長寿

2020年12月23日

天泉雲便りNo.20:怪物くん

今日は上皇さま87歳のお誕生日! お身体に気をつけておだやかにお過ごしいただきたいです。


明後日はもうクリスマス、カレンダーを買わねばと思いつつまだ用意していません(^o^;) そして来年また祝日が移動するのですね。東京オリンピック、本当に開催出来るのでしょうか? ( 私の住んでいる市内ではもう感染者が100名を越えました。)


本来は7月第3月曜日の「海の日」→ 五輪開会式前日の7月22日

本来は10月第2月曜日の「スポーツの日」 → 開会式当日の7月23日

本来は8月11日の「山の日」→ 閉会式の8月8日(翌9日が振替休日)


なんでこの日が休みなのか、わからなくなってきますね。祝祭日が間違ったカレンダーや手帳もありそう(´д`)




「怪寿」という言葉が『大言海』にあるそうです。
100歳を越えると怪寿! 人生50年時代から考えると倍! それほどの長寿は目出度い!とかを通り越して、畏怖すべき存在なのかも……。『大言海』は国語辞書。語源がたくさん記述されているようです(*)。



♪カーイカイカイ カーイカイカイ
愉快 痛快 怪物くんは
怪物ランドの プリンスだい〜



アニメ『怪物くん』の歌を歌いたくなってしまった(笑)

https://sp.uta-net.com/movie/97576/



皆さま、よい1日を♪(o・ω・)ノ))




(*)https://www.city.ichinoseki.iwate.jp/museum/collection/det37.html




rohengram799 at 10:30コメント(2) 

2019年11月04日

菊花雲便りNo.4:あしたのわたし

今月は児童虐待防止月間です。オレンジリボン運動はピンクリボン運動ほど知られていないかもしれません。

http://www.j-posh.com/about/pinkribon/


私もポスターは見たことがないかも……?

http://www.orangeribbon.jp/info/npo/2019/07/2019-3.php



今、漫画が原作になっている『死役所』というドラマをやっていますが、その中に虐待されている女の子の話があります。その女の子が大切にしている絵本は虐待している母親が買ってくれた『あしたのわたし』というもの。これは実際にはないものですが、本当にこの絵本があるんじゃないかと思ってしまいました。


https://www.hiro51.com/dethoffice-ashitanowatashi-book/





私の住んでいる市内在住者は10万ちょっと。そのうち今年度中に満100歳になられる方が 22人! 多いのか少ないのかよくわかりませんが、最高齢は105歳の女性だそうです。


きんさんぎんさんがダスキンのコマーシャルに出ていた時には「100歳!スゴい!」だけでしたが、もしかしたらどこかですれ違っている方が100歳かもしれない。


生まれてきた子どもたちが理不尽な仕打ちを受けることなく、健やかに成長して「ご長寿さん」になることを祈っています。



puffer-56


rohengram799 at 00:00コメント(4) 

2019年09月10日

祝月雲便りNo.13:能登長寿大仏

日曜日、樹木希林さん主演映画の『あん』がテレビ放送されたので、ダンナさんと見ました。私がドリアン助川さんの小説を読んだのは2015年だった……だいぶ記憶が薄れていました。


http://blog.livedoor.jp/rohengram799/archives/50746143.html



樹木希林さん、市原悦子さん、やっぱりうまい役者さんですね。木々の合間に見える月や満開の桜など自然の移り変わりも美しかった。民放だから仕方ないのだけれど、コマーシャルの多さがやっぱり……。映画のロケ地の記事がありました。


https://entertainment-topics.jp/134040?page=2



ダンナさんが「東村山って東京なんだ」と失礼な発言をしていましたが(-ω-;) 『命の初夜』の北条民雄さん、『胸の泉に』の塔和子さん、『再びの命』の村越化石さんなど、患者さんたちが書かれた作品を思い出す日曜日になりました。





さてさて……千葉の鎌ヶ谷にも「鎌ヶ谷大仏」がありますが(新京成線の駅もある。以前住んでいた場所の最寄り駅だった)能登の大仏様も発見。こちらは個人が建てたそうです。

https://www.seisyunsanka.com/entry/2019/02/21/235540



大仏様だけでなく、お仏像はそれぞれ表情が違ってすぐ逃げ出したくなるお顔もあれば(己を恥じる😱)お優しいまなざしにいつまでもそこに留まりたくなる仏様もいらして……自分がその境地に生るまで、何回か生き直したらいいんでしょうねぇ? (´・ω・`; )



rohengram799 at 00:00コメント(2) 

2017年12月25日

暮歳雲便りNo.23:昭和天皇物語

メリークリスマス🎄


来週はもう新年ですね。なんだか慌ただしくて全く落ち着きません。


23日は天皇誕生日でしたが「橋寿(はしじゅ)のお祝い」という言葉を見つけて、なんだ? こんなのってあったっけ?と思いました。92歳、94歳も語呂合わせで「国寿(こくじゅ)」「櫛寿(くしじゅ)」というようです。なんだかなぁ・・・商売繁盛!な業界の思惑が見えてイマイチおめでたさがないような(゚~゚)




『月下の棋士』などの作品がある能條さんの画が好きなので『昭和天皇物語』を買って読んでいます。当たり前ですが、はじめからあのお姿だったわけではなく、子ども時代があったわけで・・・いろいろ興味深いです。


https://ameblo.jp/djdjgira/entry-12284102091.html




前の記事にコメントありがとうございました。お返事は明日になります。ごめんなさいm(__)m




rohengram799 at 08:08コメント(4) 

2017年09月16日

竹酔雲便りNo.15:お世話になります

読売新聞朝刊で「臓器移植法20年」ということで、遺族側のインタビューなどが連載されています。


昨日の記事(医療ルネッサンスNo.6636)は、息子さんが脳死ドナーとなった男性の話でした。息子さんは当時38歳。



【男性にとっては、移植を受けた人の体で「息子がお世話になっている」という思いだ。元気でいてくれるとしたら、それはその人と息子が意思疎通でき、頑張っているからだと感じる。「とてもいいみとりができた。提供して、本当によかった」】



記事の最後に書かれた70歳過ぎの父親の言葉。移植を受けた人からのサンクスレターを読みながら、こう思えるようになるまでにはやはりいろんな複雑な想いがあったんだろうなぁ・・・と。




昨日は昔でいう「敬老の日」(やっぱり9月15日に戻して欲しい。三連休にならない職場の人はたくさんいるはず!)100歳以上の方が47年連続で増えているとか。様々な研究によると、2050年までにアメリカの60歳以上の総計は現在の2倍になり、人口の5人に1人が65歳以上になり、少なくとも40万人が100歳以上になると予想されるそうです。また知らなかったのですが、「センテナリアン(centenarian)」という、100歳以上の人物のことをいう言葉もあるのですね。



健康で長生き、なかなか難しいですが「お世話になります」という気持ち、感謝を忘れないようにしたいですわ。



台風が近づいています。皆さま、どうぞお気をつけ下さいませ。




rohengram799 at 08:52コメント(7) 
記事検索
月別アーカイブ