阿波おどり

2016年08月13日

乗雲便りNo.13:猫も杓子も ゞ(^o^ゝ)≡(/^_^)/"

テレビ番組の『プレバト』、この前の俳句のお題は「盆踊り」だったそうですね。あの先生の講評や添削はう~ん、そうか?というのも多いのですが(私的には)(;^_^A いろんな捉え方があってオモシロイです。



『月とるごと種まくごとく踊りけり』(山口青邨)


徳島市の阿波おどりがはじまりましたね! 男踊りは半天を着て踊る半天踊りと、男物の浴衣をしりからげに着て踊る阿波おどりがあり、うちわや手ぬぐいなどを使っていることが多いです。女踊りは女物の浴衣に編笠を深くかぶって、草履ではなく下駄を履くのが特徴的。「艶っぽく上品に踊る」とありました(笑)


『踊りゆく踊りの指のさす方へ』(橋本多佳子)


「踊り」は俳句では盆踊りのこで、秋の季語になるのですが、この句を読むとあちらから戻ってきたご先祖さまが一緒に踊って楽しくなって、アラ、私の身内はどこいったのかしら?と思って指差す方に進んでいくようにも思えるし、もうお別れですよ、名残惜しいですがあちらがあなたのいく場所です、と言われているように感じたり……。「方へ」は「かたへ」と読むそうです。



日本三大盆踊りというのがあって、阿波おどりの他に、西馬音内盆踊り(秋田県雄勝郡羽後町西馬音内で行われる盆踊り)と郡上八幡盆踊りのことをいうみたいです。


岐阜県郡上市で開催される郡上八幡盆踊りは、毎年7月中旬から9月上旬まで述べ32夜!開催! 中でも8月13日から16日は午後8時に始まり明け方まで夜通し踊り続ける徹夜踊りは大変盛り上がるそう。


郡上おどりの曲名は「かわさき」「春駒」「三百」「ヤッチク」「古調かわさき」「げんげんばらばら」とか10曲あるらしいのですが、その中で気になる「猫の子」……なんだろう(´・ω・`)?


♪ヤアヨーホーイヤーヨーイ
猫の子がよかろ(猫の子がよかろ)
猫でしやわせ コラねずみょ取る
(ねずみょ取るノーねずみょ取る 猫でしやわせ コラねずみょ取る)

というお囃子からはじまるらしい。


歌詞ですが 「破れ褌 将棋の駒よ 角と思えば コラ金が出た」「夕んべ夜這人(よばいにん)が 猫踏みころいた 猫で返しゃれ コラ熊笹で」「夕んべ夜這人(よばいと)が 二階から落ちて 猫の鳴き真似 コラして逃げた」……おやぢ心をくすぐるフレーズがたくさんありました(笑) 祭りの夜はやはり男女の出逢いの場だったのですね。他の曲の歌詞もだいたいこんな感じでした。

http://senshoan.main.jp/minyou/gujoodori-word.htm



私の今住んでいるところも以前は夏祭りを開催していたのですが、昨年からいろんな事情により秋祭りになりました。祭りというよりフリーマーケットみたいな感じですかね~? 昔ながらの町内会の盆踊り大会というのはなくなってしまいました。浴衣姿の中学生女子たちがキャーキャー言いながら男子グループにちょっかいを出す様子を見るのが「おおっ( 〃▽〃)青春してるね!」で楽しかったのに……残念(゜゜;)\(--;)






rohengram799 at 17:16コメント(12) 

2010年07月13日

第184号:ぼん・ボン・盆

皆様の地域では、今日お盆の迎え火をたきますか?私の記憶では、なんか途中から8月がお盆になったんですよね(((・・;)
小さい頃は、相撲の名古屋場所の頃がお盆なのに、何故8月中頃に「お盆だから帰ってきた」とみんな言うのだろうと思っていました。だって、もう先月に終わってますからね!でも、なんかいつの間にかウチも 8月がお盆になっていました~(--;)


お盆の時期って、「7月盆」「8月盆(月遅れ盆ともいう)」「旧盆」と3つあるそうですね。「7月盆」は新暦7月15日頃が中心。「8月盆」は 新暦8月15日頃が中心で、全国的に多い!「旧盆」は旧暦の7月15日頃が中心(新暦での日程は、年によってことなる)。


明治時代のはじめに、旧暦が新暦に切り替えられたとき、全国各地域で対応が違ったので、お盆の時期がまちまちらしい…。江戸時代までの日本の暦は、全国等しく「旧暦」(太陰太陽暦)で、江戸時代末期には幕府の定めた「天保暦」という暦が使われていました。当然、お盆の時期も、「旧暦・7月」で全国的に一致していました(地域により若干のズレはあったようですが)。 明治時代になると、新政府は暦を国際標準化するため「新暦」(太陽暦)の採用を決めました。旧暦の明治5年12月3日をもって新暦の明治6年1月1日とする暦の切り替えを行いましたが、それまで旧暦で行われてきたお祭りや年中行事の日程をどうする~?ということになり…お盆に関しては、次のパターンに~φ(..)


☆新暦重視型(東京など): 新暦に変更し、「7月15日」という、以前のお盆の日取りはそのまま。結果として、以前よりも早い時季にお盆を迎えることになりました。特に東京では「天子様のお膝元」(天皇が同じ東京に在住)ということで、政府の決めた新暦に従おうという意識が強かったみたいです。


☆?折衷型(関西ほか各地):新暦に変更はするけれど、もとのお盆の時季になるべく合わせたいから、日取りを1ヶ月遅らせて(=月遅れ)「8月15日」をお盆としました。一度は新暦7月15日にしたものの、「梅雨空のお盆ではど~も(~_~;)」ということで、8月にズラした地域もあるとか。


☆旧暦重視型(南西諸島など):いままで通り「旧暦7月15日」をお盆としました。今もご先祖様を特に大事にすることで有名な沖縄は、先祖祭りの時期を変えることはできなかったようです。


旧暦から新暦の切り替えは、明治政府の思惑通りに一挙に進んだわけではない、ということですね。実際には行事や地域によって、旧暦と新暦が長く使いわけられてきたようです。「お盆」も、現在の新暦8月盆が全国的にある程度定着したのは、戦後になってからのことだそうですよ!!各地域ごと・時代ごとに特色ある対応がされてきたわけですね。


暦の切り替え・お盆の分散とともに、盆踊りの時期にもズレが出てきます。東京に唯一古い盆踊りとして伝わる「佃島盆踊り」は、新暦7月15日前後の「7月盆」に踊られ、旧盆の伝統を色濃く残す沖縄では、今も旧暦7月15日前後に「エイサー」(沖縄の盆踊り)や「アンガマ」などが催されます。有名な徳島県の「阿波踊り」は、戦後開催日程を新暦にするか旧暦にするかで「新旧盆論争」が起きるまでに~(((・・;)
これが解決して、新暦8月盆に統一されたのは、昭和40年になってからのことだとか…私と同世代(笑)。少し、お盆のナゾ?が解けた気がします(((^^;)




rohengram799 at 00:48コメント(5) 
記事検索
月別アーカイブ