の中では「お前が歩く救世の道に幸福の花が咲くように…」と『花咲』(かしょう)とつけてもらっていました。


さて、ここでカンの良い皆さまは、最初見た「一休」が違うぞ(((・・;)!と思われたでしょう!ええ、そ~なんですよ、記事タイトルの「一久」とは「石井一久」ではなく(当たり前だ)ワタクシが華道の免状と一緒に頂いた名前…ズバリ『いっきゅう』さんです。うう(ToT)


なんでもワタクシの習った日本古流はみんな『一』(いち)がつくとかで…はぁ、まさか自分がこんな名前になるとは思いませんでしたわ~あはは!!


ちなみに生け花の記憶はありません。だって高校生の頃だし(--;)でも、アタマはいつも《花盛りの森》永遠に《秘密の花園》です(^з^)-☆




rohengram799 at 10:39コメント(14)トラックバック(0) 
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード