障がい者

2010年12月08日

ひつじ雲便り327:人間だれでもが障害者なのだ

12月3日~12月9日は『障害者週間』11月10日~12月10日は『手足の不自由な子供を育てる運動』12月4日~12月10日は『人権週間』…年末になぜだか集中しているのは、歳末助け合いとかあるから?とヘンなかんぐりをしてしまう、ゆがんだ根性のワタクシ。


「障害の害をひらがなに…」というのは全国的、政府レベルの決まりになったと思っていたのですが、そうではないのですね。


明日は『障害者の日』ですが、何かを語るには知らないことが多すぎるので、私が思い出す岡本太郎氏の言葉を書き記します。


人間だれでもが障害者なのだ。たとえ気どった格好をしてみても、八頭身であろうが、それをもし見えない鏡に映してみたら、それぞれの絶望的な形でひんまがっている。しかし人間は、切実な人間こそは、自分のゆがみに残酷な対決をしながら、また撫でいたわりながら、人生の局面を貫いて生き、進んでいくのだ。




rohengram799 at 00:05|PermalinkComments(6)
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ